12.8 C
Japan
水曜日, 12月 8, 2021

mocha×東京ガス「モバイルバッテリーで防災訓練」実施

東京ガス(creww corporate membership会員)とGREEN UTILITY(Crewwが運営するコミュニティスペース「docks」の会員)は、 2019/8/30 〜2019/9/5にかけて、「防災週間にモバイルバッテリーシェアリングを無料で使ってみよう!」キャンペーンを共同実施した。

昨今、スマホの利用が拡大する一方で、スマホ内蔵バッテリーの持ち時間が問題となっている。また、2018年9月に発生した北海道胆振東部地震時もGREEN UTILITY社はすぐに札幌市を訪問、mochaモバイルバッテリーを無料開放し、被災者や観光客たちへ提供した。

2018年9月北海道胆振東部地震時mochaは無料開放サービス提供

mochaは⼤規模災害時には、提供しているすべてのモバイルバッテリーを開放し、無償でモバイルバッテリーの貸し出しを行う。今回東京ガスとのキャンペーンの目的は、災害時にスムーズにサービスを利用できるように、「訓練」をすることだ。

どこで借りることができるのか予め知っておくことで、いざというときも安⼼ですし、使い⽅をマスターして、困った時も慌てないので、いつくるか分からない災害時に備えて、訓練しておきましょう!という目的で、実施された。

mochaモバイルバッテリーシェアリング充電サービスは、2018年9月ローンチして以来、積極的に大手企業と連携し、地域活性化及びインバウンド支援を主な目的に、全国でサービスを展開し、地域住民や観光客に大好評だ。

今後、引き続き、積極的な地方やインバウンドの支援を念頭に、2020年までに日本全国1万箇所の展開を計画している。

「mochaモバイルバッテリーシェアリング充電サービス」の利用方法とは?

「mocha」の利用方法は次のとおりです。

1.mocha専用アプリをダウンロード

iOS用アプリダウンロード https://goo.gl/2jFjtL

アンドロイド用アプリダウンロードhttps://play.google.com/store/apps/details?id=com.shareasy.mocha

2.アプリを起動して会員登録して決済方法を登録

3.mochaステーションにあるQRコードをスキャン

4.排出されたモバイルバッテリーを持ち出し充電

5. 充電が終了したら、お近くのmochaステーション空きスロットへ返却

毎日初回15分無料

108円/1時間、1日上限540円
※5日間未返却で3,000円で買取となる。(買取後もご自宅で充電可能。)

支払方法は各種クレジットカード、Alipayほか、キャリア決済、WeChat Pay、PayPay、LINE Pay、Amazon Pay、Apple Payなどを順次導入していく。

GREEN UTILITY株式会社が運営しているmochaモバイルバッテリーシェアリングサービスは、すでに全国で数百箇所を展開し、今後も観光地や地方の活性化に貢献できるよう、あらゆる地域にステーションを展開する予定だ。

2020年東京オリンピック・パラリンピックまで、1万箇所のステーションを展開計画だ。協業や業務提携を積極的に取り組んでいる。

プレスリリース発表元企業:GREEN UTILITY株式会社
配信元:PR TIMES
執筆
PORT編集部 
「PORT」はCreww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【インタビュー】本業を辞めずに挑戦!報酬を得ながら複業としてゼロイチフェーズに参画するニューノーマルな働き方

【インタビューレポート】スタートアップでは、都度生じる課題をスピーディーに解決し、企業成長を促すためにも、必要なフェーズにタイムリーに対応できる幹部人材を必要としている。一方の現実は、「採用にかかる費用は抑えたい」「フルタイムで依頼をするには業務内容が少ない」など幹部クラスの人材確保にジレンマを抱える場合も多い。また、たとえスタートアップに関心があったとしても、一定数のリスクが伴う以上、転職には踏み切れずに大手企業に留まる優秀な人材が多いことは、非常に勿体ないことであると言える。果たして双方にとって突破口となる様なソリューションはないのだろうかー。 大手企業からスタートアップ企業への転職経験を持つ方々に、転職する際の葛藤や、スタートアップ企業に勤める今の実際について、率直なお気持ちを伺いました。 #スタートアップ #大手企業 #転職 #Creww #大挑戦時代をつくる

【共創案募集】エネルギー、都市環境、リサイクル、橋梁etc。デジタル×社会インフラで未来のまちづくりをしませんか|JFEエンジニアリング

【オープンイノベーションインタビュー】総合エンジニアリング企業として、環境・上下水・エネルギープラント、橋梁などの構築や運営、リサイクル・発電事業など、生活に不可欠な事業を展開しているJFEエンジニアリング。SDGsの達成やカーボンニュートラルの実現に向けて、同社が持つ技術や強みにスタートアップのデジタルを活用したアイデアや技術を掛け合わせ、社会課題の解決や新たなビジネスモデルの創出を目指すべく、DX領域でのアクセラレータープログラムを開催しています。具体的にどのような顧客価値を創出したいのか、本プロジェクトを推進する技術本部ICTセンターDX推進部にお話を伺いました。 #募集 #JFEエンジニアリング #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【インタビュー】学生時代から今に至るまで「事業を作る」をテーマにキャリアを歩み、Crewwで執行役員へ

【Crewwインタビュー】Creww採用担当者による、同社のメンバーと会社の雰囲気を伝えるためのインタビューが、ビジネスSNS「Wantedly」に公開されました。今回のインタビュイー は、学生時代の起業からスタートして、事業や組織の課題に向き合いながらCrewwにて今期から執行役員に就任した、中島克也(ナカジマ カツヤ)さんです。この5年半Crewwはどう変化し、中島氏自身はどう変わったのか。そしてCrewwのビジネスのこと、仲間のことについて聞きました。 #インタビュー #Wantedly #大挑戦時代をつくる #Creww

「世界を農でオモシロくする」スタートアップ|The CAMPus BASEが目指す持続可能な農事業とは

【スタートアップの流儀/インタビュー】成長の加速を落とさないスタートアップにフォーカスをして、失敗事例や克服のストーリー、成功体験など、生の声を配信している連載「スタートアップの流儀」。今回は、「大変でしんどくて儲からない」という従来のイメージに反し、農業は「カッコ良くて、これからの可能性に満ちている」と気付いたことから、「世界を農でオモシロくする」を企業理念に据え、「農」に関わるコミュニティ事業・スクール事業・ブランディング事業を展開するスタートアップ、The CAMPus BASEにフォーカス。「都会で生きてきたビジネスパーソンこそ農業に向いている」と語る、同社代表の井本 喜久氏にお話を伺いました。 #AgriTech #アグリテック #スタートアップ #インタビュー #TheCAMPusBASE #NOUONLINESALON #コンパクト農ライフ塾 #地域農ブランディング事業 #世界を農でオモシロくする #AKEMILEMON #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント