mocha×東京ガス「モバイルバッテリーで防災訓練」実施

Innovation
東京ガス(creww corporate membership会員)とGREEN UTILITY(Crewwが運営するコミュニティスペース「docks」の会員)は、 2019/8/30 〜2019/9/5にかけて、「防災週間にモバイルバッテリーシェアリングを無料で使ってみよう!」キャンペーンを共同実施した。

昨今、スマホの利用が拡大する一方で、スマホ内蔵バッテリーの持ち時間が問題となっている。また、2018年9月に発生した北海道胆振東部地震時もGREEN UTILITY社はすぐに札幌市を訪問、mochaモバイルバッテリーを無料開放し、被災者や観光客たちへ提供した。

2018年9月北海道胆振東部地震時mochaは無料開放サービス提供

mochaは⼤規模災害時には、提供しているすべてのモバイルバッテリーを開放し、無償でモバイルバッテリーの貸し出しを行う。今回東京ガスとのキャンペーンの目的は、災害時にスムーズにサービスを利用できるように、「訓練」をすることだ。

どこで借りることができるのか予め知っておくことで、いざというときも安⼼ですし、使い⽅をマスターして、困った時も慌てないので、いつくるか分からない災害時に備えて、訓練しておきましょう!という目的で、実施された。

mochaモバイルバッテリーシェアリング充電サービスは、2018年9月ローンチして以来、積極的に大手企業と連携し、地域活性化及びインバウンド支援を主な目的に、全国でサービスを展開し、地域住民や観光客に大好評だ。

今後、引き続き、積極的な地方やインバウンドの支援を念頭に、2020年までに日本全国1万箇所の展開を計画している。

「mochaモバイルバッテリーシェアリング充電サービス」の利用方法とは?

「mocha」の利用方法は次のとおりです。

1.mocha専用アプリをダウンロード

iOS用アプリダウンロード https://goo.gl/2jFjtL

アンドロイド用アプリダウンロードhttps://play.google.com/store/apps/details?id=com.shareasy.mocha

2.アプリを起動して会員登録して決済方法を登録

3.mochaステーションにあるQRコードをスキャン

4.排出されたモバイルバッテリーを持ち出し充電

5. 充電が終了したら、お近くのmochaステーション空きスロットへ返却

毎日初回15分無料

108円/1時間、1日上限540円
※5日間未返却で3,000円で買取となる。(買取後もご自宅で充電可能。)

支払方法は各種クレジットカード、Alipayほか、キャリア決済、WeChat Pay、PayPay、LINE Pay、Amazon Pay、Apple Payなどを順次導入していく。

GREEN UTILITY株式会社が運営しているmochaモバイルバッテリーシェアリングサービスは、すでに全国で数百箇所を展開し、今後も観光地や地方の活性化に貢献できるよう、あらゆる地域にステーションを展開する予定だ。

2020年東京オリンピック・パラリンピックまで、1万箇所のステーションを展開計画だ。協業や業務提携を積極的に取り組んでいる。

プレスリリース発表元企業:GREEN UTILITY株式会社
配信元:PR TIMES
執筆
INNOVATIVE PORT編集部 
「INNOVATIVE PORT」はCreww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

アクセラレータープログラム
crewwコラボ

アクセラレータープログラムの開催をご検討の事業会社の方はこちら。

オープンイノベーション
プラットフォーム

企業のリソースを活用したいスタートアップの方は、こちらご登録ください。