12.8 C
Japan
火曜日, 12月 6, 2022

【ジャパンサイクルリーグ×休日ハック×パナソニック】実証実験で新たな観戦体験を追求!

スポーツ庁がSPORTS TECH TOKYO(※1)と共同で開催している「INNOVATION LEAGUE 2021」のコラボレーションパートナーである一般社団法人ジャパンサイクルリーグが、横浜市 市民局の後援事業「みなとみらいサイクルフェス(※2)」にて、INNOVATION LEAGUE 2021 アクセラレーション採択企業の休日ハック、パナソニックと共同で実証実験を行いました!

「INNOVATION LEAGUEアクセラレーション」にて実証実験を実施

今年度で2回目の開催となる「INNOVATION LEAGUEアクセラレーション」は、スポーツ周辺のテクノロジーとスポーツ協会/団体が持つ課題やアセットを掛け合わせることでアイデアを創出し、スポーツビジネスの拡張を目指すものである。今年度は公益社団法人日本フェンシング協会とJCLがコラボレーションパートナーとして参画。昨年7月にエントリー受付を開始し、厳正なる審査を通過した採択企業は11月から約3ヶ月間のメンタリング期間において、アイデアのブラッシュアップならびに事業の実証実験を進めている。

この度、「みなとみらいサイクルフェス」の参加者・来場者に休日ハックとパナソニックのサービスを提供し、ユーザーからの反応や声を収集することで、連携事業の強度や顧客ニーズの更なる検証を行った。JCL担当者は「これまで接点がなかった企業様との協業に当初は不安もありましたが、準備段階から活気あふれるディスカッションを行うことができ、現場では多くの来場者が笑顔で体験しているのを目の当たりにしレース観戦、応援の発展性を実感いたしました。来場者からは事後でのSNS等での反応も含め好評をいただいております。今後、ブラッシュアップを重ねながらさらに協業を深めていきたいです。」と新しい取組に手応えを感じている。
実証実験の狙いと実施内容については以下の通りである。

本実証実験における狙いと実施内容

<株式会社休日ハック>
休日ハックが運営している新感覚休日おまかせサービス「休日ハック!」は、顧客の休日を勝手に企画し、思いがけない出会いや素晴らしい体験を提供する。本実証実験において休日ハックは、ロードレース観戦者の満足度の向上と定量化、顧客情報の獲得と活用を目的に、独自開発した応援グッズ(ハリセン)の提供に加え、周遊型の謎解き体験イベントを実施。多くの来場者がハリセンを叩き選手を応援したり、会場内を歩き回って謎解きを楽しむ様子が見られる結果となった。

休日ハック 田中 和貴氏コメント

休日ハックのサービスを楽しんでいただいているお客様がすごく多く見られたことが何よりの手応えになりました。今後はジャパンサイクルリーグさんと一緒に、地方の都市部でその地域の魅力を伝えられる取り組みを考えていきます。課題としては、イベントの現地に来たお客様に何をやっているのかを一目でわかるように伝える工夫や認知施策が必要と考えています。今後、色々な地域で今回の実証実験で得た知見を生かしていきたいと思います。

<パナソニック株式会社>
試合会場でチームとファンをつなぐリアルタイム音声配信プラットフォーム「CHEERPHONE」(チアホン)サービスを提供するパナソニックは、「CHEERPHONE」を活用した新しいスポーツの楽しみ方の提案を目的として、「みなとみらいサイクルフェス」で開催のエキシビションレースの中でイベントMCの音声だけでなく、レース中の選手の会話を「CHEERPHONE」を通じて配信し、新しい観戦体験を来場者へ提供した。来場者は、会場内で配布・設置されたQRコードからレース中の選手と解説のやりとりを聞きながらレース観戦を楽しんだ。

パナソニック 持田 登尚雄氏

自転車競技で実際に走行している最中の選手が観客に語りかけるという、これまでにない新しい観戦体験を提供することができ、競技の楽しみ方の幅の広がりを感じました。実際に、来場されたお客様も普段は聞くことのできない選手の会話や息づかいを聞くことで、臨場感のある体験だったと感想もいただくことが出来ました。このような新しいチャレンジができ、スポーツ体験の新たな可能性を示すことができたと思います。デモデイに向けてブラッシュアップしていきたいポイントとしては、このようなスポーツ観戦の場で来場者にどうやってサービスを認知してもらうのか、どうすればより多くの方に参加いただけるか。来場者により豊かな観戦体験を届けるためにも、大会の運営チームと連携しながら、サービスを認知してもらえる仕組みを考えていきます。

INNOVATION LEAGUE 2021デモデイについて

「みなとみらいサイクルフェス」でJCLと実証実験を行った2社に加え「株式会社グレースイメージング」「株式会社フィナンシェ」、公益社団法人日本フェンシング協会と実証実験を進めている「株式会社 Fanplus」の採択企業5社が3月14日(月)に東京ミッドタウン日比谷 Base Qホールにて開催されるINNOVATION LEAGUE 2021デモデイにて登壇し、本アクセラレーションプログラムの集大成となるプレゼンテーションを実施する。

今年度のINNOVATION LEAGUE では、どのようなコラボレーションが結実したのか。スポーツに関係する方はもちろん、今はまだ関係していない方も是非、スポーツ産業拡張の瞬間を会場で見届けてみてはいかがであろうか。

INNOVATION LEAGUE 2021 デモデイ 概要

日時  :2022年3月14日(月)17:30 – 20:00(17:00開場)
開催  :BASE Q(ベースキュー)東京ミッドタウン日比谷 6F
主催  :スポーツ庁 / SPORTS TECH TOKYO
参加費 :無料(事前登録制)
その他 :オンライン配信やアーカイブの公開は現状予定されていない
参加方法:以下のURLより申込み。
URL:https://eventregist.com/e/il2021demoday

アクセラレーション最終採択企業と共創内容

一般社団法人ジャパンサイクルリーグと事業共創に取り組む採択企業(※五十音順)
株式会社休日ハック https://www.kyuzituhack.com/
株式会社グレースイメージング https://www.gr-img.com/
パナソニック株式会社 https://www.panasonic.com/jp/home.html
株式会社フィナンシェ https://www.corp.financie.jp/

公益社団法人日本フェンシング協会と事業共創に取り組む採択企業
株式会社 Fanplus  https://fanplus.co.jp/

INNOVATION LEAGUE 公式ウェブサイト
https://innovation-league.sportstech.tokyo/

※1 SPORTS TECH TOKYO
スポーツテックをテーマとした世界規模のアクセラレーション・プログラム。第1回開催時には世界33ヶ国から約300のスタートアップが応募。スタートアップ以外にも、企業、スポーツチーム・競技団体、コンサル、メディアなど多様なプレイヤーが参画。事業開発を目指すオープンイノベーション・プラットフォームでもある。
SPORTS TECH TOKYO 公式ウェブサイト:https://sportstech.tokyo/?ja

※2「みなとみらいサイクルフェス」
神奈川県横浜市の「赤レンガパーク」にて横浜市 市民局の後援のもと、2022年2月12日に実施された一都市型エキシビションレースのこと。会場ではレース観戦だけではなく、KINAN Racing Teamによる自転車安全教室(小学生対象)、一般走行会(全年齢対象)を併催した。https://jcleague.jp/news/2022/jcl_2023.htm

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント