12.8 C
Japan
火曜日, 12月 6, 2022

東大IPCとグロービス経営大学院が業務提携|MBA取得者のアカデミア発スタートアップ経営・CxOへのキャリアパスを支援

東京大学周辺でのスタートアップエコシステムの発展を目指しベンチャーへの投資・起業支援等を行う東京大学協創プラットフォーム開発と、グロービス経営大学院は、「MBA(経営学修士)取得者がアカデミア発のスタートアップ経営に参画する」という新たなキャリア開発を後押しするべく、業務提携契約を締結しました!

業務提携の目的

東京大学周辺でのスタートアップエコシステムの発展を目指しベンチャーへの投資・起業支援等を行う東京大学協創プラットフォーム開発株式会社(本社:東京都文京区本郷、代表取締役社長 大泉克彦、以下「東大IPC」)と、グロービス経営大学院(本社:東京都千代田区二番町、代表:堀義人)は、「MBA(経営学修士)取得者がアカデミア発のスタートアップ経営に参画する」という新たなキャリア開発を後押しするべく、業務提携契約を締結した。
国内のトップアカデミアと日本最大(*1)のビジネススクールが提携することにより、日本から世界へ羽ばたくディープテック(*2)ベンチャーの創出・育成を促進させる狙いだ。

*1:グロービス経営大学院日本語MBAプログラム2021年度の入学者数(1,126名)より
*2:「ディープテック」とは、最先端の科学的知見や革新的技術を実用化することで、人々の生活スタイルを大きく変えたり、社会の大きな課題を解決したりする取り組みのことである。

業務提携の背景

近年、テクノロジーを活用してイノベーションを生み出せる人材が業界を問わず多くの企業で求められている。グロービス経営大学院ではこの背景を受け、新時代において必須の経営知・スキルを磨く場を提供するため、「テクノベート(*3)」領域の科目提供を2016年度に開始し、これまでに多くの「テクノベート人材」を育成している。またベンチャー経営や起業を志す在校生・卒業生に向けたビジネスプランコンテスト「G-CHALLENGE」を主催するなど、MBA取得後のキャリアパスとして起業にまつわる環境作りに注力してきた。

*3:「テクノベート」は、テクノロジーとイノベーションを組み合わせたグロービスの造語である。

東大IPCは、東京大学周辺のイノベーション・エコシステムの更なる発展を目指し、投資や起業支援等の活動をしてきた。2021年には他の国立大学との連携も始まり、東京大学を中心に日本のアカデミアの成果を活用する、医薬・ヘルスケア、宇宙、AI・ITサービス、ロボットなど、ディープテックベンチャーに対して投資とハンズオン支援を行っている。ハンズオン支援の一環として、支援・投資先ベンチャーは無償で利用可能な求人マッチングプラットフォーム「DEEPTECH DIVE(https://www.utokyo-ipc.co.jp/dive/)」を開発・提供するなど、ベンチャーの組織構築にも力を入れている。東大IPCの支援先ベンチャーは、いずれもアカデミア発の先進的な研究シーズとユニークな技術を保有している。それが一般的なベンチャーキャピタルとは大きく異なる特色である一方、支援先ベンチャーが企業として大きく成長し、研究成果を社会実装させていくためには、アカデミアの力のみならず経営のプロフェッショナル人材が不可欠だと認識している。

そこで東大IPCとグロービス経営大学院は、アカデミア発の研究・技術の社会実装を加速させるため、またグロービスの在校生・卒業生がMBAの課程で習得した経営スキルを実践する機会として、ベンチャーの経営者やCxO人材のキャリア開発支援を目的とした業務提携を開始するに至った。

業務提携による今後の取り組み

1.キャリア開発に関連するセミナーやミートアップイベントの共催
ベンチャーの経営者やCxOとして活躍する方を招き、グロービスの在校生・卒業生に向けたキャリアセミナーやミートアップイベントを行うなど、ベンチャーと経営人材の人材交流を活発化させる。

2.研究シーズから事業化を目指すチームビルディングとメンタリングが一体となった新プログラムの開催
大学の研究者・研究シーズと、グロービスのプロフェッショナル経営人材(対象:卒業生)との出会いの場を創出させる。これまでアクセラレーションやインキュベーションのプログラムを運営してきた東大IPCとグロービスが、シーズの事業化に向けて各種リソースを支援し、起業や経営に取り組む機会を提供する。

3.グロービス在学生・卒業生への「DEEPTECH DIVE」活用の促進
東大IPCがハンズオン支援の一環として無償で提供する、支援先ベンチャーと人材のマッチングプラットフォーム「DEEPTECH DIVE(https://www.utokyo-ipc.co.jp/dive/)」を、グロービスの卒業生へ周知し、登録を促す。ディープテックベンチャーでの転職・副業に関心があればなたでも登録可能でだ。本サービス登録により、MBA取得後のキャリアの選択肢が広がってくる。

責任者コメント

小澤 彩織 氏(東京大学協創プラットフォーム開発株式会社 HR支援 責任者)

東大IPCは、東大をはじめとしたアカデミアからの起業・スタートアップを支援し、イノベーション・エコシステムの拡大を目指す会社です。アカデミアの保有するテクノロジーシーズは、これまでの世の中にはなかった最先端のもの。だからこそ価値が高く、また同時に社会実装は容易ではありません。今回、協業をスタートできることになったグロービス生の皆さんは、社会人経験を積まれた上で、改めてフレッシュな学びを得た方々だと期待しております。ぜひ皆さんのお力を「技術シーズと社会ニーズの橋渡し」という、チャレンジングだけども社会的意義の高い課題にぶつけていただけますと幸いです。

滝 謙介 氏(グロービス経営大学院 学生サービス 責任者)

グロービス経営大学院は開学以来、創造と変革の志士を輩出する場として、能力開発・人的ネットワーク構築・志を醸成する場を提供してきました。自らの志の実現に向かい、日々研鑽されている在校生、卒業生の皆さんの更なるチャレンジの機会を創出するため今回の提携を進めました。この取り組みを通して、互いに切磋琢磨するグロービスコミュニティの更なる強化を図るだけではなく、そこから生み出される新たな価値を社会へ還元していくことを目指していきたいと考えています。

東京大学協創プラットフォーム開発株式会社(東大IPC)について

社名東京大学協創プラットフォーム開発株式会社
設立2016年1月
資本金東京都文京区本郷7-3-1 東京大学南研究棟アントレプレナーラボ261
代表者代表取締役社長 大泉克彦
事業概要東京大学周辺のイノベーション・エコシステムの発展を目指す投資事業会社
URLhttps://www.utokyo-ipc.co.jp/

グロービス経営大学院について

グロービス経営大学院は、2003年開始のグロービス・オリジナルMBAプログラムGDBAを前身として、2006年に開学(当初は株式会社立、2008年に学校法人に変更)。開学以来、「能力開発」「人的ネットワークの構築」「志の醸成」を教育理念に掲げ、ビジネスの創造や社会の変革に挑戦する高い志を持ったリーダー輩出のために尽力している。
東京・大阪・名古屋・仙台・福岡の5キャンパスに加え、2014年からオンラインでプログラムを提供。2017年4月に水戸、同年10月には横浜に特設キャンパスを開設。2009年にパートタイム英語MBAプログラム、2012年に全日制英語MBAプログラムを開始し、日本国内のみならず世界各国から留学生を招き入れている。
2017年10月には英語オンラインMBAプログラム(本科)を開講。2006年開学当初78名だった大学院本科入学者数は、2020年4月には日本語プログラム(通学・オンライン)で1095名に達し、日本最大のビジネススクールに成長している。
グロービス経営大学院は、今後も創造と変革を担うビジネスリーダーの育成を支援し、テクノベート時代の世界No. 1 MBAを目指して行く。

日本語MBAプログラム https://mba.globis.ac.jp
英語MBAプログラム https://www.globis.ac.jp

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
Source東大IPC
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント