12.8 C
Japan
水曜日, 9月 23, 2020

業界初「幹線+ギグワーク」|フェリシモ&ココネット&LOCCO ラストワンマイル LCC 宅配開始

フェリシモとセイノーホールディングスは、フェリシモ、買い物弱者対策として宅配事業を手掛けるセイノーHD子会社の「ココネット」、ICT による社会課題の解決へ取り組む電警とのジョイントベンチャーである「LOCCO」を通じて、業界初のLCC宅配※1のサービスを開始した。

ラストワンマイル領域の宅配便のあり方

EC業界を中心とする宅配荷物の増加やドライバー不足を発端とした宅配クライシスによって、ラストワンマイル領域では宅配便のあり方の変容が進んでいる。例えば、宅配の受け取りでは置き配や宅配ロッカーなど非対面のサービスが提供されるようになった。現在、世界が直面する新型コロナウイルスという未曾有の危機の影響で生活様式が一変している。非対面の宅配受取が当たり前となりつつあるニューノーマル時代においては、これまで一つの選択肢に過ぎなかった置き配が常時サービスとして提供されるパラダイムシフトがさらに加速することが予想される。

フェリシモ、セイノーホールディングス、ココネット、電警によるオープンイノベーション

フェリシモ・セイノーホールディングス・ココネット・電警は、2019 年より、ジョイントベンチャーであるLOCCO社を通じて、荷主・幹線輸送・ギグワーカーを含む配送パートナー・受け取り手のそれぞれが心地よく荷物を受け渡しできるための環境の研究と実験を繰り返しながら、配送パートナー向けスマートフォンアプリの開発とサービス実証を進めてきた。
この度、そのアプリの公開と合わせて、誰もが参加できる LCC 宅配ネットワークによる置き配サービス「OCCO」を開始したことを発表した 。 

(※1)商標出願中(LCC は Low-cost carrier の 略称で、効率的な運用により低価格なサービスを提供する)

 置き配サービス「OCCO」(オッコ) 

「OCCO(オッコ)」は LOCCO 社が提供する、業界初「幹線+ギグワーク」による置き配サービスである。2020 年 4 月より、首都圏でサービスを提供開始し、順次エリア拡大を進めている。セイノーHD グループの持つ全国画一の幹線輸送網と必要な時に必要な分だけ働くギグワーカーを中心とした柔軟なラストワンマイル配送パートナー網を組み合わせる、というこれまでにないコンセプトにより革新的な価格で荷物を確実にお届けすることが可能となった。2019 年末に行われたフェリシモ会員向け東京都内での実証実験においては、利用者の利便性向上と物流コストが10%以上削減されることが実証されている。 

LCC 宅配スキーム図

誰もが参加できる LCC 宅配ネットワークの構築

「OCCO」を全国に展開する LCC 宅配ネットワークへと強化する施策として株式会社リビ ングプロシードが2020 年 9 月 1 日よりセイノーHD グループへ参入予定である。リビングプ ロシードは40年以上にわたりフリーペーパーの配布によるプロモーションを専業としている。約10,000 名の配布員=ギグワーカーのネットワークを「OCCO」と融合することにより、ラストワンマイルのオープン・パブリック・プラットフォーム※2(以下、「O.P.P.」) 構築をさらに加速することが可能だ。また「OCCO」というサービスを誰もが、必要な時に、必要なだけ担える仕事にすることにより、宅配業界における人材のオープン化(O.P.P.)を 進め業界の課題を解決していく。 

※オープン・パブリック・プラットフォーム(O.P.P.)

セイノーHD が標榜する開放的(オープン)かつ誰もが使える(パブリック)な物流プラットフォーム。ココネットをはじめとする関連子会社を中心に、狭商圏の宅配シェアリングプラットフォーム「スパイダーデリバリー」や、物流の DX(デジタルトランスフォーメーション)を推進するラストワンマイル統合管理ソリューション「Delivery Solution SaaS」を提供し、全国の食品宅配ニーズに対応できる体制をこれまで整備してきた。 
 
フェリシモ・セイノーHD・ココネット・電警は、LOCCO 社を通じ ToC ラストワンマイルにおける各種社会課題を解決し、顧客の繁栄に資する新たな価値を提供しいく。 

社名株式会社フェリシモ
設立1965年5月(現・株式会社フェリシモは2002年8月に分割設立)
所在地神戸市中央区浪花町59番地
代表者代表取締役社長 矢崎 和彦
事業概要ダイレクトマーケティング事業
URLhttps://www.felissimo.co.jp/
社名セイノーホールディング株式会社
設立1946年11月1日
所在地岐阜県大垣市田口町1番地
代表者代表取締役 田口 義隆
事業概要貨物自動車運送事業他
URLhttps://www.seino.co.jp/seino/shd/
社名株式会社LOCCO
設立2016年3月1日
所在地兵庫県神戸市須磨区弥栄台2-7
代表者代表取締役 河合秀治
代表取締役:葛西龍也
事業概要LOCCOの運営およびそれに関する事業
URLhttps://locco.co.jp/
社名ココネット株式会社
設立2011年10月1日
資本金東京都中央区日本橋人形町1-11-2
代表者取締役社長 執行役員 河合秀治
事業概要コミュニティコンシェルジュ(ご用聞き・見まもり)事業、買い物弱者対策支援事業、食品宅配事業
URLhttp://www.coconet.co.jp/
社名株式会社電警
設立2009年2月
資本金港区赤坂6-13-13 エスト・グランディールCARO赤坂1F/2F
代表者代表取締役CEO / 笠間一生
事業概要WEBサービスに関する企画開発・運営支援事業、ICTに関するコンサルティング・プロジェクト支援事業、WEBサービス・ICTに関するセキュリティ事業
URLhttps://denkei.co.jp/

新規事業は子会社化。本気のオープンイノベーションでセイノーと物流の未来をつくる

2019年11月7日
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...

「イノベーション立県」広島のオープンイノベーションによる地域課題解決

数年前より、国をあげての「オープンイノベーション」に関する取組が活発化してきており、各自治体においても、イノベーションを加速させるべく様々な施策が練られている。今回は広島県の象徴的なオープンイノベーション事例について広島県を代表して商工労働局イノベーション推進チーム担当課長の金田典子氏と「広島アクセラレータープログラム」の仕掛け人で広島銀行法人営業部 金融サービス室シニアマネージャーの栗栖 徹 氏にお話を伺った。

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。