12.8 C
Japan
月曜日, 10月 3, 2022

東京メトロ認定クラウドガイド|おススメコース、デジタル観光ツアーアプリ「SpotTour」が公開!

オープンイノベーションプログラム「Tokyo Metro ACCELERATOR 2018」で最終審査を通過したスポットツアー株式会社が開発したサービスである「SpotTour」が7月31日(金)より公開されている。「SpotTour」は東京メトロ認定クラウドガイドがおススメする街歩きコースをデジタル観光ツアーアプリだ。

両社は、2019年12月から2020年1月まで、街を愛する一般の方々を対象に、東京メトロ沿線のおススメの街歩きコースを募集する「東京メトロクラウドガイド2020」を実施した。

このたび、特に魅力的な街歩きコースを応募した41名を「東京メトロクラウドガイド」と認定し、おススメの街歩きコースを「SpotTour」で公開する。
その街を愛する「東京メトロクラウドガイド」の多様な視点や魅力に満ちた街歩きコースが楽しめる。
今後も、東京メトロは様々な形で沿線地域の魅力を発信していく。

「東京メトロクラウドガイド2020」の詳細は、以下の通りである。

※デジタル観光ツアーアプリ「SpotTour」は、オープンイノベーションプログラム「Tokyo Metro ACCELERATOR 2018」で最終審査を通過したスポットツアー株式会社が開発したサービスである。

位置情報を用いて、観光スポットの紹介や訪問スタンプの獲得、フォトブックの自動作成(観光途中で撮影した写真を観光スポット別に自動で整理)等の機能を提供している。

App StoreまたはGoogle Playから「SpotTour」をダウンロードし、利用できる。

「東京メトロクラウドガイド2020」概要

1 内容
2019年12月から2020年1月まで、東京メトロの1つの駅を始終点として、4か所~10か所のスポットを徒歩で巡る街歩きコースを募集し、街を愛する方々から78駅に対して、合計98件の応募があった。

「街への愛着」「コンセプトの独自性」「スポットの魅力」を基に、41名の方がおススメした街歩きコースを選定し、そのコースを「SpotTour」上で公開する。

2 コース公開日
2020年7月31日(金)

3 コース公開駅(五十音順)
浅草、池袋、市ケ谷、上野、浦安、押上〈スカイツリー前〉、表参道、神楽坂、北参道、清澄白河、駒込、護国寺、渋谷、白金高輪、新中野、新橋、神保町、水天宮前、千駄木、地下鉄赤塚、地下鉄成増、築地、月島、東京、豊洲、仲御徒町、中野、中野坂上、中野新橋、中目黒、西ケ原、人形町、根津、日比谷、広尾、平和台、方南町、町屋、三ノ輪、目黒、湯島
計41駅
  
※コース提供駅は予告なく変更する場合がある。
  
※同名の駅は1駅としてカウントしている。
(例)銀座線上野駅と日比谷線上野駅は、合わせて上野駅として1コースを公開

4 公開コース
歴史上の跡地を巡るコース、小説のモデル店やロケ地を巡るコース、古き良き雰囲気の残る商店街や住宅街を巡るコースなど、街を愛する方々がおススメする街歩きコースを公開している。

例)上野駅を始終点としたコース

【概要】
江戸幕府の誕生から終焉までを辿るコースです。江戸幕府初期に建立された寛永寺・清水観音堂・不忍池弁天堂、戊辰戦争において徳川慶喜の家臣を中心に結成された彰義隊の墓、明治新政府のリーダーの1人である西郷隆盛の銅像などを巡りま

【内容】上野駅→不忍池→不忍池弁天堂→清水観音堂→上野東照宮→東京国立博物館→寛永寺→彰義隊の→西郷隆盛の銅像→上野駅 


5 参加方法

(1)「SpotTour」アプリのトップ画面で「東京メトロクラウドガイド2020」のご希望のコースをタップし、「参加する-無料」をタップする。
※トップ画面のおすすめから「#東京メトロ」をタップすると簡単に検索できる。

(2)始点の東京メトロ駅からスタートし、順番に各スポットを巡る。アプリを起動しながら一定の距離まで近づくと、自動的にスタンプが押される。

※楽しめるコース数に上限は設けられていない。
※各スポットはアプリ上の順番通りに巡る必要がある。    
※スタンプは1日で集めなくても問題はない。後日続きから回ることも可能である。
※スポットが営業時間外や定休日で施設に入れない場合、スタンプが押印されない可能性がる為、事前に営業日・営業時間を確認の上、お出かけください。

コース選択画面イメージ              コース参加中画面イメージ



6 参加費
無料

※コースに必要な交通費および施設の入場料は利用者の負担となる。
※コース参加中の通信料は利用者の負担となる。

7 お客様のお問い合わせ先
東京メトロお客様センター
電話での問い合わせ:0120-104106(9:00~20:00 年中無休)
メールでの問い合わせ:https://www.tokyometro.jp/support/

デジタル観光ツアーアプリ「SpotTour」概要

1 アプリ名称
  SpotTour(読み:スポットツアー)

2 アプリ機能
複数の観光スポットを含む観光ツアーをスタンプラリー形式で紹介するアプリであり、下記機能がある。

(1)ツアーガイド
スタンプラリーの進捗を表示し、各スポットをタップすると詳細情報を画像や動画などで紹介される。
     
(2)ツアーカード
 各スポットを訪問した日時履歴が自動的に「ツアーカード」に保存されるため、思い出の記録として役立つ。

(3)地図
地図上に現在地と全スポットが表示され、各スポットをタップすると詳細情報が画像や動画などで紹介される。

(4)フォトブック
各スポットを訪問した際に撮影した写真がスポットと紐づき、「フォトブック」が自動生成される。

 
3 アプリのダウンロード
「SpotTour」専用サイト(https://spottour.jp/app/)よりダウンロードする。

※上記URLをスマートフォンから閲覧するとApp Store/Google Playに遷移する。
※アプリのダウンロードは無料である。なお、通信料は利用者の負担となる。

4 アプリに関する問い合わせ先
スポットツアー株式会社問い合わせフォーム(https://spottour.jp/site/contact/
                             

社名東京地下鉄株式会社
設立2004年4月1日
所在地東京都台東区東上野三丁目19番6号地図
代表者山村 明義
事業概要旅客鉄道事業の運営関連事業の運営流通事業(駅構内店舗、商業施設の運営等)不動産事業(オフィスビルの賃貸等)情報通信事業(光ファイバーケーブルの賃貸等
URLhttps://www.tokyometro.jp/index.html
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

【スタートアップ募集】第一三共ヘルスケアと一緒に、「ヘルスケア」領域に新しい価値を創出しませんか

【オープンイノベーションインタビュー】「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」をコーポレートスローガンに掲げ、鎮痛薬「ロキソニン」をはじめ、かぜ薬「ルル」、キズ薬「マキロン」など、生活に身近な市販薬ブランドを多数展開する第一三共ヘルスケア。他にも、敏感肌向けスキンケアブランド「ミノン」やオーラルケアなど、さまざまな製品を展開している。そんな同社は、もっと幅広くヘルスケアや生活改善に貢献すべく、製薬会社だけでは発想できないアイデアや技術を求めて、アクセラレータープログラムの実施を決定した。具体的に、どんなスタートアップとの協業に期待しているのか。同社・経営企画部の松尾健氏と製品企画室の古市亜美氏に話を伺った。 #第一三共ヘルスケア #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント