12.8 C
Japan
木曜日, 2月 9, 2023

メドピアと日本経済新聞社、ヘルステックのグローバルカンファレンスを共同開催!

メドピアと日本経済新聞社は、ヘルステックのグローバルカンファレンス「へルスケア・テクノロジー・サミット」を2022年12月1日・2日の2日間にわたり共同開催しました。2日目には、「ピッチコンテスト」を開催し、最優秀賞と来場者・視聴者参加型のオーディエンス賞を、サブスクリプション事業者にとってのLTVやROIの最大化を行う習慣化サポートを展開するWizWeが受賞しました。また、説明可能な診断用AIを難治性疾患に展開しグローバルに提供するN Labが「アンビスホールディングス賞」と「ライフサイエンス賞」を、血液を乾燥・固相化し、常温処理を可能にする微量検査プラットフォームを展開するユニバーサル・バイオサンプリングが「EY Japan賞」を受賞しました。

受賞各社

最優秀賞
株式会社WizWe 代表取締役CEO 森谷 幸平
・副賞:100万円

アンビスホールディングス賞】(協賛:株式会社アンビスホールディングス)
株式会社N Lab 代表取締役 北村 由香

ライフサイエンス賞
(協賛:一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(LINK-J))
株式会社N Lab 代表取締役 北村 由香
・副賞:LINK-J会員権(1年間無料)

EY Japan賞】(協賛:EY Japan株式会社)
株式会社ユニバーサル・バイオサンプリング 代表取締役 平田 史明

視聴者参加型のオーディエンス賞】(協賛:日本生命保険相互会社)
株式会社WizWe 代表取締役CEO 森谷 幸平

ピッチコンテストの出場社

ピッチコンテストでは、書類審査で選抜された5社と、オンライン投票により多数の票数を獲得した3社の計8社が登壇しました。

※各社の会社概要はこちら:https://www.healthtechsum.jp/pitch.html

ピッチコンテスト審査員・司会 敬称略

審査員
・矢崎 弘直 (EY Japan ヘルスサイエンス・アンド・ウェルネスリーダー EY新日本有限責任監査法人)
・藤本 宏樹 (住友生命保険 上席執行役員兼新規ビジネス企画部長 兼SUMISEI INNOVATION FUND事業共創責任者)
・柴原 慶一 (株式会社アンビスホールディングス 代表取締役 CEO)
・高橋 俊一 (一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(LINK-J) 事務局長)
・梅澤 高明 (CIC Japan会長 / A.T.カーニー日本法人会長)
・笹原 優子 (株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ 代表取締役社長)
・村山 恵一 (日本経済新聞社 コメンテーター)
・石見 陽  (メドピア代表取締役社長 CEO(医師・医学博士))

司会
・横松 知咲子(医師)

ピッチコンテスト開催概要

ピッチコンテストは、予防から医療・介護、食からHRまで、人がよりよく生きることをテクノロジーで実現するサービスが応募対象です。
多くの応募企業の中から厳選されたファイナリスト8社は、12月2日(金)午後のピッチコンテストに登壇し、5分間のピッチに加えて8分間の審査員との質疑応答を行いました。これらの審査により最優秀賞1社が決定。飛躍的に注目度の高まる医療・ヘルスケアマーケットにおいて、人の「よりよく生きる」を支える次世代サービスのチャレンジを「Healthtech/SUM」がサポートします。

<ピッチコンテスト開催要項>

開催日時2022年12月2日(金) 14:50~16:55 ピッチコンテスト
            17:25~17:45 結果発表&表彰式
賞金・特典 最優秀賞 100万円
※最優秀チームへの賞金・特典です。
※その他スポンサー賞として、アンビスホールディングス賞(協賛:アンビスホールディングス)、ライフサイエンス賞(協賛:一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(LINK-J))、EY Japan賞(協賛:EY Japan)、視聴者参加型のオーディエンス賞(協賛:日本生命保険相互会社)を設定します。
応募条件・事業領域が、ヘルステックであること(※)
・応募時点でサービスインをしている or サービスインの日程が明確になっていること
・最終審査当日に事業の代表者が会場で自らプレゼンテーションを行えること
※ 本イベントにおける「ヘルステック」は、人がよりよく生きることを目的としてテクノロジーを活用した事業を対象とします。ヘルスケア、メディカル、介護はもちろん、食生活やHRなどまで幅広く含みます。
公式サイトピッチコンテスト出場社 https://www.healthtechsum.jp/pitch.html

2022年度「Healthtech/SUM」の概要

「Healthtech/SUM」は医療・ヘルスケア領域における最新テクノロジー(ヘルステック)とそれを活用した先進事例をリアルとオンラインのハイブリッドで紹介するグローバルカンファレンスです。国内外のヘルステックの最先端の知見が集まりイノベーションを発信する機会を提供します。

2022年度のメインテーマは、「Connect into a Spiral ~あなたを中心に融合するテクノロジー~」。地球規模でのパンデミックに引き続き、政情が不安定となり、グローバル経済の先行きも不透明な日々が続いています。従来にも増して「生きる」ことの意味を一人ひとりに突きつけられている現在だからこそ、ヘルスケア分野のテクノロジーへの期待は高まっています。
ヘルステック領域はビジネスの新陳代謝が活発化しており、市場の成長を加速させています。人材や資金の流入に留まらず、ビジネスモデルの多様化、他業種からの参入、M&Aの活発化など、様々な要因が影響し合い、これまで以上に成長と社会実装が進んでいます。
また、個々人のPHR(パーソナル・ヘルス・レコード)やRWD(リアル・ワールド・データ)の利活用が進み、AIによる高速・高精度な解析がそれを後押ししながら、「あなた」を中心として最適化された選択肢の提示が可能な世界が近づきつつあります。
いかにして一人一人が「より良く生きる」を実現していくのか。「あなた」のためのヘルステック、その最新事例をグローバルに議論しました。

<開催概要>

名称ヘルステック・サミット「Healthtech/SUM」
開催日2022年12月1日(木)、12月2日(金)
開催場所総合受付
日本橋三井ホール(東京都中央区日本橋室町2-2-1 COREDO室町1・5F)
日本橋ライフサイエンスハブ(東京都中央区日本橋室町1-5-5 COREDO室町3・8F)
主催メドピア株式会社、日本経済新聞社
公式サイト https://healthtechsum.jp/
公式SNS facebook
twitter 
https://www.facebook.com/HealthtechSUM
https://twitter.com/Healthtech_SUM

メドピア株式会社について

社名メドピア株式会社
設立2004年12月
所在地東京都中央区築地1-13-1 銀座松竹スクエア9階
代表者代表取締役社長 CEO 石見 陽(医師・医学博士)
事業概要医師専用コミュニティサイト「MedPeer」の運営、その他関連事業
URLhttps://medpeer.co.jp

日本経済新聞社について

社名日本経済新聞社
設立1876年12月
所在地東京都千代田区大手町1-3-7
代表者代表取締役社長 長谷部 剛
事業概要新聞を中核とする事業持ち株会社。
雑誌、書籍、電子メディア、データベースサービス、速報、電波、映像、経済・文化事業などを展開
URLhttps://www.nikkei.co.jp/nikkeiinfo/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【熊平製作所×MAMORIO】創業125年のトータルセキュリティ企業が、スタートアップ共創で未来の「安心・安全」を創る

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】広島銀行とCrewwは、広島県下のイノベーションエコシステムの構築に向け、広島県内に新たな事業の創出を図ることを目的に「HIROSHIMA OPEN ACCELERATOR 2021(広島オープンアクセラレーター2021)」を共催しました。本記事では、プログラム参加企業である熊平製作所と、「なくすを、なくす」をミッションに、紛失防止デバイス「MAMORIO」を始めとした 様々な製品・サービスを提供するIoTスタートアップ「MAMORIO」との共創プロジェクトにフォーカス。株式会社熊平製作所 新規事業開発部 取締役部長 茶之原 氏に、プロジェクトの共創に至った背景や、スタートアップとの共創から実際に得た体感や変化について、お話を伺いました。 #広島銀行 #広島県 #イノベーション #広島オープンアクセラレーター2021 #熊平製作所 #MAMORIO #IoT #スタートアップ #共創 #新規事業 #協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント