12.8 C
Japan
木曜日, 12月 8, 2022

【協業を推進】新規事業創出とCVCを担う!新会社「FUJIYAMA BRIDGE LAB株式会社」設立

静岡新聞社と静岡放送は、2022年4月1日グループ会社としてFUJIYAMA BRIDGE LAB(株)を立ち上げ、代表取締役には大石剛、取締役に阿部満氏、松本真尚氏が就任しました。

新会社「FUJIYAMA BRIDGE LAB」について

社名には、静岡発、日本発であることと海外での展開を鑑みて海外でも知名度の高い富士山こと、FUJIYAMAが使用され、さらにBRIDGEには、人と人をつなぐ、地域とつなぐ、企業とつなぐ、その架け橋になっていきたいという強い想いが込められています。

①新しい価値・サービスの創造
②企業・事業との協業を積極的に推進
③地域社会に対する価値提供への約束

FUJIYAMA BRIDGE LABは上記3つを新会社として提供できるように事業を拡大する方針です。

FUJIYAMA BRIDGE LAB(株)の事業は新規事業開発と有望なベンチャー企業等への投資(CVC)が2本柱となります。

新規事業開発チームは2021年1月に立ち上げた静岡新聞社・静岡放送の社内組織Future Creation Studio(未来創造工房)を移管し、継続して活動を続けていきます。
社内コミュニケーション活性化サービス「GOFUN!」の開発、カルチャースクール・SBS学苑を活用した「biima Sports静岡」の展開、などが進行中です。その他の事業アイデアも鋭意検証中です。CVCは6月設立に向けて現在準備が進められています。

新会社ロゴについて

社名にも使用した「FUJIYAMA:富士山(上)」と「BRIDGE:架け橋(下)」で大きな正円が描かれています。 FUJIYAMA BRIDGE LABだけでなく、協業先や地域の人々の想いを無限に膨らませるシンボルです。また、コーポレートカラーとして、紺藍(こんあい)を使用。何度も塗り重ねられて生まれた日本の伝統色です。これから歴史を重ねていく決意が込められました。

新規事業の取り組み

GOFUN!

「GOFUN!」は、社員同士の価値ある結びつきを提供するコミュニケーション活性化サービスです。
多くの企業が抱えている、社内コミュニケーションの課題を、最適シャッフルマッチングと、たった5分間の1on1のビデオ通話で解決につなげます。社内コミュニケーションが活性化すると、企業の人事・組織課題の解決にもつながります。
現在は、パートナー企業セールス実施中で、段階的に企業数を増やしたのちローンチされる予定です。

biima sports

biima sportsは最新のスポーツ科学と21世紀型幼児教育学を融合した総合キッズスポーツスクール。2021年10月に株式会社 biimaとパートナーシップ契約を締結し、静岡市に「SBS静岡校」をSBS学苑の講座として新規開校されました。現在約20名の会員が利用中です。今後、会員数拡大、開催レッスン数の増大、県内他エリアへの新規校舎開設、出張イベントの開催などに取り組んでいきます。

役員プロフィールとコメント

大石 剛 氏

新聞、放送ともに大きな変革の波に晒されている中で、私たちは新しいメディア事業の創出にチャレンジしていきます。それがFUJIYAMA BRIDGE LABです。
イノベーションには多くのトライ&エラーが必要です。そのトライ&エラーをフットワークよくチャレンジ出来るように社名にはLABと付けさせて頂きました。多くの仲間とともに既存事業とベンチャー事業を橋渡しして、今までにないメディア企業を作り出したい。そんな私たちの挑戦を見ていてください。

略歴:
1992年 ㈱電通入社。プロモーション制作管理局、営業を経験
1998年 ㈱静岡新聞社・静岡放送㈱入社 番組制作や編成業務を担当
2007年 ㈱静岡新聞社編集局長就任
2012年 ㈱静岡新聞社代表取締役社長就任
2021年 同 代表取締役顧問就任

阿部 満 氏

大石代表とともに、ローカルとグローバルへの懸け橋となるような新規事業開発や新聞や放送といった既存事業とベンチャー事業の新たなコラボレーション創出という難しい課題へのチャレンジに取り組めることにワクワクしています。FUJIYAMA BRIDGE LABの今後の活動にご期待ください。

略歴:
1992年 ㈱電通入社。
2012年 ㈱電通デジタル・ホールディングス取締役最高財務責任者
2019年 ㈱電通デジタル取締役副社長執行役員
2021年 Office AB-flat代表

松本 真尚 氏

2020年8月の「イノベーションリポート」に込められた変革の覚悟がここまでの進化を遂げました。富士山(FUJIYAMA)を超える志の高さとマグマよりも熱い熱量から創出される、メディアの枠にとらわれない更なる新規事業開発への挑戦は楽しみでしかありません。

略歴:
WiL General Partner & Co-Founder。1999年にPIMを設立し、CEOとして2000年にYahoo!JAPANとの合弁を指揮。Yahoo!社長室で戦略投資を担うほか、数々の社内新規事業の統括部長を務め、2011年よりCIOとして同社の新規事業創出、他の事業会社との連携やJVを多数仕掛ける。2013年に日米を中心としたベンチャー企業への出資及び事業支援を行うWiLを創業。大企業と海外・日本のベンチャーの橋渡しをはじめ、パートナー企業内に眠る社内IPを活用した新規事業創出にも力を入れ、オープンイノベーションを実現している。

社名FUJIYAMA BRIDGE LAB株式会社
所在地本社:静岡市駿河区登呂3−1−1
東京オフィス:東京都港区虎ノ門1−17−1 虎ノ門ヒルズビジネスタワー4F
代表者大石 剛
事業概要建設事業(土木事業・建築事業)及び開発事業
URLFUJIYAMA BRIDGE LAB株式会社 (fujiyamabl.com)
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント