12.8 C
Japan
火曜日, 6月 28, 2022

日野自動車「本気のDX」。デジタルがブルーオーシャンの物流業界を変革し、日本に活力を

1942年の設立以来、社会にとって必要不可欠なトラック・バスづくりを担い、日本の物流を支えてきた日野自動車。しかし、技術革新やライフスタイルの多様化に伴い、人や物の移動を取り巻く環境は急速に変化。さらに、ドライバー不足やCO2排出量の削減、持続可能な交通網の維持など、解決すべき社会課題は多岐にわたっている。

そこで、自社でのソリューション開発・提供だけでなく、他社との協業による社会課題解決を目指し、「HINO ACCELERATOR 2021 -HINO DE SAFARI-」を実施。スタートアップの技術やアイデアに日野のアセットを掛け合わせることで、物流業界や社会の課題を解決し、新たな価値提供を目指す。具体的にどのような思いで取り組んでいるのか、日野自動車CDO(Chief Digital Officer)デジタル領域長の小佐野豪績氏に話を伺った。

物流業界を変えるべく、本気で取り組むデジタル戦略

――日野自動車は2019年にDX推進部を立ち上げて、デジタル化に積極的に取り組んでいます。まずはその背景を教えてください。

1942年の設立以来、日野自動車はトラックやバスのメーカーとして日本の物流を支えてきました。しかし、物流を取り巻く環境は劇的に変化し、お客様のビジネスやニーズも多様化しています。

そこで中期経営計画として「Challenge2025」を掲げ、安全と環境、ドライバー不足といったさまざまな社会課題を解決すべく、さまざまな取り組みを進めてきました。具体的には3つの領域があり、一つは安全や環境技術を追求した最適製品の開発、次にアフターケアを含めたトータルサポート、そして最後が新たな領域へのチャレンジです。

なかでも、新たな領域へのチャレンジにはデジタルやビッグデータの活用、DX戦略が欠かせないことから、2019年に社内公募で精鋭を集めたDX推進部を発足しました。

――DX推進部によるDX改革を推進するために、ヤマト運輸やイオンで長年ITやデジタルを推進してきた小佐野さんがジョインされたのですね。

私はヤマト運輸では総責任者として物流の現場を見てきましたし、IT担当役員として長年ITやデジタルに関わってきました。ヤマトを出る決断をしたきっかけは、ドライバー不足と物量の増大という大きな課題を解決するには、ヤマトだけがデジタル化を頑張っても限界があると感じたからです。

配送視点だけでなく、荷主の視点も捉えて物流全体を変えるべきだと思い、荷主側の立場から物流を変える道を探ろうと、イオンにジョイン。しかし、イオンでも物流の現場はほとんどが手作業で、他の小売企業に声をかけてデータの標準化を試みましたが、簡単なものではありませんでした。

つまり、運輸1位のヤマトの立場でも、小売1位のイオンの立場でも、物流改革が難しかったというわけです。どうすれば物流業界を変えられるのか――。そう考えていたタイミングで、日野自動車から声がかかりました。

国内トラック業界は大手プレイヤーが4社のみです。「プレイヤーが少ないトラック業界だからこそ、物流の効率化に寄与できるかもしれない」「メーカーから卸、小売、ラストワンマイルまで、物流全体をつないでいるのはトラックだ」と気づき、2020年3月に日野自動車にジョインしました。現在はCDO(Chief Digital Officer)として物流改革に取り組んでいます。

変革には、メーカーには無い多様な目線が必要

――日野自動車にジョイン後、アクセラレータープログラムを開始するまでの1年間で取り組んだことを教えてください。

新たな領域の取り組みを加速していくために、日野にはどんなリソースがあるのかを細かく確認し、戦略を練りました。日野が目指すべきは、日野自身が車両から得られるビッグデータを活用した「ソリューションプロバイダ」になりながら、並行して外部に自分たちのデータを活用してもらう「データプロバイダ」にもなることです。

ただ、データプロバイダとしての経験はないので、データを取り出す技術面の整備とデータ活用における法的整備、社内ルールの整備を進めてきました。

――もともとデータは蓄積されていたのでしょうか?

車両の品質や開発、整備のためのデータはありました。ただ、それはあくまでより良い製品づくりやアフターサービスのためで、新しい物流サービスのためのデータではありません。これを変えるには、メーカーのものづくり目線だけではなく、もっと多様な目線が必要。

そこで、多様な目線の第一歩として、Hacobu社の物流管理ソリューション「MOVO Fleet」に、日野の標準搭載された車載GPSを連携させて、オープンな物流情報プラットフォームの構築と具体的なソリューションの提供に取り組んでいます。

今回、アクセラレータープログラムを導入したのも、メーカー視点ではわからないけれど、まったく違う視点が掛け合わさると何が生まれるのか、どんなデータがあれば課題解決につながるのか、いろんな視点で考えたいからです。

たとえば、コロナ禍で物量は大幅に増大していますが、ドライバー不足が解消されない上に運送効率も低いままです。特に、運送効率は多くのトラックが、積載率50%を切っていて、行きは荷物が満載でも帰りはスカスカという状態がほとんどなんですね。

積載率を100%に近づけるには、どんなデータを活用すればいいのかなど、メーカー目線では気づけないことがたくさんあるはずなので、多様なスタートアップと一緒に新たな価値を創出し、物流業界の変革につなげたいと思っています。

“リープフロッグ”で一気に変革を実現させたい

――今回のアクセラレータープログラムで、スタートアップに期待することを教えてください。

新しいビジネスの提案はもちろん、「こういうデータを取れると、こんな新しい可能性がある」といった提案にも期待しています。今回、開催に協力いただいている企業から地図から取れるデータや気象から取れるデータなども提供できます。いろんなデータの活用を模索したいと考えています。

そうして実現させたいのは、リープフロッグ型の急速な業界変革です。新興国で携帯電話が一気に普及したような変化を物流業界に生み出したい。デジタル化が進んでいないブルーオーシャンな領域だからこそ、このチャンスに、一気に変革を実現したいと思っています。

――急速な変革を求める背景には、どんな思いがありますか?

新しい時代の波に乗り遅れると、外資のデジタルの覇者に飲み込まれるのは時間の問題だと思うからです。ウーバーがあっという間にタクシー業界と飲食業界を変えたように、このままではデジタルの覇者がトラック業界や物流業界全体を変える可能性もあるでしょう。

もちろん、それは悪いことではないのですが、日野やお客様、物流を取り巻くさまざまなプレイヤーにとって嬉しい未来かといえば、そうとも限りません。だから、国内メーカーである日野自らが日本の物流業界を変革していく。今はまさにそのラストチャンスだと思っています。

日野自動車はデジタル化と業界変革、日本の活性化に本気で取り組みます一緒に物流業界の変革はもちろん、社会課題を解決したい、新しい価値を生み出して日本を元気にしたいと少しでも思っていただけたら、ぜひお話をしませんか。たくさんの提案をお待ちしています

「HINO ACCELERATOR 2021」の概要

募集期間: 2021年5月17日 ~ 2021年6月11日
対象企業: ソリューション開発の技術を持ち、協業をするための人的リソースのある法人(スタートアップ)

募集テーマ

●スマートな物流の実現のために

日野のコネクティッドデータを活用し顕在化している物流課題を解決するアイデア
・ ドライバーの運転、作業サポートにつながるもの
・ 駐車場など大型車ならではの困りごとを解決するもの
・ 長時間の荷待ちや長時間労働などの解決につながるもの
・ 空荷での輸送などの物流ロスを減らし、輸送効率の向上につながるもの 等 

●もっと豊かなモビリティ社会の実現のために


日野のコネクティッドデータを活用し、複雑化した社会課題を解決し移動や輸送を通じて豊かな社会に貢献できるアイデア
・ CO2による環境負荷を減らし、持続可能な人や物の移動につながるもの
・ 運行の効率化などによって交通弱者を生み出さない人流サービス
・ トラックやバスの安心安全な稼働につながるもの
・ 社会問題を解決して生活を豊かにするモビリティサービス 等

Facebook コメント
田村 朋美
2000年雪印乳業に入社。その後、広告代理店、個人事業主を経て、2012年ビズリーチに入社。コンテンツ制作に従事。2016年にNewsPicksに入社し、BrandDesignチームの編集者を経て、現在はフリーランスのライター・編集として活動中。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

蚕を使った「シルクフード」を次世代の代替タンパク質へ!フードテックのスタートアップ「エリー」

【スタートアップインタビュー】 Crewwが注目のスタートアップを掘り下げて紹介する『大挑戦時代を生きるスタートアップ特集』。今回は、蚕を使った代替タンパク質「シルクフード」を開発するフードテックのスタートアップ「エリー株式会社」へ伺いました。 サステナブルな次世代食品「シルクフード」は一体どのようなものなのでしょうか。また、昆虫食のなかでも、蚕に着目したのはなぜなのでしょうか。その社会実装の推進やマネタイズの面を含めた現在、さらには環境問題の解決を見据え、エリーが目指す展開とはー。 食品メーカー勤務の経験を生かし、新しい代替タンパク質の開発に向けて起業したエリー株式会社代表の梶栗 隆弘氏が、社会に広めたい想いーその熱い胸の内をお話くださいました。 #スタートアップ #インタビュー #FoodTech #シルクフード #エリー #昆虫食 #代替タンパク質 #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント