12.8 C
Japan
土曜日, 10月 31, 2020

日本郵便によるオープンイノベーション!「POST LOGITECH INNOVATION PROGRAM 2020」が9月14日から開始

日本郵便は、スタートアップ企業などのパートナー企業との共創を目指すオープンイノベーションプログラム「POST LOGITECH INNOVATION PROGRAM 2020」を実施する。
9月14日(月)から、オープンイノベーションプラットフォームの「AUBA(アウバ)」上に本プログラムの専用サイトを公開し、パートナー企業の通年募集を開始する。

オープンイノベーションプログラム「POST LOGITECH INNOVATION PROGRAM 2020」とは

近年、EC市場の急激な拡大による荷物量の増加や少子高齢化に伴う労働人口の減少など、以前にも増して郵便・物流業界には課題が山積している。本プログラムは、こうした課題に対応し、郵便・物流インフラの改革を目的として2017年度から実施されている。

これまで、優れたパートナー企業の協力の下、約200の郵便局でのAI活用による配達ルート最適化システムの試行導入や、ロボティクスによる荷物の積み下ろし自動化の実証実験など、複数の共創事例も生み出してきた。
4年目となる今回は、全国各地を網羅する郵便・物流ネットワークなど、日本郵便の持つリソースを活用し、通年でパートナー企業と共創事例を生み出し続けることで、郵便・物流のビジネスを根幹から変革することを目指す。

プログラム実施内容

2020年9月14日(月)から本プログラム専用サイト(https://eiicon.net/about/jp-ip2020/)で募集。その後、審査を実施し、採択企業との実証実験などを通じて事業化を検討する。

(1) 募集テーマ

 ア 郵便・物流ネットワーク全体の最適化
 (共創例)
  ・郵便物や荷物の引き受けから配達までを一気通貫でトラッキングするアイデア・ソリューション
  ・郵便物や荷物の物量の予測・可視化による効率的な人員配置やトラック編成
  ・実際のサプライチェーンデータに基づいたトラック運送ルートの最適化

 イ 郵便・物流オペレーションの再構築
 (共創例)
  ・ポスト取集の自動化・デジタル化(ポスト内の物量をリモートで把握できる仕組みなど)
  ・輸送時・郵便局内作業時のパレットなどの物流資材の位置・状態把握
  ・AIを活用した航空危険物検知

 ウ 郵便・物流のリソースを活用した新たなサービス創出
 (共創例)
  ・郵便・物流のリソースを活用した、既存事業にとどまらないサービス
  ・郵便局の顧客接点を生かしたデジタルサービス
  ・郵便局のネットワークを生かした、地域の安心・安全を守るサービス

(2) 募集開始から事業化検討までの流れ

  ・募集開始:2020年9月14日(月)(エントリーは通年で受け付け)
  ・書類選考(一次選考)(エントリーの翌月末までに審査結果を連絡)
  ・面談選考(二次選考)(面談10日後を目途に審査結果を連絡)
  ・担当部署とのキックオフ、共創ビジネスプランのブラッシュアップ
  ・社内プレゼンテーション(3カ月ごとに実施予定)
  ・実証実験、事業化検討

(3) 応募要件など

  応募要件など、詳細は、本プログラム専用サイトを参照
  専用サイト: https://eiicon.net/about/jp-ip2020/ 

社名日本郵便株式会社
設立2007年10月1日
所在地〒100-8792
東京都千代田区大手町二丁目3番1号
代表者衣川 和秀
事業概要郵便業務、銀行窓口業務、保険窓口業務、印紙の売りさばき、地方公共団体からの受託業務、前記以外の銀行業、生命保険業および損害保険業の代理業務、国内・国際物流業、ロジスティクス事業、不動産業、物販業など
URLhttps://www.post.japanpost.jp/index.html

PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【新規事業開発インタビューvol.1】Freeat_食品ロス削減の仕組みを創る(前編)

“本業を退職せず”事業創出を実現できるインキュベーションプログラム「STARTUP STUDIO by Creww」にてプロジェクトを推進するファウンダーインタビュー連載。第一弾は、食品ロス削減の仕組みを創る「Freeat」の小嶋 亮 氏にお話を伺いました。スタートアップスタジオで本業を続けながら事業開発をするメリットや、ぶっちゃけ大変なこと、失敗談などなど…ここでしか聞けない生の声を赤裸々に語っていただきました。 前編では、プロジェクトの発足背景、仲間集めのポイント、プロジェクトを推進する上で行った事を伺いました。

コロナ禍の新たな顧客体験構築に挑む、店舗業務効率化SAASスタートアップ

成長の加速を落とさないスタートアップにフォーカスをして、失敗事例や克服のストーリー成功体験など、生の声を配信している連載「スタートアップの流儀」。今回は、Leretto(リリット)の代表取締役社長である辰巳 衛氏にお話を伺いました。

シードラウンド調達完了|廃棄物業界の省力化・効率化に取り組むファンファーレを紐解く

成長の加速を落とさないスタートアップ企業にフォーカスし、「失敗事例や克服のストーリー、成功体験」など、生の声をこれから成長していくスタートアップに参考にしてもらえるお話をお届けする「スタートアップの流儀」。 第二回目のゲストは、テクノロジーを活用して廃棄物業界の省力化や効率化を目指す、ゴミテック領域のスタートアップ、ファンファーレ株式会社の代表取締役 近藤志人さんにお話を伺いました。

丸紅に根付くスタートアップとの協業文化。1年の開発を経てIoT製品を商品化へ

「お金で買えない価値を売りたい!〜コンセントの先の未来へ〜」というコンセプトで、2018年にアクセラレータープログラムを開始した丸紅電力本部。IoT製品である、コネクテッド・バッテリー「みまもり電池MaBeee」を開発しているスタートアップのノバルスと、1年間の開発・協議を経て、2020年8月より丸紅ソーラートレーディングより販売を開始した。具体的にどのようにプロジェクトを進めてきたのか、丸紅ソーラートレーディングの青木健治氏と、ノバルス代表の岡部顕宏氏に話を聞きました。