12.8 C
Japan
土曜日, 10月 31, 2020

オンラインセミナー|イノベーションが生れ続ける組織づくりのポイント!

イノベーションが首都圏のみならず全国規模で取り組まれ、スタートアップから事業会社、自治体に至るまで幅広く挑戦が繰り広げられるように。イノベーションの失敗例や成功例、把握しておくべきポイントなど、経験豊富なゲストから様々なノウハウを持ち帰ってもらうオンラインの場が「Innovator`s Academy」です。
今回のテーマは「イノベーションが生れ続ける組織づくりのポイント」。これまで多くのオープンイノベーション創出に携わってきたCrewwと、イノベーションが生れ続ける組織づくりを実践しているセイノーホールディングスのオープンイノベーション推進室室長から加藤さんにお越し頂き、パネルディスカッションを実施します。

【オンラインセミナー】「イノベーションが生れ続ける組織づくりのポイント!」のトピック

・新しい事に挑戦できる組織の仕組みとは
・Crewwが考える組織づくりのポイント
・成功する新規事業はここが違う!セイノー様の成功実体験
・継続的なイノベーションを実現させる組織のためのマインドセット
・イノベーションを成功に導く組織図とは
・セイノー流人材のマインドセットとは
・イノベーションが生れ続ける組織づくりのために活用できるツール&サービスとは

こんな方にオススメ

・新規事業領域の組織づくりに課題をお持ちの方
・オープンイノベーションに関する情報の入手されたい方
・新規事業を加速するための他社ノウハウや事例を知りたい方
・中堅企業〜大手企業にてイノベーションを生みたいとお考えの、
 経営企画担当者、新規事業担当者、役員、経営者の方

開催概要

日 時:2020年10/6 14:00~15:00 
場 所:オンライン開催(Zoomアクセス)
参加費:無料
主 催:Creww株式会社

登壇者

モデレーター:加藤直樹

新卒でマクロミルに入社し、代理店から事業会社まで様々な領域の営業を担当。現在はクリエイティブカンパニーのNAKEDでtoC領域のマーケ担当として働きながら、複業としてスタートアップ数社とCrewwにてマーケティング業務に従事。

ゲスト:セイノーホールディングス株式会社 加藤徳人 氏/オープンイノベーション推進室 室長 

1998年西濃運輸株式会社に入社。現場のトラックドライバー経験を経て、首都圏営業専門職として7年間従事し、大手新規顧客開発を担当。セイノーグループ管理者層に対する米国式マネジメント経営システムの導入および、ハンズオン業務改善支援を行うなど幅広い現場経験を持つ。2016年、新設のオープンイノベーション推進室立上げメンバーとして自社アセット活用による価値創造を目的としたインキュベーションや新規事業構築に従事。

パネリスト①:Creww 水野 智之  / 取締役 / Managing Director

アメリカの大学を卒業後、国内のITベンチャー企業にて10年間営業や事業責任者として従事。2011年にソーシャルチケットサービスの共同創業者としてスタートアップの立ち上げに携わった後、関連会社を設立し新規事業立ち上げなどを経験後に2013年にCrewwに参画。Crewwでは取締役として、大企業とスタートアップのオープンイノベーションプログラムの事業責任者及び営業責任者を務めています。

パネリスト②:Creww 中島 克也 / Open Innovation Dept. Biz Team Director

大学時代、学生ベンチャーに参画。その後、独立系のベンチャーキャピタルにて出資先採用支援など経て、大手人材会社での新規事業立ち上げ・マネジメントに携わる。crewwのビジョンに共感し、2016年に参加。

PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【新規事業開発インタビューvol.1】Freeat_食品ロス削減の仕組みを創る(前編)

“本業を退職せず”事業創出を実現できるインキュベーションプログラム「STARTUP STUDIO by Creww」にてプロジェクトを推進するファウンダーインタビュー連載。第一弾は、食品ロス削減の仕組みを創る「Freeat」の小嶋 亮 氏にお話を伺いました。スタートアップスタジオで本業を続けながら事業開発をするメリットや、ぶっちゃけ大変なこと、失敗談などなど…ここでしか聞けない生の声を赤裸々に語っていただきました。 前編では、プロジェクトの発足背景、仲間集めのポイント、プロジェクトを推進する上で行った事を伺いました。

コロナ禍の新たな顧客体験構築に挑む、店舗業務効率化SAASスタートアップ

成長の加速を落とさないスタートアップにフォーカスをして、失敗事例や克服のストーリー成功体験など、生の声を配信している連載「スタートアップの流儀」。今回は、Leretto(リリット)の代表取締役社長である辰巳 衛氏にお話を伺いました。

シードラウンド調達完了|廃棄物業界の省力化・効率化に取り組むファンファーレを紐解く

成長の加速を落とさないスタートアップ企業にフォーカスし、「失敗事例や克服のストーリー、成功体験」など、生の声をこれから成長していくスタートアップに参考にしてもらえるお話をお届けする「スタートアップの流儀」。 第二回目のゲストは、テクノロジーを活用して廃棄物業界の省力化や効率化を目指す、ゴミテック領域のスタートアップ、ファンファーレ株式会社の代表取締役 近藤志人さんにお話を伺いました。

丸紅に根付くスタートアップとの協業文化。1年の開発を経てIoT製品を商品化へ

「お金で買えない価値を売りたい!〜コンセントの先の未来へ〜」というコンセプトで、2018年にアクセラレータープログラムを開始した丸紅電力本部。IoT製品である、コネクテッド・バッテリー「みまもり電池MaBeee」を開発しているスタートアップのノバルスと、1年間の開発・協議を経て、2020年8月より丸紅ソーラートレーディングより販売を開始した。具体的にどのようにプロジェクトを進めてきたのか、丸紅ソーラートレーディングの青木健治氏と、ノバルス代表の岡部顕宏氏に話を聞きました。