12.8 C
Japan
火曜日, 8月 9, 2022

SpotifyとIAS、世界初のブランドセーフティ・ソリューションの提供に向け協業

​Spotifyとデジタルメディア品質分野のグローバルリーダーであるIntegral Ad Scienceは本日、ポッドキャスト広告主向けの第三者のブランドセーフティ・ソリューションを確立するための新たなパートナーシップを発表しました。両社は協業して、ポッドキャストおよびデジタルオーディオ全体でブランドセーフティを効果的に実現するために必要なツールやリソースを業界が理解できるよう、解析・開発に着手する予定です。最終的には、ポッドキャスト広告にさらなる透明性と信頼性をもたらす、業界初のブランドセーフティおよびブランド適合性のレポートツールを公開します。

協業の背景と目的

ポッドキャスト広告費は、世界的な視聴者の増加とともに、ここ数年で急速に伸びています。
ポッドキャストの広告収入は2021年に10億ドルを超え、2024年には、ほぼ3倍の40億ドル超になると予測されています。

ポッドキャスト広告への投資とイノベーションが急増するにつれ、広告主がブランド適切性を確保することの重要性も増しています。デジタル広告のエコシステム全体、特にビデオでは、ブランドの安全性に関するガイドラインと技術が確立されていますが、オーディオではまだ存在していません。広告主の信頼と継続的なメディア支出を維持するためには、今や主流となったこのメディアに対する第三者のソリューションの構築が重要です。

この課題を解決すべく、すでにSpotifyとIAS は、広告主のメッセージがポッドキャスト上の意図したコンテクストで配信されることを、責任を持ちかつ効果的に検証できる方法を明らかにするための共同作業に着手しています。将来的にはこの結果を基に、キャンペーンの計画、管理、レポーティングを支援する、業界初のブランドセーフティと適合性のためのツールを提供する予定です。

本ツールでは、Spotifyのファーストパーティデータを利用し、Global Alliance for Responsible Media(GARM: ​​責任あるメディアに向けた世界同盟)のカテゴリーとガイドラインに基づくIAS独自の分析ソリューションを用いて検証を行う予定です。

各社コメント

Spotifyの広告収入イノベーションのグローバルヘッドであるJulie Clarkは、次のように述べています。「Spotifyは、今日私たちが知っているデジタルオーディオの世界を開拓しました。次の課題であるブランドの安全性に立ち向かうにあたり、再びリーダーシップを示せることを嬉しく思います。今回、メディアから最も信頼されているリーダーの1つであるIASと提携して、広告主のメッセージが適切な場所で視聴されることに更なる確信を持たせ、市場にすでにあるコンテンツターゲットソリューションを検証を深められることを嬉しく思います」

IASのグローバル最高コマーシャル責任者であるYannis Dosiosは、「SpotifyおよびUMと提携し、ポッドキャストのブランドセーフティと適合性に向けたソリューションを開発することは、オーディオ空間をターゲットとする広告主にとって大きな変革の一歩となるでしょう。ポッドキャストの視聴者は2024年までに全世界で5億人を超えると予想されており、このソリューションは広告主に、広告のメッセージが意図するオーディエンスに深く響くという確信を与えられるようになるでしょう」と述べています。

UM WorldwideのグローバルメディアチーフオフィサーであるJoshua Lowcockは、「ポッドキャストはメディアの主流になり、当社のクライアントは、視聴者と繋がる機会を得られるこの分野への投資を増やしたいと考えています。Spotify と IAS がブランドセーフティ・ソリューションの構築に着手したことを嬉しく思います。また、広告主のニーズが最初から満たされるよう、構築とテストの段階で我々も協力していきます」と述べています。

IASについて

Integral Ad Science(IAS)は、デジタルメディア品質の向上において世界をリードする企業です。IASは、広告が本物の人間によって、安全かつ適切な環境で閲覧されることを保証し、コンテクストに基づくターゲティングの活性化やサプライパス最適化を推進することで、すべてのインプレッションを価値あるものにします。IASの使命は、世界をリードするブランド、パブリッシャー、プラットフォームが利用する、デジタルメディア品質の信頼性と透明性の世界的な基準となることです。
IASは、実用的なリアルタイムの情報と知見を備えたデータに基づくテクノロジーの提供で、これを実現。2009年に設立し、ニューヨークに本社を置くIASは、世界中で何千社ものトップクラスの広告主やパブリッシャーを支えています。

社名Integral Ad Science Japan 株式会社
設立2015年03月
所在地東京都千代田区有楽町1−1−2
東京ミッドタウン日比谷 日比谷三井タワー12F
代表者Lisa Utzschneider
URLhttp://integralads.com/jp/

Spotifyについて

Spotifyは2008年に登場し、音楽リスニングを一変させました。400万以上のポッドキャストタイトルを含む8200万以上の楽曲を無料で発見、管理、共有できるほか、Spotify Premiumにアップグレードすると、音質の向上やオンデマンド、オフライン、広告なしの音楽リスニング体験など、音楽専用の機能を利用することができます。
現在、Spotifyは世界で最も人気のあるオーディオストリーミングのサブスクリプションサービスで、183の市場において1億8200万人の加入者を含む4億2200万人のユーザーを有しています。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
SourceIAS
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる

【三友プラントサービス×mint】循環型社会を実現|行動変容を促すLINE LIFFアプリの協働開発

【Creww Growth 活用協業事例】廃棄物処理事業のパイオニアである三友プラントサービス株式会社は、産業廃棄物を適正に処理する焼却処理事業に加え、廃棄されたものを「資源」へと活かす新たな事業の創出を求め、アクセラレータープログラムを開催。採択されたのは、会員制サービスやロイヤルティプログラムをローコードで作れるSaaSの開発運営を行っているスタートアップmint株式会社です。具体的な協業内容から、未来に臨むサービスの展望まで、株式会社三友環境総合研究所の増田氏・栗原氏、mint株式会社代表の田村氏にお話を伺いました。 #三友プラントサービス #三友環境総合研究所 #mint #カーボンニュートラル #廃棄物処理事業 #アクセラレータープログラム #SaaS #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる

【募集】サーキットを舞台に、社会課題や地域活性化、交通安全につながるアイデアを募集

【オープンイノベーションインタビュー】一般社団法人トヨタ・モビリティ基金は「もっといいモビリティ社会」の実現に向けたアイデアコンテスト「Make a More PROJECT」をスタート!多様な分野で活動する個人や団体がアイデアやソリューションで競い合い、取り組み次第では活動支援金を増加させられる仕組みがあること。募集テーマは「Fun & Safety 〜安全かつ最高に楽しい体験を〜」だ。サーキットを舞台にさまざまなアイデアやソリューションを求めるにあたり、トヨタ・モビリティ基金の福田氏と福島県のエビスサーキット代表の熊久保氏に話を伺った。 #募集 #エビスサーキット #トヨタモビリティ基金 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

セイノーHD×次世代型農業への挑戦|生産からお届けまでの一気通貫を実現

【Creww Growth活用協業事例】セイノーホールディングスは、Crewwを通じてアクセラレータープログラム「SEINO Accelerator 2017」を実施。セイノーグループの保有する多様な事業領域と強固な顧客基盤等のアセットを活用し、世界最高の農業エンジニアテクノロジーで持続可能なアグリシステムを開発するスタートアップ「株式会社ファームシップ」と協業。中京地方で複合機能型植物工場事業を立ち上げたその協業内容や、今日に至るまでの両社の連携について、セイノーホールディングス オープンイノベーション推進室 室長 加藤 徳人氏と、KOTO no Ha fresh farm 工場長 松山 昌弘氏にお話を伺いました。 #セイノーホールディングス #オープンイノベーション #アクセラレータープログラム #スタートアップ #アグリシステム #SDGs #ファームシップ #植物工場 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント