12.8 C
Japan
木曜日, 2月 9, 2023

​大日本印刷×読売新聞東京本社×SMN、マス3媒体のユーザー行動データに基づく広告ビジネスで協業!

大日本印刷、読売新聞東京本社、ソニーグループでマーケティングテクノロジー事業を行うSMNは、出版物(雑誌等)・新聞・テレビに接するユーザーの行動データに基づく新たな広告サービス「Media X」の運用で協業することに合意しました。

3社協業の狙いと主な内容について

読売新聞グループの新聞読者をベースとした420万IDのデータ基盤「yomiuri ONE」※1と、SMNが活用可能なインターネット接続テレビ約900万台の視聴データ「Connected TV Data Bridge(「TVBridge」)」※2が既に連携しており、ここに今回、会員数760万人のDNPグループのハイブリッド型総合書店「honto」※3のアクセスデータを新たに連携させます。
これにより、新聞・出版物(雑誌等)・テレビの3種類のマスメディアを横断するデータマーケティングを実現します。

今回の協業によって、広告配信を通じた企業と生活者とのエンゲージメント※4を強化するとともに、成果等を確認するレポーティングの精度を一段と向上していきます。
また、生活者が広告に接触した各メディアの情報やタイミングを把握することで、「生活者が製品・サービス等に関心を持って積極的に各種コンテンツに接触するタイミング」(モーメント)に合わせた広告配信を行います。
これによって、生活者に寄り添ったキャンペーン展開を可能とし、広告主のマーケティング・コミュニケーション施策に貢献できる新サービスを展開します。

3社は今回の協業をきっかけとして、DNPグループ、読売新聞グループ、ソニーグループのリソースや強みの掛け合わせを推進し、新たな協業の可能性も探っていきます。
なお、データの連携および活用に関しては、個人を特定する情報には連動させないこととし、プライバシー保護に十分に配慮します。

マスメディアとの接触データについて

近年、インターネットでの情報収集が主流となる中でも、生活者の多くはテレビ・新聞といったマスメディアを日常的に利用しており、インターネットよりも情報の正確性で信頼度が高いといった評価もあります。生活者がマスメディアのコンテンツに接触するのは、購買行動において、最終地点となる購買データと異なり、起点となることも多いため、生活者の「未来の行動」につながると想定できます。

「Media X(メディア エックス)」の特長「モーメントに合わせた新しい広告配信」について

今回の3社連携の強みは、データの掛け合わせによる広告効果の向上に加えて、マス3媒体 出版物(雑誌等)・新聞・テレビでの情報接触について幅広く把握できることです。

生活者が接触したコンテンツの「内容」に加え、放送日・発行日・閲覧日時等の接触した「時点」も把握できるため、モーメントを予測して、個々のコンテンツに合わせた効果的な広告出稿を行うことが可能になります。

例えば、住宅の取得に興味・関心がある世帯をターゲットとした場合は、図のように3社のデータを連携させて、3つのマスメディアへの接触データを活用して広告を配信します。
その後の予測として、テレビの翌週の同番組、新聞の金利・税制等のマネー関連記事に生活者が接触し、住宅に関する雑誌・書籍を検索する可能性が高いと考えられます。
こうした動きを、住宅取得に対する生活者の意識が高まる「モーメント」と解釈し、このタイミングを逃さずに再度、各メディアへの広告配信を行うことができます。
広告効果は随時検証し、配信の最適化を目指します。

※1 yomiuri ONE(https://adv.yomiuri.co.jp/digital/files/yomiuriONE.pdf) : 読売新聞東京本社が運営する「読売ID」(会員数317万人)をはじめ、読売巨人軍、読売旅行の会員IDを含めた計420万IDの属性に加えて、読売新聞グループ会社が運営するサイトの閲覧属性や、第三者情報の推定属性データを蓄積したCDP(Customer Data Platform)。(読売IDについてはこちら : https://my.yomiuri.co.jp/
※2 TVBridge(https://tv-bridge.com/) : 大手テレビメーカー4社が、広告用途へ利用の同意を得てユーザーから取得している約900万台分のテレビ視聴データに、SMNが保有するデジタルメディアの接触データを組み合わせて、効率的な広告配信を実現するデータ活用サービス。
※3 honto(https://honto.jp/) : DNPが丸善ジュンク堂書店、文教堂およびトゥ・ディファクトと共同で運営するハイブリッド型総合書店。リアル書店とネット書店を連動させて「読みたい本を、読みたい時に、読みたい形で」提供する。
※4エンゲージメント:企業の商品やサービス、ブランド等が顧客をひきつけ、顧客もそれらに対して魅力を感じている状態。

社名大日本印刷株式会社
設立1894年01月
所在地東京都新宿区市谷加賀町1‐1‐1
代表者北島義斉
URLhttps://www.dnp.co.jp/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【熊平製作所×MAMORIO】創業125年のトータルセキュリティ企業が、スタートアップ共創で未来の「安心・安全」を創る

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】広島銀行とCrewwは、広島県下のイノベーションエコシステムの構築に向け、広島県内に新たな事業の創出を図ることを目的に「HIROSHIMA OPEN ACCELERATOR 2021(広島オープンアクセラレーター2021)」を共催しました。本記事では、プログラム参加企業である熊平製作所と、「なくすを、なくす」をミッションに、紛失防止デバイス「MAMORIO」を始めとした 様々な製品・サービスを提供するIoTスタートアップ「MAMORIO」との共創プロジェクトにフォーカス。株式会社熊平製作所 新規事業開発部 取締役部長 茶之原 氏に、プロジェクトの共創に至った背景や、スタートアップとの共創から実際に得た体感や変化について、お話を伺いました。 #広島銀行 #広島県 #イノベーション #広島オープンアクセラレーター2021 #熊平製作所 #MAMORIO #IoT #スタートアップ #共創 #新規事業 #協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント