12.8 C
Japan
木曜日, 7月 7, 2022

【埼玉県横瀬町×CuboRex】ねこ車電動化キット「E-Cat Kit」で、農業と建設業の運搬労力削減に向けた実証実験を開始

CuboRexは、埼玉県横瀬町と連携し、一輪車のタイヤを交換するだけで電動化が可能となる、ねこ車電動化キット「E-Cat Kit」を用いた、農業および建設業の運搬労力の効率化に向けた実証実験を2022年2月より開始します!

実証実験開始の背景

ねこ車電動化キット「E-Cat Kit」は、和歌山県を中心に2020年10月1日より正式販売を開始しており、柑橘や梅などを栽培されている農家を中心に傾斜地や段畑などの移動条件が悪い場所で肥料や土、収穫物の運搬に利用されている。これまで、「E-Cat Kit」による運搬道具の電動化によって、限りある人間の時間と体力を効率的にし、運搬以外の仕事や活動へのリソースを配分できることを実証できる場がないかと検討が進められてきた。このたび、横瀬町が主宰する官民連携プラットフォーム「よこらぼ」に採択(採択No.107)されたことで、農業および建設業の運搬労力の削減と効率化に向けたモデルケースの構築が目指される。

横瀬町における実証実験の概要

ねこ車(一輪車)の電動化による農業・建設現場の運搬労力削減に向けた実証実験を展開。限りある人間の時間と体力を、一輪車のタイヤを交換するだけで、電動化が行える当製品を活用し、効率化を実施する。利用前と後で、時間の使い方や体力の使い方、日常の疲労感等の変化をヒアリングすることで、農家や建設業従事者の変化を実証実験を通して、検証していく。

また、今回の取り組みの結果により、特に地方部における労働人口の減少の中でも高齢化が進む農業及び建設業において、作業の効率化により生産性の向上を図るとともに作業負担の軽減を図り、誰もが働き続けられる環境を創り出すことで、地方創生への貢献も目指す意向だ。

<実証実験期間>
2022年2月〜2022年4月末予定
<対象>
埼玉県横瀬町の農業および建設業従事者

横瀬町長 富田能成氏 コメント

横瀬町は、人口減少が続く町の未来を変えるために、「日本一チャレンジする町」「日本一チャレンジを応援する町」を掲げ、「よこらぼ」などを通じて、民間のアイデアや先進的なプロジェクトを積極的に町政運営にとりいれてきています。本件連携が、高齢化や担い手不足が懸念される農業分野や慢性的な人材不足が続く土木建設業分野の一助となり、誰もが無理なく働き続けられる環境づくりにつながることを期待しています。

今後の展開

CuboRexは、今後も民間での実証実験に加え、地方自治体との連携による実証実験を積極的に展開し、電動化による運搬の作業効率化を追求する。また、「E-Cat Kit」の活用できる領域を農業から他領域に展開することで、電動化の価値を広めていく。

参考:ねこ車電動化キット「E-Cat Kit」とは?

ねこ車電動化キット「E-Cat Kit」は、農家や土木事業者が利用する手押し一輪車を電動化することができるキットである。「E-Cat Kit」を利用することにより普段利用しているねこ車を電動化し、農作業における運搬作業をより迅速に、かつ労力削減につなげている。
和歌山県を中心に2020年10月1日より正式販売を開始しており、2020年10月の販売開始から、和歌山県や広島県のJAや代理店様を通して、みかん農家様を中心に柑橘や梅などを栽培されている農家様を中心に傾斜地や段畑などの移動条件が悪い場所で肥料や土、収穫物の運搬で500台以上が購入されている。
URL:https://cuborex.com/products/e-cat-kit/

埼玉県横瀬町について

所在地:埼玉県秩父郡横瀬町大字横瀬4545番地
横瀬町長:富田能成(とみたよしなり)

横瀬町は人口約8,000人、埼玉県の西部、秩父地方の南東部にあって都心から70km圏内、池袋駅から最短72分の距離に位置している。秩父盆地の大自然に囲まれ、四季折々の味覚や風景が手軽に楽しめる山あいの小さな町だ。近年では、都心からの近さ、コンパクトにまとまった地域、町民の活力などを活かし、官民連携プラットフォーム「通称:よこらぼ」の展開により、大企業からスタートアップ企業、大学等との連携が多数行われ、地方創生の取り組みの一つとして、全国から注目されている。

横瀬町(よこぜまち)公式WEB:https://www.town.yokoze.saitama.jp/

「横瀬町官民連携プラットフォーム(通称:よこらぼ)」とは

横瀬町の活性化・持続的発展を目指した、企業・個人を問わないプロジェクトサポート施策である。町外の企業等から広く事業を募集し、その提案プロジェクトを実証試験する上で支障となる法定課題の解決や実証フィールドの提供などの支援を行っている。行政権限を活かした特区の申請や条例の制定、学校などの公的領域への協力要請、町民団結力の活用など、町が関われるすべての支援を活用することが可能である。約5年間で提案185件のうち109件を採択している。

よこらぼ公式WEB:https://yokolab.jp/

株式会社CuboRexについて

農地や建築現場等の凸凹な「不整地」と呼ばれる場所での作業負担軽減や効率化に取り組むため、不整地産業において「欲しい者が欲しい物を生み出せる社会」の実現を目指し、動力内蔵型タイヤやクローラの開発・パーツ化・キット販売をするハードウェアスタートアップである。

社名株式会社CuboRex  
設立2016年3月31日 
所在地葛飾区堀切1-37-7
代表者乘京 正弘(のりきょう まさひろ)
事業概要不整地産業向けハードウェア研究開発・販売
URLhttps://cuborex.com/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

EBRU、アーティストや職人が手仕事で制作するBluetoothイヤホンの製作事業で注目!

【スタートアップスタジオインタビュー】アーティストや職人が手仕事で制作するBluetoothイヤホンで注目されているのが、佐藤怜さんが2021年4月に創業した株式会社EBRU。様々なウェアラブル製品が生み出されており、日常的に体に装着し続けても負担にならず、なおかつデザイン性や個性を表現できる製品開発が日進月歩で進んでいます。こうした動きに拍車がかかる中、Bluetoothイヤホンに注目した ‶アート×音楽×ファッション” な取り組みが話題に。株式会社EBRUの佐藤怜さんに、事業の特徴や今後の課題などについてお話をお聞きしました。 #EBRU #Bluetooth #イヤホン #スタートアップスタジオ #Creww #大挑戦時代をつくる

【募集】浜松市で実証実験&事業化を目指しませんか。全国からスタートアップを募集

【オープンイノベーションインタビュー】国土縮図型都市である静岡県浜松市では、本日より「令和4年度実証実験サポート事業」のプロジェクト募集を開始!全国のスタートアップに対して1年間、市内実証実験フィールドの提供や広報活動、最大200万円の助成、法制度に関するアドバイスを実施。さらに「トライアル発注制度」を新設して実験後の出口支援も強化するという。具体的にどのようなスタートアップを募集するのか。浜松市産業部スタートアップ推進課主幹の新村仁氏に話を伺った。 #募集 #浜松市 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。
Facebook コメント