12.8 C
Japan
火曜日, 8月 4, 2020

FVC、おおさか社会ファンドよりビジネスマップサービス「macci」開発のReviewに出資

フューチャーベンチャーキャピタルは、同社が運営するおおさか社会課題解決投資事業有限責任組合より、ビジネスマップサービス「macci」(マッチ)の開発を行うReviewに出資した。

Reviewについて

Reviewが開発/運営する「macci(マッチ)」は、“インターネットでは探せない「今」の街中の情報 ”を、どこよりも早く・細かく調査し、ビッグデータ化してビジネスマップツールとして提供する、というミッションを掲げ、リアルタイムのオフライン情報を中心とした、新しいプラットフォームを構築し、業種を問わず様々な企業に提供している。

おおさか社会ファンドからの出資背景

Reviewはオフライン情報収集にあたり、約1300人の調査員を雇用し、街中の日々変化する状況を調査している。また調査員には、時間拘束のない就業スキームの構築やリモート就業を可能にするシステム・アプリ開発を行うことで、「働きたくても働けない・働く場所がみつからない」などの悩みを抱えた主婦層やシニア層を主な雇用対象とし、積極的に採用を行っている。さらに、自治体が抱える防犯・防災等の社会問題などにも取り組んでおり、このような社会課題に取り組む企業を、おおさか社会ファンドでは積極的に支援していくとした。

おおさか社会ファンドについて

大阪府内における行政課題や社会課題の解決に繋がるビジネスの成長を支援し、産業化を推進することを目的として、大阪信用金庫とFVCが共同で設立したファンドである。また当ファンドは、大阪府とファンドの活用促進に関する協定を締結している。社会課題を解決する技術やサービス等を有するベンチャー企業を出資対象とし、ステージ、業種を問わずシード~レイターまで幅広いベンチャー企業に出資している。本件のReviewへの出資により、おおさか社会ファンドからの出資は合計19社となる。
https://www.fvc.co.jp/service/social_fund.html

FVCについて

京都に本社を置く独立系ベンチャーキャピタルである。地域のベンチャー企業を支援するための「地方創生ファンド」と事業会社のオープンイノベーションを促進するための「CVCファンド」に取り組んでいる。また、資金を投入するだけでなく、長期的な事業継続に向け、事業育成、人材育成、事業コンサルティングなどの支援を行っている。

社名株式会社Review
設立2016年3月
所在地大阪府大阪市中央区瓦町4-4-7 おおきに御堂筋瓦町ビル8F
代表者代表取締役CEO 藤本茂夫
事業内容地域情報を提供するサービス「Re:view」「macci」の運営
システム・アプリ企画、開発
URLhttps://macci.biz
社名フューチャーベンチャーキャピタル株式会社
設立1998年9月
資本金京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町659番地 烏丸中央ビル
代表者代表取締役社長  松本直人
事業概要ベンチャーキャピタル業務
URLhttps://www.fvc.co.jp/
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...

「イノベーション立県」広島のオープンイノベーションによる地域課題解決

数年前より、国をあげての「オープンイノベーション」に関する取組が活発化してきており、各自治体においても、イノベーションを加速させるべく様々な施策が練られている。今回は広島県の象徴的なオープンイノベーション事例について広島県を代表して商工労働局イノベーション推進チーム担当課長の金田典子氏と「広島アクセラレータープログラム」の仕掛け人で広島銀行法人営業部 金融サービス室シニアマネージャーの栗栖 徹 氏にお話を伺った。

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。