12.8 C
Japan
月曜日, 10月 3, 2022

スタートアップとオープンイノベーション

企業成長や競争力アップの特効薬として期待される「オープンイノベーション」

消費者の要求が多様化したり、競合企業との競争は激化するなか、研究開発は急がれる傾向があります。しかし一方で、投入できるリソースや期間には限りがあります。そこで、これらのギャップを埋めるため、複数の企業が各々の優位性を生かしてネットワークを組み、Win – Winの関係でビジネスをする「オープンイノベーション」という発想が生まれました。

オープンイノベーションのネットワークは自律的なもの

何がオープンで、何がイノベーションなのでしょうか?

オープンイノベーションは、企業間コンソーシアムや、産学連携、企業の共同開発を通じて、事業が行われ、社会的なインパクトを生むことを指しており、単なる意見交換会やイベントとは、その性質が違います。

これまでも日本にも企業のネットワークはありました。自動車産業に見られる大企業を中心に部品を取り扱う中小企業が集まっている系列ネットワークです。それに対して、シリコンバレーから広がり、日本でも増えつつある「オープンイノベーション」は、「強いボス」を中心に集まるのではなく、自律的であり、なおかつ創業間もない企業も取り扱っているプロダクトやサービス次第で、企業規模の圧倒的に大きな会社とも対等にやりとりができるものです。系列会社でなくても、目的が一緒であれば、積極的に協業していくこと。この姿勢が「オープン」なのです。

オープンイノベーションが可能になった時代背景

オープンイノベーションができるようになった背景には、大きくふたつの要因があります。

ひとつは、デジタル技術の進歩。デジタル技術の進歩により、違う企業でもコミュニケーションが取りやすくなったのはもちろんですが、デジタル技術には様々な製品を結合させる働きがあります。例えば、車に、音楽やナビ、ETCなどの機能を搭載することができる。それだけではなく、走行履歴のデータを取って、安全性を高めるシステムを搭載することもできる。様々なコンテンツが入るので、多様な企業が協調することに価値が出てきます。

そしてウェブには、オープンソースや官公庁に眠っているデータをビジネスに活用するオープンデータといった取り組みがあるだけでなく、IT企業にはハッカソンという企業の垣根を超えた勉強会があるため、元々、オープンな文化がありました。 もう1つの要因はグローバリゼーションです。かつて世界経済は日米欧の先進国が形成していましたが、90年代以降、旧共産圏や中国などの新興国の影響が無視できなくなり、そこから安くて優秀な人材が数多く輩出されるようになりました。

自社のノウハウなどの流出や、協業した相手が競争相手になる懸念をしている間に、あっという間にプロダクトは古くなり、人材は流れていってしまうという状況が生まれるようになりました。

オープンイノベーションを支援するサービス

いざオープンイノベーションに取り組もう、となっても、それぞれの企業との出会い方や立ち位置の決め、そしてガイドラインが必要になり、誰がリードしていくのかという難しさがあります。新しく部署をつくり、相手を検証し、商流をつくり…ということでは間に合いません。

このコンソーシアム、つまりオープンイノベーションのきっかけづくりを果たす、スタートアップ支援サービスがオープンイノベーションのプラットフォーム「creww(クルー)」です。とりわけ増えている、大企業とスタートアップをオープンイノベーションの手法でつなぐ、アクセラレータープログラム。既存事業との兼ね合いや社風と市場のマッチング、そしてそれが本業ではないため、やり遂げるモチベーションが弱くなりがちな大企業と、あらゆるリソースが足りないものの、それが本流のビジネスであり、成功なくして生存なしという切迫感のあるスタートアップのコラボレーションを円滑に行うためのサポートをしています。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

【スタートアップ募集】第一三共ヘルスケアと一緒に、「ヘルスケア」領域に新しい価値を創出しませんか

【オープンイノベーションインタビュー】「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」をコーポレートスローガンに掲げ、鎮痛薬「ロキソニン」をはじめ、かぜ薬「ルル」、キズ薬「マキロン」など、生活に身近な市販薬ブランドを多数展開する第一三共ヘルスケア。他にも、敏感肌向けスキンケアブランド「ミノン」やオーラルケアなど、さまざまな製品を展開している。そんな同社は、もっと幅広くヘルスケアや生活改善に貢献すべく、製薬会社だけでは発想できないアイデアや技術を求めて、アクセラレータープログラムの実施を決定した。具体的に、どんなスタートアップとの協業に期待しているのか。同社・経営企画部の松尾健氏と製品企画室の古市亜美氏に話を伺った。 #第一三共ヘルスケア #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント