12.8 C
Japan
金曜日, 2月 3, 2023

スタートアップとオープンイノベーション

企業成長や競争力アップの特効薬として期待される「オープンイノベーション」

消費者の要求が多様化したり、競合企業との競争は激化するなか、研究開発は急がれる傾向があります。しかし一方で、投入できるリソースや期間には限りがあります。そこで、これらのギャップを埋めるため、複数の企業が各々の優位性を生かしてネットワークを組み、Win – Winの関係でビジネスをする「オープンイノベーション」という発想が生まれました。

オープンイノベーションのネットワークは自律的なもの

何がオープンで、何がイノベーションなのでしょうか?

オープンイノベーションは、企業間コンソーシアムや、産学連携、企業の共同開発を通じて、事業が行われ、社会的なインパクトを生むことを指しており、単なる意見交換会やイベントとは、その性質が違います。

これまでも日本にも企業のネットワークはありました。自動車産業に見られる大企業を中心に部品を取り扱う中小企業が集まっている系列ネットワークです。それに対して、シリコンバレーから広がり、日本でも増えつつある「オープンイノベーション」は、「強いボス」を中心に集まるのではなく、自律的であり、なおかつ創業間もない企業も取り扱っているプロダクトやサービス次第で、企業規模の圧倒的に大きな会社とも対等にやりとりができるものです。系列会社でなくても、目的が一緒であれば、積極的に協業していくこと。この姿勢が「オープン」なのです。

オープンイノベーションが可能になった時代背景

オープンイノベーションができるようになった背景には、大きくふたつの要因があります。

ひとつは、デジタル技術の進歩。デジタル技術の進歩により、違う企業でもコミュニケーションが取りやすくなったのはもちろんですが、デジタル技術には様々な製品を結合させる働きがあります。例えば、車に、音楽やナビ、ETCなどの機能を搭載することができる。それだけではなく、走行履歴のデータを取って、安全性を高めるシステムを搭載することもできる。様々なコンテンツが入るので、多様な企業が協調することに価値が出てきます。

そしてウェブには、オープンソースや官公庁に眠っているデータをビジネスに活用するオープンデータといった取り組みがあるだけでなく、IT企業にはハッカソンという企業の垣根を超えた勉強会があるため、元々、オープンな文化がありました。 もう1つの要因はグローバリゼーションです。かつて世界経済は日米欧の先進国が形成していましたが、90年代以降、旧共産圏や中国などの新興国の影響が無視できなくなり、そこから安くて優秀な人材が数多く輩出されるようになりました。

自社のノウハウなどの流出や、協業した相手が競争相手になる懸念をしている間に、あっという間にプロダクトは古くなり、人材は流れていってしまうという状況が生まれるようになりました。

オープンイノベーションを支援するサービス

いざオープンイノベーションに取り組もう、となっても、それぞれの企業との出会い方や立ち位置の決め、そしてガイドラインが必要になり、誰がリードしていくのかという難しさがあります。新しく部署をつくり、相手を検証し、商流をつくり…ということでは間に合いません。

このコンソーシアム、つまりオープンイノベーションのきっかけづくりを果たす、スタートアップ支援サービスがオープンイノベーションのプラットフォーム「creww(クルー)」です。とりわけ増えている、大企業とスタートアップをオープンイノベーションの手法でつなぐ、アクセラレータープログラム。既存事業との兼ね合いや社風と市場のマッチング、そしてそれが本業ではないため、やり遂げるモチベーションが弱くなりがちな大企業と、あらゆるリソースが足りないものの、それが本流のビジネスであり、成功なくして生存なしという切迫感のあるスタートアップのコラボレーションを円滑に行うためのサポートをしています。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【熊平製作所×MAMORIO】創業125年のトータルセキュリティ企業が、スタートアップ共創で未来の「安心・安全」を創る

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】広島銀行とCrewwは、広島県下のイノベーションエコシステムの構築に向け、広島県内に新たな事業の創出を図ることを目的に「HIROSHIMA OPEN ACCELERATOR 2021(広島オープンアクセラレーター2021)」を共催しました。本記事では、プログラム参加企業である熊平製作所と、「なくすを、なくす」をミッションに、紛失防止デバイス「MAMORIO」を始めとした 様々な製品・サービスを提供するIoTスタートアップ「MAMORIO」との共創プロジェクトにフォーカス。株式会社熊平製作所 新規事業開発部 取締役部長 茶之原 氏に、プロジェクトの共創に至った背景や、スタートアップとの共創から実際に得た体感や変化について、お話を伺いました。 #広島銀行 #広島県 #イノベーション #広島オープンアクセラレーター2021 #熊平製作所 #MAMORIO #IoT #スタートアップ #共創 #新規事業 #協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント