12.8 C
Japan
木曜日, 2月 9, 2023

東武グループ、アフターコロナの観光業をアップデートするプログラムを開催! パートナー企業を募集!

eiicon companyが運営する日本最大級のオープンイノベーションプラットフォーム「AUBA」は、東武鉄道とともに、アフターコロナにおける観光業のアップデートを目指すプログラム『 TOBU Open Innovation Program 2022-2023 』を開催し、2022年12月22日(木)より3つの募集テーマにて共創アイデアの募集を開始することを発表しました。 

『TOBU Open Innovation Program 2022-2023 』コンセプト

東武グループは、創業より120年以上の間、沿線地域の発展に貢献するべく、交通、レジャー、不動産、流通などお客様の暮らしに密着した事業を運営してきました。

東武グループが注力する観光事業は、訪日外国人観光客の規制緩和など徐々に明るい兆しが見えはじめた一方で、依然として厳しい状況が続いています。

東武グループは、アフターコロナにおいて観光事業が直面する様々な課題をスタートアップの方々と共に解決したく、今年度もオープンイノベーションを募集します。
なお、昨年度初めて開催した本プログラムには、120件を超える多数の提案が集まり、これまでに4件のPoCを共創しています。
 
今年度は募集テーマをより具体的に絞り込み、昨年度以上にスピーディーで実効性のあるPoC支援を目指します。

本プログラムの特徴

豊富な顧客接点
・距離、駅数共に関東私鉄トップ、通勤通学から観光までカバーする路線網
・首都圏の鉄道7路線と直通運転を行っており、1日当たり延べ500万人以上へのアプローチが可能
・各種交通広告のほか、SLや観光特急などを活用した取り組みも可能で、多様な顧客接点の創出が可能
・駅における通行データなど、豊富な交通関連のデータを保有

関東を中心とした多種多様な観光リソース
・東京スカイツリーⓇや東武ワールドスクウェアといった観光施設のみならず、大規模商業施設や百貨店、ゴルフ場や遊覧船など様々な観光施設を運営
・鉄道やバスなどの交通インフラから宿泊施設の運営など、観光に関わるサービスをお客様にワンストップで提供可能
・日光や浅草といった関東の有名観光地に加え、札幌や仙台、蔵王などにも観光リソースを保有

スピーディーなPoC実行支援体制
・PoCの内容を踏まえ、1件につき最大で200万円の支援を予定
・多種多様なリソースをグループ横断で活用してきた実績があり、スムーズな連携スキームを構築
・昨年度120件の応募の中から4件のPoCを実施、PoCまでに要した期間は最短3か月~半年
・自治体やグループ外の観光施設との連携実績も豊富

『TOBU Open Innovation Program 2022-2023 』募集テーマ

1.東武グループのアセットを活用した新たな観光サービスの創出や、SDGsへの対応
関東私鉄最長の沿線を誇る東武鉄道には、交通サービスだけではなく沿線地域に様々な観光関連施設やお客様とのタッチポイントを保有。
これらを活用することで、アフターコロナにおける新たな観光ニーズに対応していくことを目指す。

求める共創アイデア例
・ホテルレストランでのフードロス削減や観光地の環境に配慮したサスティナブルツーリズムの共創
・夏場のスキー場、冬場のプール、オフシーズンの宴会場など季節性の強いアセットの有効活用
・豊富な沿線観光資源を新たな視点で活用する付加価値の高いサービスの共創
・急回復するインバウンド需要を取り込む新たなプロモーションの共創 など

活用可能アセット例
・SL大樹や様々な車両
 関東私鉄最長の路線網に3種類の特急車両、2種類の座席指定制列車、SLなどを運行
・東武ワールドスクウェア
 関東の奥座敷“鬼怒川温泉”にある、世界の建造物を1/25で再現したテーマパーク

2.観光施設の効率的な運営や観光客の利便性向上
観光業界は様々な面で「人」が介在するビジネスである一方、コロナ禍から急回復する需要に人材確保が追い付かない状況も発生している。
DXにより観光事業の業務効率の改善と観光客の利便性向上を図るとともに、「人」が本来提供すべきサービスへの集中を図る。

求める共創アイデア例
・観光客の利便性と施設運営の効率性を両立する新たな決済システムの検証
・作業の効率化だけでない、観光客への楽しみも提供するようなオートメーション化の提案
・外国人や老若男女を問わず誰にとってもわかりやすい電子チケット(入園券等)システムの考案
・簡便で利用しやすい新たな免税申請システムの検証 など

共創アセット例
・東京スカイツリーⓇ
 “天望デッキ”と“天望回廊”の2つの展望台を持つ、高さ634mを誇る世界一高いタワー
・東京ソラマチⓇ
 東京スカイツリーⓇの足元にある300以上のショップが集まる大規模商業施設

3.観光需要の予測とそれに応じた予約/販売スキームの構築
新型コロナウイルスの影響を強く受けた観光業。
国や自治体の推進する観光需要喚起策に表れているように、徐々に観光業界も正常化に向かいつつある。
急回復が見込まれる市場に対して、テクノロジーを活用して需要を取り込むことを目指す。

求める共創アイデア例
・訪日外国人の利用傾向や消費行動を把握・分析するスキームの共創
・鉄道、バス、リフト、フェリーなど、様々な交通モードでの需要予測やダイナミック・プライシングの検証
・異業種間でのマーケティングデータの共有や活用を可能にするシステムの構築
・アセットライトで小規模施設でも導入できる予約・販売管理システム など

活用可能アセット例
・東北急行バス
 東京~仙台・京都・大阪間などを中心に高速乗合バス路線を展開
・東武食品サービス
 関東近郊でビジネスホテルやゴルフ場、レストランを展開

本プログラムで提供可能な東武グループのアセット(観光リソース)

東京スカイツリータウン®
高さ634mの世界一高いタワーとして知られる「東京スカイツリー®」を中心に、300以上のショップが集まる大規模商業施設「東京ソラマチ®」や、水族館、プラネタリウム等で構成される、日本を代表する観光スポットです。

関東私鉄最大の交通網と観光路線
世界遺産を有する日光や小江戸と称される川越など、関東私鉄最長の路線網に広がる様々な観光地を、鉄道・バス・タクシーで結んでいます。SL大樹などの観光路線も運行しているほか、2023年7月には新型特急「スペーシアX」の運行を予定しています。

19のグループホテル
観光拠点の銀座エリアにある「ACホテル・バイ・マリオット東京銀座」などの2ホテルをはじめ、現存する日本最古のリゾートホテル「日光金谷ホテル」など、関東を中心に札幌や仙台にも多様なニーズに応えるホテルを展開しています。

個性的なレジャー施設
動物園・遊園地・プールなど複数の施設が融合した「東武動物公園」、世界の建造物を1/25で再現した「東武ワールドスクウェア」、CNNの日本の最も美しい場所31選にも選ばれた蔵王の「蔵王ロープウェイ」など、個性的なレジャー施設を多数運営しています。

本プログラムのスケジュール

2022年12月22日(木) エントリー受付開始
2023年3月21日(火・祝)応募締め切り
以降、
 書類審査(4月中下旬選考)
 面談選考
 選考結果通知期間
 PoC計画策定・実行:本格的な事業化に向けた検証を開始

本プログラムの応募資格

・法人登記がなされていること。
・プロダクトや技術を保有しており、大小を問わずすでに特定の現場で検証・活用されるフェーズに至っていること。

東武グループ × AUBA『TOBU Open Innovation Program 2022-2023 』

https://eiicon.net/about/tobu-oi2022/

参考プレスリリース(2021年度採択の4プロジェクト)

・東武鉄道とONE、川越観光をお得に楽しめる「小江戸川越レシ活旅」キャンペーン開催!施設利用のキャッシュバック、豪華景品への応募も(2022年3月28日)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000270.000037194.html

・浅草・東京スカイツリータウン®周辺エリアで「AI レコメンド機能付き観光デジタルマップ」を期間限定で運用開始!(2022年4月27日)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000284.000037194.html

・AC ホテル・バイ・マリオット東京銀座にて、客室内のオリジナルアメニティやグッズを現地で購入できる実証実験「買えるホテル」サービスを開始!(2022年6月24日)
https://www.tobu.co.jp/cms-pdf/news/20220624134503UFdhJvPU2CcfIry_ucbgzw.pdf

・ホテルレストランで完全人工光型植物工場の試験運用を開始します。(2022年8月31日)
https://www.tobu.co.jp/cms-pdf/releases/20220831140416uUmZnkkQJAS8NOKBFfF2uA.pdf

東武鉄道について 

社名東武鉄道株式会社
設立1897(明治30)年11月1日
所在地東京都墨田区押上一丁目1番2号
代表者取締役社長 根津 嘉澄
事業概要①鉄道、軌道および索道による一般運輸事業 ②自動車運送事業 ③不動産の売買、賃貸借ならびにその仲介、鑑定および管理の事業 ④情報提供・処理サービス業、電気通信事業および有線放送事業 ⑤娯楽、スポーツおよび教育機関の経営ならびに旅館業、飲食業、物品販売業、旅行業および広告業その他のサービス事業 ⑥土木・建築・造園・電気工事の設計・施工請負事業 ⑦発電および電気の供給事業 ⑧前各号に附帯または関連する事業
URLhttps://www.tobu.co.jp/

eiicon company について

eiicon companyは、「オープンイノベーション※」にチャレンジするすべての企業に対し、その取り組みを加速させる支援を実施しています。
1)「AUBA」:https://auba.eiicon.net/ 「価値ある出会いが未来を創る」をテーマに、オープンイノベーションのパートナーを探すことができる、ビジネスマッチングプラットフォーム。登録数25,000社。課題・事業成長に必要なリソースなど自社情報を登録、相互に発信し、企業の新たなつながりを実現します。
2)「TOMORUBA」:https://tomoruba.eiicon.net/ 事業を創るビジネスパーソンのための“事業を活性化するメディア”。全国各地あらゆる業界のスタートアップ・中小企業・大手企業から地方自治体・大学まで、資金調達・資金提供・共同研究などの様々な情報や事業を創るためのノウハウ情報などを配信しています。
3)「SHABERUBA」:「AUBA」が提供する、会員専用コミュニティ。バーチャルコワーキングスペースで会員同士の会話や商談、各種イベント参加やコミュニティ支援実施まで、オフラインでの活動をオンライン上で実現しています。
4)「event」:ビジネスパートナー企業との出会いの場をリアルに創出します。
5)「Sourcing Support」:専門コンサルタントがオープンイノベーションチャレンジを支援します。
以上5つの軸で、日本に新規事業創出手法「オープンイノベーション」を根付かせるサービスを提供しています。

社名eiicon company (エイコンカンパニー)
所在地東京都千代田区平河町2-5-3 Nagatacho GRiD
代表者中村 亜由子
事業概要オープンイノベーションプラットフォーム「AUBA」の運営、イベント企画・支援サービス、ソーシングサービスなど

eiicon company運営会社

社名パーソルイノベーション株式会社
所在地〒107-0062 東京都港区南青山1-15-5
代表者代表取締役社長 長井 利仁
事業概要新規事業創造・オープンイノベーション推進、グループ会社の経営計画・管理並びにそれに付帯する業務
URLhttps://auba.eiicon.net/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【熊平製作所×MAMORIO】創業125年のトータルセキュリティ企業が、スタートアップ共創で未来の「安心・安全」を創る

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】広島銀行とCrewwは、広島県下のイノベーションエコシステムの構築に向け、広島県内に新たな事業の創出を図ることを目的に「HIROSHIMA OPEN ACCELERATOR 2021(広島オープンアクセラレーター2021)」を共催しました。本記事では、プログラム参加企業である熊平製作所と、「なくすを、なくす」をミッションに、紛失防止デバイス「MAMORIO」を始めとした 様々な製品・サービスを提供するIoTスタートアップ「MAMORIO」との共創プロジェクトにフォーカス。株式会社熊平製作所 新規事業開発部 取締役部長 茶之原 氏に、プロジェクトの共創に至った背景や、スタートアップとの共創から実際に得た体感や変化について、お話を伺いました。 #広島銀行 #広島県 #イノベーション #広島オープンアクセラレーター2021 #熊平製作所 #MAMORIO #IoT #スタートアップ #共創 #新規事業 #協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント