12.8 C
Japan
木曜日, 8月 11, 2022

【ロボット×福祉×農業】GMOドリームウェーブとAGRIST、新たな農福連携の形を共創

GMOインターネットの特例子会社である、GMOドリームウェーブは、農業ロボットベンチャーのAGRISTより、アグリストの自動収穫ロボットの収穫精度を上げるために必要なAIの「教師データ」を作り出す作業を受託し、2022年6月より開始しました。両社は、この取り組みを皮切りにこれまでにない農福連携の形を創造することで新たな就労の場を創出し、より多くの方がいきいきと働ける場づくりを推進します。

取り組みの背景 

農業の分野では農業従事者の高齢化により人手不足の問題が深刻で、今後も加速していくと想定されています。一方で、福祉の分野では障がい者等の就労や、生きがいづくりの場を提供することが課題となっています。
また、GMOインターネットグループは、「すべての人にインターネット」をコーポレートキャッチとして掲げ、創業以来一貫してインターネットのインフラ・サービスインフラを提供し、すべての人の笑顔と感動を創造し、社会へ貢献することに邁進しています。

そのような状況下で、GMOドリームウェーブとアグリストはインターネットやAIを活用した自動収穫ロボットの活用は新たな働く場の提供の一助になるとの想いから、最先端の技術で新しい農業の実現に向けて共創していくことで、社会との繋がりや生きがいの創出のために取り組みを開始しました。

GMOドリームウェーブが実施する取り組みについて

このたびGMOドリームウェーブが作成するAIの「教師データ」は、アグリストのピーマン自動収穫ロボット「L」に活用されます。ロボットが撮影した農作物の画像データをGMOドリームウェーブが取得し果実や果柄を矩形で囲うことで、季節や地域によって、色や形が異なる作物の数多くのデータを「教師データ」として蓄積します。このデータをAIロボットに学習させることで、さらに効率よく自動収穫できるようになります。

また、自動収穫ロボット「L」は自動収穫機能に加え、インターネットを介した遠隔操作機能も追加が予定されています。今後はこの遠隔操作機能を活用し、GMOドリームウェーブのパートナー(従業員)が、遠隔で農業に参加することも検討しております。

ロボットが撮影した画像データ

ピーマン自動収穫ロボット「L」

「人をサポートするロボットが必要だ。」という農家の声を受け、開発されたのがアグリストのピーマン自動収穫ロボット「L」です。より多くの農家にロボットを使ってもらおうと、機能をシンプルにし手の届きやすい価格のロボットがコンセプトです。アグリストのロボットを導入することで、人が取り切れなかったピーマンを収穫し、農業の人材不足という課題を解決します。

今後、従来の自動収穫機能に加え、遠隔操作機能が追加される予定です。果実の探索・認識を人間が、収穫をロボットが行うといった共同作業が可能になります。重労働である収穫の工程はロボットが自動で行ってくれるため、身体が不自由な方でも自宅からロボットを操作して農業に参加することが可能です。

取り組み後は、人間の判断をAIが学習していくことで、ロボットはさらに効率的に自動収穫を行うことが可能になります。
持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals: SDGs)で「誰一人取り残さない世界」が掲げられ、日本においても企業の障がい者の法定雇用率が引き上げられるなか、遠隔操作機能を搭載した「L」を活用した企業の農業参入により、身体が不自由な方々が農業分野で活躍し、自信や生きがいを持って社会参画できる「農福連携」の実現が期待されます。

GMOドリームウェーブ株式会社について

GMOインターネットグループでは、誰もが生き生きと働くことのできる環境づくりの一環で、障がい者の雇用推進を図るべく、GMOインターネット株式会社の特例子会社としてGMOドリームウェーブを2017年9月に設立し、「自立」と「成長」をキーワードに、障がい者雇用のさらなる創出に取り組むとともに、多様な人財を受け入れ活躍できる場の拡大と、働きやすい環境づくりを推進しています。

2021年にはGMOインターネットグループが宮崎県宮崎市に開設したサテライトオフィス「GMO hinata」内に新オフィスを構えました。車いすの方でも支障なく移動できるよう、段差をなくし広い動線を確保したバリアフリーオフィスとし、ほかにも全室を自動ドアやスライドドアに、また車いすでも使用できる昇降可能なデスクを用意するなど、働く仲間のそれぞれ異なる特性に配慮した職場環境の整備をはじめ、能力に応じた最適な業務配置や、対面コミュニケーションを中心とした組織の活性化などに取り組んでいます。

社名GMOドリームウェーブ株式会社
所在地宮崎県宮崎市老松2-2-1 GMO hinataオフィス
代表者代表取締役社長 橋口 誠
事業概要■インターネット広告支援事業 ■管理部門業務支援事業
URLhttps://recruit.gmo.jp/dreamwave/
社名GMOインターネット株式会社
所在地東京都渋谷区桜丘町26番1号
代表者代表取締役グループ代表 熊谷 正寿
事業概要■インターネットインフラ事業 ■インターネット広告・メディア事業 ■インターネット金融事業 ■仮想通貨事業
URLhttps://recruit.gmo.jp/

AGRIST株式会社について

アグリストはテクノロジーで農業課題を解決するベンチャー企業です。高齢化が進み農産物の収穫の担い手が不足している課題を、自動収穫ロボットで解決します。2017年から宮崎県新富町の農家らと勉強会を開催し、現場の農家らからロボットの必要性を聞いてきました。宮崎県から全国に販路を拡大し、地方から世界の農業課題を解決するグローバルベンチャーへの成長に向けて事業を展開していきます。

社名AGRIST株式会社
所在地宮崎県児湯郡新富町富田東1丁目47番地1
代表者代表取締役 秦裕貴・齋藤潤一
事業概要■農業ロボット開発事業 ■AI開発事業 ■ソフトウェア開発事業
URLhttps://agrist.com
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる

【三友プラントサービス×mint】循環型社会を実現|行動変容を促すLINE LIFFアプリの協働開発

【Creww Growth 活用協業事例】廃棄物処理事業のパイオニアである三友プラントサービス株式会社は、産業廃棄物を適正に処理する焼却処理事業に加え、廃棄されたものを「資源」へと活かす新たな事業の創出を求め、アクセラレータープログラムを開催。採択されたのは、会員制サービスやロイヤルティプログラムをローコードで作れるSaaSの開発運営を行っているスタートアップmint株式会社です。具体的な協業内容から、未来に臨むサービスの展望まで、株式会社三友環境総合研究所の増田氏・栗原氏、mint株式会社代表の田村氏にお話を伺いました。 #三友プラントサービス #三友環境総合研究所 #mint #カーボンニュートラル #廃棄物処理事業 #アクセラレータープログラム #SaaS #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる

【募集】サーキットを舞台に、社会課題や地域活性化、交通安全につながるアイデアを募集

【オープンイノベーションインタビュー】一般社団法人トヨタ・モビリティ基金は「もっといいモビリティ社会」の実現に向けたアイデアコンテスト「Make a More PROJECT」をスタート!多様な分野で活動する個人や団体がアイデアやソリューションで競い合い、取り組み次第では活動支援金を増加させられる仕組みがあること。募集テーマは「Fun & Safety 〜安全かつ最高に楽しい体験を〜」だ。サーキットを舞台にさまざまなアイデアやソリューションを求めるにあたり、トヨタ・モビリティ基金の福田氏と福島県のエビスサーキット代表の熊久保氏に話を伺った。 #募集 #エビスサーキット #トヨタモビリティ基金 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

セイノーHD×次世代型農業への挑戦|生産からお届けまでの一気通貫を実現

【Creww Growth活用協業事例】セイノーホールディングスは、Crewwを通じてアクセラレータープログラム「SEINO Accelerator 2017」を実施。セイノーグループの保有する多様な事業領域と強固な顧客基盤等のアセットを活用し、世界最高の農業エンジニアテクノロジーで持続可能なアグリシステムを開発するスタートアップ「株式会社ファームシップ」と協業。中京地方で複合機能型植物工場事業を立ち上げたその協業内容や、今日に至るまでの両社の連携について、セイノーホールディングス オープンイノベーション推進室 室長 加藤 徳人氏と、KOTO no Ha fresh farm 工場長 松山 昌弘氏にお話を伺いました。 #セイノーホールディングス #オープンイノベーション #アクセラレータープログラム #スタートアップ #アグリシステム #SDGs #ファームシップ #植物工場 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント