12.8 C
Japan
火曜日, 12月 1, 2020

日本初!WeChatミニプログラム活用による宿泊業向け接客・集客支援サービス「QRHOTEL」正式版の提供開始

株式会社イー・ビジネスは、WeChatミニプログラムを活用した宿泊事業者向け接客・集客支援サービス「QRHOTEL」の正式版の提供を開始した。本サービスは、「より多くの事業者が安心して訪日中国人旅行者を受入れられるようにしたい」という想いに賛同した東京海上日動火災保険株式会社と連携し、本サービスに「レピュテーション費用保険」を付帯し、導入施設に提供するものだ。

訪日中国人の利便性向上と宿泊事業者の受入体制整備・収益向上の実現を目指して

近年、ソーシャルメディアの普及により、利用客の満足度・クレームなど口コミ情報の拡散は、企業価値の毀損に発展するリスクとして重大な脅威となっている。本サービスには、引受保険会社を東京海上日動とする「レピュテーション費用保険」を付帯しており、他人の身体障害やプライバシー侵害等の対象事由の発生によるSNSによる炎上をはじめとする様々なレピュテーションリスクへの対策によって生じる費用損害について、50万円を限度に補償される。

「QRHOTEL」は、月間アクティブユーザー数11億人を超える中国のSNS「WeChat」のプラットフォーム上で稼働、ダウンロード不要なミニプログラムを活用した日本初の宿泊業向けSaaSソリューションだ。2019年7月にβ版をリリースし、3ヶ月間の試験運用を通じて宿泊施設や利用客からの評価や要望を参考にし、機能の改善と充実を図ってきました。Wi-Fi接続や音声通訳などの利便性向上機能を通じて利用者の満足度を向上させ、館内ECや宿泊予約機能などのサービスを提供することで、宿泊事業者におけるインバウンドビジネスの収益性向上に貢献する。

イー・ビジネスは、宿泊をはじめとする観光に関わる情報・資源・サービスをプラットフォーム化し、インバウンド事業者と旅行者を繋ぐサービスを今後も開発・提供するとともに、両者を結び付ける仕組みで観光立国ニッポンのインバウンド消費創出と地方創生に取り組んいる。

「QRHOTEL」の基本機能とオプション機能

■ワンクリックWi-Fi
ワンクリックで館内Wi-Fiに簡単接続し、パスワードの入力が不要

■交通案内
住所表示し、地図で道案内。タクシー利用時にも便利

■日中音声通訳
中国語と日本語の会話を音声で自動翻訳。従業員は日本語のままで意思疎通が可能

■施設案内
館内情報の掲載や有料サービスの更新も手軽にでき、館内施設の利用促進による客単価アップにも貢献

≪オプション機能≫※施設によって導入機能が異なる。
館内EC、宿泊予約、保険、チケット購入、配車、クーポン券配布 など

株式会社イー・ビジネス 代表取締役社長 花東江によるコメント

「日本のインバウンド市場の盛り上がりにより、日本と中国との人的な交流機会が増え、日中ビジネスも新たな局面を迎えようとしています。このたび正式に提供するQRHOTELは、テクノロジーを駆使して人々のコミュニケーションを簡単に、中国人が日本をより深く理解できるサービスです。本サービスの利用をきっかけとして、今後とも日中の架け橋となる役割を務め、両国の発展に寄与してまいります」

【イー・ビジネスについて】

2007年の創業以来、有能な中国人のITスペシャリストを積極的に採用し、日本を代表する金融機関等の大規模システム開発を地道に推進し、高い信頼を得てまいりました。そして近年、グローバル市場を席巻する高度な技術をもつ中国企業とのアライアンスに成功し、新たなITソリューションサービスとして、簡易に、迅速に、適正な価格で、日本企業へ提供できる体制を整えました。「China Value to Japan」をスローガンに、日本企業をチャイナイノベーションで支援しながら、インバウンドビジネスの成功に貢献します。

社名株式会社イー・ビジネス
設立2007年6月
所在地東京都港区芝2-28-8芝2丁目ビル10F
代表者花 東江
事業概要システムインテグレーションサービス、ITソリューションサービス など
URLhttps://e-business.co.jp/
プレスリリース発表元企業:株式会社イー・ビジネス
配信元:PR TIMES
執筆
PORT編集部 
「PORT」はCreww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

中堅・中小企業とスタートアップのオープンイノベーションのハブとなる関東経済産業局

広域関東圏の経済活性化をミッションに、成長産業の創出や育成、起業・創業の促進、中小企業の経営力強化や取引の適正化、地域資源の活用による稼ぐ力の強化、地域エネルギーの振興やエネルギーの安定供給など様々な政策実施に取り組んでいる関東経済産業局。3年前からオープンイノベーションに注力し、今年度初めて、Crewwとの連携によるアクセラレータープログラムを導入した。地域経済を牽引する中堅・中小企業とスタートアップとの連携パートナーとしての親和性の高さを実証し、モデル事例を広く地域に横展開したいと考えている。そこで、これまでの関東経済産業局の取り組みや、アクセラレータープログラムへの期待などについて、関東経済産業局 地域経済部 産業技術革新課 オープンイノベーション担当の高崎 涼氏に伺った。

【Creww×飯田市】地方での新事業創出の可能性、そしてオープンイノベーションへの挑戦へ

飯田市金融政策課と17の支援機関が連携し取り組むビジネス支援協議会「I-Port」の開港から3年。これまで、地域で生まれる多様な新規事業や事業展開への幅広いビジネス支援を継続してきました。その実績を振り返りつつ、今回は「事業をつくる=挑戦する」あらゆるビジネスパーソンの機会創出を数多く手がけてきたCreww(クルー)株式会社取締役の水野智之さんをお招きし、地方におけるビジネス支援の可能性や課題について、ともに語り合いました。

【新規事業開発インタビューvol.1】Freeat_食品ロス削減の仕組みを創る(後編)

“本業を退職せず”事業創出を実現できるインキュベーションプログラム「STARTUP STUDIO by Creww」にてプロジェクトを推進するファウンダーインタビュー連載。第一弾は、食品ロス削減の仕組みを創る「Freeat」の小嶋 亮 氏にお話を伺いました。スタートアップスタジオで本業を続けながら事業開発をするメリットや、ぶっちゃけ大変なこと、失敗談などなど…ここでしか聞けない生の声を赤裸々に語っていただきました。 後編では、スタートアップスタジオで活動する上でのメリットや、大変なこと、プロジェクトの状況や今後の予定をまとめております。

【新規事業開発インタビューvol.1】Freeat_食品ロス削減の仕組みを創る(前編)

“本業を退職せず”事業創出を実現できるインキュベーションプログラム「STARTUP STUDIO by Creww」にてプロジェクトを推進するファウンダーインタビュー連載。第一弾は、食品ロス削減の仕組みを創る「Freeat」の小嶋 亮 氏にお話を伺いました。スタートアップスタジオで本業を続けながら事業開発をするメリットや、ぶっちゃけ大変なこと、失敗談などなど…ここでしか聞けない生の声を赤裸々に語っていただきました。 前編では、プロジェクトの発足背景、仲間集めのポイント、プロジェクトを推進する上で行った事を伺いました。