12.8 C
Japan
火曜日, 11月 29, 2022

SpotifyとIAS、世界初のブランドセーフティ・ソリューションの提供に向け協業

​Spotifyとデジタルメディア品質分野のグローバルリーダーであるIntegral Ad Scienceは本日、ポッドキャスト広告主向けの第三者のブランドセーフティ・ソリューションを確立するための新たなパートナーシップを発表しました。両社は協業して、ポッドキャストおよびデジタルオーディオ全体でブランドセーフティを効果的に実現するために必要なツールやリソースを業界が理解できるよう、解析・開発に着手する予定です。最終的には、ポッドキャスト広告にさらなる透明性と信頼性をもたらす、業界初のブランドセーフティおよびブランド適合性のレポートツールを公開します。

協業の背景と目的

ポッドキャスト広告費は、世界的な視聴者の増加とともに、ここ数年で急速に伸びています。
ポッドキャストの広告収入は2021年に10億ドルを超え、2024年には、ほぼ3倍の40億ドル超になると予測されています。

ポッドキャスト広告への投資とイノベーションが急増するにつれ、広告主がブランド適切性を確保することの重要性も増しています。デジタル広告のエコシステム全体、特にビデオでは、ブランドの安全性に関するガイドラインと技術が確立されていますが、オーディオではまだ存在していません。広告主の信頼と継続的なメディア支出を維持するためには、今や主流となったこのメディアに対する第三者のソリューションの構築が重要です。

この課題を解決すべく、すでにSpotifyとIAS は、広告主のメッセージがポッドキャスト上の意図したコンテクストで配信されることを、責任を持ちかつ効果的に検証できる方法を明らかにするための共同作業に着手しています。将来的にはこの結果を基に、キャンペーンの計画、管理、レポーティングを支援する、業界初のブランドセーフティと適合性のためのツールを提供する予定です。

本ツールでは、Spotifyのファーストパーティデータを利用し、Global Alliance for Responsible Media(GARM: ​​責任あるメディアに向けた世界同盟)のカテゴリーとガイドラインに基づくIAS独自の分析ソリューションを用いて検証を行う予定です。

各社コメント

Spotifyの広告収入イノベーションのグローバルヘッドであるJulie Clarkは、次のように述べています。「Spotifyは、今日私たちが知っているデジタルオーディオの世界を開拓しました。次の課題であるブランドの安全性に立ち向かうにあたり、再びリーダーシップを示せることを嬉しく思います。今回、メディアから最も信頼されているリーダーの1つであるIASと提携して、広告主のメッセージが適切な場所で視聴されることに更なる確信を持たせ、市場にすでにあるコンテンツターゲットソリューションを検証を深められることを嬉しく思います」

IASのグローバル最高コマーシャル責任者であるYannis Dosiosは、「SpotifyおよびUMと提携し、ポッドキャストのブランドセーフティと適合性に向けたソリューションを開発することは、オーディオ空間をターゲットとする広告主にとって大きな変革の一歩となるでしょう。ポッドキャストの視聴者は2024年までに全世界で5億人を超えると予想されており、このソリューションは広告主に、広告のメッセージが意図するオーディエンスに深く響くという確信を与えられるようになるでしょう」と述べています。

UM WorldwideのグローバルメディアチーフオフィサーであるJoshua Lowcockは、「ポッドキャストはメディアの主流になり、当社のクライアントは、視聴者と繋がる機会を得られるこの分野への投資を増やしたいと考えています。Spotify と IAS がブランドセーフティ・ソリューションの構築に着手したことを嬉しく思います。また、広告主のニーズが最初から満たされるよう、構築とテストの段階で我々も協力していきます」と述べています。

IASについて

Integral Ad Science(IAS)は、デジタルメディア品質の向上において世界をリードする企業です。IASは、広告が本物の人間によって、安全かつ適切な環境で閲覧されることを保証し、コンテクストに基づくターゲティングの活性化やサプライパス最適化を推進することで、すべてのインプレッションを価値あるものにします。IASの使命は、世界をリードするブランド、パブリッシャー、プラットフォームが利用する、デジタルメディア品質の信頼性と透明性の世界的な基準となることです。
IASは、実用的なリアルタイムの情報と知見を備えたデータに基づくテクノロジーの提供で、これを実現。2009年に設立し、ニューヨークに本社を置くIASは、世界中で何千社ものトップクラスの広告主やパブリッシャーを支えています。

社名Integral Ad Science Japan 株式会社
設立2015年03月
所在地東京都千代田区有楽町1−1−2
東京ミッドタウン日比谷 日比谷三井タワー12F
代表者Lisa Utzschneider
URLhttp://integralads.com/jp/

Spotifyについて

Spotifyは2008年に登場し、音楽リスニングを一変させました。400万以上のポッドキャストタイトルを含む8200万以上の楽曲を無料で発見、管理、共有できるほか、Spotify Premiumにアップグレードすると、音質の向上やオンデマンド、オフライン、広告なしの音楽リスニング体験など、音楽専用の機能を利用することができます。
現在、Spotifyは世界で最も人気のあるオーディオストリーミングのサブスクリプションサービスで、183の市場において1億8200万人の加入者を含む4億2200万人のユーザーを有しています。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
SourceIAS
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【募集】関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント