12.8 C
Japan
水曜日, 6月 23, 2021

【スタートアップスタジオ】大企業から4人のスタートアップへ転身ー「自分の時間をどこに投資したほうがいいか考える」

Crewwが運営するスタートアップスタジオ「STARTUP STUDIO by Creww」の各プロジェクトには、ファウンダー(創業者)だけではなく、一緒にビジネスを加速させるための重要なメンバーたちがいます。確かな熱意と覚悟をもってジョインしているメンバーインタビュー連載第1弾は、スタートアップスタジオをきっかけに大企業からスタートアップへ転身した小栗さんにお話を伺いました。

4500人規模の大企業から4人のスタートアップへ

今回インタビューしたのは、STARTUP STUDIO by Crewwプロジェクト[GiverGiver]に参加されていた、小栗さん。このプロジェクトを通して、4500人規模の大企業から4人のスタートアップへ転職した小栗さんに、心境の変化や体験談を聞いてみました。

経歴/プロフィール
Member File #01 小栗 佳祐さん 

大手ハードメーカーにてプロモーション担当として5年間勤務。
プロモーション戦略設計、広告宣伝、コンテンツのディレクションなど幅広い業務に携わる。Giver Giverの目指す世界観に共感しジョイン。

ー元々本業ではどんなことをしていたのでしょうか。

小栗:マーケティングの中でも私はプロモーション部分をメインに、プロモーションの戦略設計やKPIの設定などを担当していました。ウェブ広告や紙面などのオフライン広告宣伝、PR企画施策運営からWEBページ・動画のコンテンツ系のディレクションなど…プロモーションでいうとほぼ網羅している感じです。

本業の頃から、「スタートアップっていいなぁ」と思っていて、半年間くらい本業を続けながら業務委託という形でスタートアップで副業をしていました。

新規事業の創出サイクルが短くなる未来へ向けての一歩

ー元々スタートアップに興味はあったのですね!他のところでもスタートアップで副業をする中、今回スタートアップスタジオに参加したのはなぜですか?

小栗「事業の立ち上げの経験をしたい」というのが一つの大きな理由です。今後ますます、大手や中小関係なく新規事業を生み出していくサイクルが短くなっていくと感じていました。その中で、ゼロイチができるプレーヤーというのはどの環境でも必要とされてくるのではないかと思っています。

また今後は、事業ごとの採用が活発していくと思っていまして、そのジョブ型雇用と呼ばれるものですかね。そうすると、転職や副業・兼業といったものが盛んになり人材が流動的になって、より優秀な人材を長期で確保するのが難しくなってくるのではないかと思います。

そこで、マーケターはどうなっていくだろうと考えた時に、10から100にするマーケターよりも、0から1や、1から10ができるマーケターが求められる回数が増えてくるのではないかと思いシフトしました。

ー大企業の中で、新規事業の部門にいこうとしたりは考えなかったのですか。

小栗氏:会社によると思いますが、新規事業をバンバン立ち上げるようなプロフェッショナルもいなかったので、ロールモデルがいないというのもありましたし、やっぱり大手すぎると社内調整が大変で、そこに時間を割きたくないという思いもありました。

ー大手からスタートアップって勇気もいると思うのですが、大きく気持ちが変わった瞬間ってありましたか。

小栗:大手にいた時から、個人で事業を立ち上げようと活動していたりしたのですが、結局失敗したりポシャってしまって、挑戦したい気持ちはあるものの、なかなか見本がない中でGiverGiverに参加してみて、「こういう風に進めるんだなー」とか勉強になりましたね。

またGiverGiverはメンバー同士仲良くてすごい楽しくて、こういった人たちと働きたいという気持ちや一緒に学んでいく中で、スタートアップで働く姿が想像でき頑張れそうだなと思ったので、スタートアップにいく決心をしました。

ー不安はなかったですか。

小栗:ありましたね。結構怖かったです(笑)。どうしても大手企業と比べると、福利厚生なども下がってしまうので。子どもがいるので家族のこともありますしね。

ーご家族の反応はどんな感じでしたか。

小栗氏:最初の頃は、妻も個人や副業でやればいいんじゃないって感じでした(笑)。ですが、自分自身も大手に居続けるビジョンもなかったのでそこは納得してくれました。

ー実際にスタートアップへ転職してみていかがでしたか。

小栗:そうですね、本当に自由にやらせてもらえています。今までだと社内調整等で時間がかかったりしていましたが、その時間がほとんどなく、成果を出すための工夫を考え、進めていくための時間を多くとれるようになりました。

また、大企業にいた時はプロモーションしかできず、それだけに限界を感じていました。こんな機能があったらいい、などユーザー声をよく聞くのに、色んなしがらみでプロダクトに反映してもらえなかったり。やっぱり目指したいマーケターとして事業全体を見れるようなマーケターになりたくて、大手企業だとどうしてもある程度キャリアを築いて上のほうまでいかないとポジションをもらえなかったりするので。

スタートアップは人数が少ない分、営業が何やっているか分かりますし、開発の人ともダイレクトにコミュニケーションが取れるので、どんなことを考えているのか理解が深まったり、こういう視点が足りないからPMFうまくいかなかったんだなぁと発見があります。

ー「自分で考えて進める」というのはやっぱり大企業とは違うのでしょうか。

小栗:そうですね。大手にいた時はある程度土台があってそれを推進していくイメージでしたけど、スタートアップはそもそもの土台すらなくて…マーケもやりながらプロダクトのことを考えたりと、事業全体を見ながら推進ができるのですごい幅が広がりました。

自分の時間をどこに投資すべきか

小栗自分の時間をどこに投資したほうがいいか、というのは常々考えた方がいいと思います。私の場合ですと、ゼロイチの実績をつくりたくてSTARTUP STUDIO by Crewwに参加したり、スタートアップで副業したりしていました。

お金が欲しいとか福利厚生がいいなど色々あると思うんですが、何の経験が欲しくて、この会社に、このポジションにいるんだっけ?というのを考えるといいと思います。

今いる会社の業務内容やポジションが、自分のなりたい人物像への最短距離ではないと感じるのであれば、会社の規模だけにとらわれず、転職を視野に入れてみてはいかがでしょうか?

ー小栗さん、ありがとうございました!常に自分と向き合い、挑戦に挑んでいる小栗さんの姿にとても刺激を受けました。STARTUP STUDIO by Crewwでは本業で仕事を続けながらも、挑戦しているメンバーがたくさんいます。是非、一歩踏み出して何か新しいことに挑戦したいと感じている方、STARTUP STUDIO by Crewwでお待ちしております!

https://studio.creww.me/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【募集】「人間と自然の掛け橋」に。兵庫県加古川市の優良企業ムサシがスタートアップ協業

【オープンイノベーションインタビュー】 明治時代に全国屈指の金物のまち兵庫県三木市で金物問屋として創業し、1983年にムサシを設立。加古川に本社を置く同社は、高枝切鋏のムサシとして業績を軌道に乗せ、今現在はセンサーライトと園芸用品のムサシとして事業成長をしている優良中堅企業です。 そんな人と自然に関わる事業を展開する地域の牽引企業として、ここ数年最前線で課題に感じているのは、高齢者が加速するライフスタイルの多様化についていけない現状なのだとか。 そこで、スタートアップとの協業により、企業の枠を超えて社会課題解決につながるサービスや製品を生み出すべく、Crewwのオープンイノベーション支援サービスを使い、アクセラレータープログラム開催に向けて一歩を踏み出しました。 オープンイノベーションに乗り出すに至るまでの思いを、株式会社ムサシ代表取締役社長の岡本篤氏に伺ってみました。 #アクセラレータープログラム #オープンイノベーション #スタートアップ #ムサシ #大挑戦時代をつくる #Creww

【募集】日野自動車「本気のDX」。デジタルがブルーオーシャンの物流業界を変革し、日本に活力を

【アクセラレーターインタビュー】 1942年の設立以来、社会にとって必要不可欠なトラック・バスづくりを担い、日本の物流を支えてきた日野自動車。しかし、技術革新やライフスタイルの多様化に伴い、人や物の移動を取り巻く環境は急速に変化。さらに、ドライバー不足やCO2排出量の削減、持続可能な交通網の維持など、解決すべき社会課題は多岐にわたっています。 そこで、自社でのソリューション開発・提供だけでなく、他社との協業による社会課題解決を目指し、「HINO ACCELERATOR 2021 -HINO DE SAFARI-」を実施。スタートアップの技術やアイデアに日野のアセットを掛け合わせることで、物流業界や社会の課題を解決し、新たな価値提供を目指しています。具体的にどのような思いで取り組んでいるのか、日野自動車CDO(Chief Digital Officer)デジタル領域長の小佐野豪績氏に話を伺いました。

「呼べば5分で届く世界」セイノーHDとエアロネクストがオープンイノベーションで描く空の革命

【アクセラレーターインタビュー】 既存物流とドローン物流を連結・融合させた新スマート物流サービスを確立すべく、2021年1月にセイノーHDとエアロネクストが業務提携を締結。現在、山梨県小菅村にて、無在庫化と無人化を特徴とする、スマートサプライチェーン「SkyHubTM」の実証と実装にむけたプロジェクトを展開中です。 今回は、セイノーHDの河合 秀治氏とエアロネクスト田路 圭輔氏にご登壇いただき、「 SkyHubTM」についての詳細や協業に至った経緯、今後のビジョンなどについてお話しいただきました。 #オープンイノベーション #業務提携 #アクセラレーターインタビュー #セイノーホールディングス #エアロネクスト #SkyHubTM #スカイハブ #小菅村 #実証実験 #ドローン物流 #大挑戦時代をつくる #Creww

物流ソリューションの未来を切り開く為、これまでの常識にとらわれない「次の物流」の開発に、スタートアップの皆さまとチャレンジさせていただきたい。

【アクセラレーターインタビュー】 物流業界大手の佐川急便が、2021年度もアクセラレータープログラムを実施します。2014年からオープンイノベーションに積極的に取り組んできた同社は、スタートアップとのアライアンス活動の要となる新たな基地として、昨年「HIKYAKU LABO」を新設。物流を取り巻く環境や顧客ニーズが激変する中、スタートアップとの協業によって持続可能な社会を作るべく、社会課題の解決に取り組んでいます。「アクセラの審査には通過しなかったとしても、応募いただいたスタートアップとは何かしらの協業を模索したい」と語る執行役員・藤野博氏に、佐川急便がオープンイノベーションに取り組む背景やスタートアップと狙いたい領域などを伺いました!
Facebook コメント