12.8 C
Japan
月曜日, 10月 3, 2022

【新規事業インタビューvol.7】ウェビナーをもっと効率的に。もっと出会いの場を。新しいイベント管理ツール – Connelva

「STARTUP STUDIO by Creww」は、“本業を退職せず”事業を実現できる、個人を主体としたインキュベーションプログラムです。プログラム運営担当の寺田が”社会を変える挑戦”に挑む新規事業開発について紹介するインタビュー第7弾ー。今回は「コネルバ」ファウンダーのせきともさんにお話を伺いました。

コネルバとは?

ウェビナーに特化して、イベントのページ作成・集客・開催ができ、ビジネスネットワーキングを最大化するサービスのことです。自社開催していたウェビナーや、参加していた商談会などに導入することで、同じ目的意識を持つ多様な参加者や出展社の担当者が気軽にその場で繋がり、ネットワーク拡大・商談増加を促進します。
※サービスサイトはこちら。​

せきともさん
お話を伺った人:コネルバファウンダー/せきとも氏
インタビュアー: Remi Terada/STARTUP STUDIO by Creww運営担当

※その他メンバーはこちら

目次

  1. コロナ禍でもセレンディピティな出会いの場を
  2. コネルバが提供する価値 – ネットワーキング を促進するマッチング機能
  3. 事業にコミットするためにチームメンバーは最低限で
  4. 先頭に立つ者はとにかく旗を振り続ける
  5. ゼロイチ体験でビジネス戦闘力を高める

コロナ禍でもセレンディピティな出会いの場を

ー今回、どうしてコネルバのようなサービスを作ろうと思ったのですか。

せきとも氏:理由は大きく2つあります。
1つ目は、私の興味が「人や情報を繋げる」ところにあるからです。私が通っていた学校は、いわゆる「オタク」が多く、私もパソコンと向き合うことが多い中で、課外活動紹介サイト、ゲーム攻略の掲示板、学外イベントのフライヤーづくりなどに没頭していました。その中で、自分で創ったものが最終的に情報を届けたり、人と人とを結びつけていたことに喜びを感じていました

2つ目は、コロナの拡大です。私が本業にしているマーケティング領域では、セミナーやカンファレンスがかなりの頻度で開催されています。それがコロナ禍により、オンラインイベントにシフトしていく中、リアルで得られていたネットワーキングが思うように出来ないことに違和感を感じました。自分のキャリアはもちろん、人と人の繋がりで成り立っている経済において、目的や相性が合う相手と、気軽かつ偶発的に出会える環境がないことは、ネガティブインパクトになると考えたのです。

コネルバのようなサービスが自分自身も欲しいと感じアイデアを練っていたところ、Facebookの広告で「本業と並行しながら新しいビジネスをつくろう」というワードを見つけ、STARTUP STUDIOに応募しました。

eokatochiコネルバのビジネスモデル

コネルバが提供する価値 – ネットワーキング を促進するマッチング機能

ーイベント管理ツールは他にもありますが、コネルバが提供する価値はどこにあるのでしょうか。

せきとも氏:コネルバは、参加者同士の交流をしやすくするマッチング機能にフォーカスしている部分で独自性を出しているプロダクトです。

主催者側の…

「オンラインだと、参加者との距離を縮めづらい…」
「参加者にイベントやコミュニティへの興味を持ってもらいにくい…」

といった悩みと、参加者側の…

「オンラインイベントのネットワーキングに物足りなさを感じる…」
「オンラインでいきなり話すことに抵抗がある…」

といった悩みをコネルバが解決します。

コネルバでは、目的と相性が合う相手を自動でマッチングし、マッチングした相手の中で直接話してみたい相手を選べるので、主体性とモチベーションが生まれ、交流に価値が生まれやすく、イベントに参加する意義も高まります。

コネルバマッチング画面

\イベント主催者の方、是非コネルバをご利用ください👩‍💻/
コネルバでは主催者様向けにサービスをオープンいたしました!
👇イベント企画者の方は、ぜひ下記より登録をお願いします👇

Connelva(コネルバ) – ウェビナーで、出会おう。connelva.com

ーオンラインイベントはとても便利ですが、その後の交流会や、横にいる人と気軽にお話できない、という懸念点は確かにありますね。ちなみに、コネルバでは今後どんなことを予定していますか。

せきとも氏:アンケート機能の拡充、有料イベントや決済への対応、複数人でのマッチ・トークルームなどの機能強化を予定しています。
主催者側はもちろん、ユーザーの満足度を高め、「ビジネスが始まる」という独自のサービス価値を高めて参ります。

事業にコミットするためにチームメンバーは最低限で

ー今回のプロジェクトで「メンバー選び」は非常に重要なキーポイントとなりましたが、せきともさんはどのような観点で仲間集めをされたのでしょうか。

せきとも氏:学生時代にも何度か事業創りに挑戦してきましたが、人が多ければ多いほど大変さを感じていました。人が多ければ、多くの人を巻き込まなければならず、その”巻き込む”というところに自分の労力と時間を使ってしまうからです。
今回は、「事業を創る」点にコミットしたかったので一番最初の0から1にするところは、本当に少人数で良いという考えがありました。今回のコアメンバーは3人で進めています。

ーチームアップで大変なところはありましたか。

せきとも氏:一番大変なのはメンバーのモチベーション管理です。特にこういったプロボノ でやっているプロジェクトは報酬が発生する訳ではないので維持が難しいです。

先頭に立つ者はとにかく旗を振り続ける

ーチームの維持・人を動かすといった点で今までも壁にぶつかる場面があったようですが、今回はどのようなことを意識しましたか。

せきとも氏:一つ目は、少ないメンバー間でも「共通認識をもって、共有すること」です。
以前メンバーの一人とユーザーヒアリングをした時です。どちらかというと私達の方が、壁打ちをしてもらっている様な、様々な質問を頂く時がありました。

『どうしてサービスをつくり続けたいの?』
『何をつくっているのかゴールが見えない』
『機能としてはいいけど、結局何がしたいんだっけ?』

質問の回答に行き詰まった私に、メンバーの一人が横でこう言ってくれたのです。

「私はコネルバがこれから向かっていくビジョンに共感して入りました。その理由は、ウェビナーやマッチングはあくまでも手段で、その先にある人と人との繋がり、ビジネスを最大化する為の機会を増やしていくためにコネルバは存在すると聞いたからです」

ついつい、「少人数だから…」とビジョンを疎かにしがちですが、全力で同じ方向を向く今だからこそ1本の軸をもち、チーム全員の意識を統一する。共通認識を持つことで、モチベーションを保てるようになりました。

2つ目は、「とにかく旗を振り続けること」です。
大学時代に400人規模のサークルの代表をしていました。その時に一番大変だと思ったことが、メンバーのモチベーションコントールです。400人もいると末端まで僕の意思や方針を伝えるのはほぼ無理です。
そこで大切な事が、とにかく旗をふってビジョンや理念を浸透させていくことです。当時は、定例を実施し、メールで熱い思いを送り、紙媒体でサークル報を作成しましたが、そういうことは規模に関わらず今も大切なことだと感じています。

ゼロイチ体験でビジネス戦闘力を高める

ーSTARTUP STUDIOに参加してみていかがでしたか。

せきとも氏:本業の広告代理店ではマーケティングに従事しておりますが、「何でもやらなくてはならない力」というのは大企業ではまず身に付きません。

今回の参加は、エンジニアの進行管理のPM的な動きから、インサイト調査に加え、デザイナー不在の為デザイン関連は自身でやらなければならず、お金はどうすれば…など、何もかも自分でやる必要がありました。これらは、企業に勤めているだけでは学べないことだらけです。

この「何でもできる」ということは、一言で言うと「ビジネス戦闘力」だと思っており、体験をもとに自分の口で話をする機会が増えてくれば、自分の畑だけでない他領域の知見から視座を高めることにも繋がり、後々の自分のキャリアで役立つものがあると思っています。

Startup Studioとは?

ー最後に新規事業に挑戦したい人に向けて一言お願いいたします!

せきとも氏:新規事業でも何でもそうですけれど、こういうことはやったもん勝ちです。「作り切れませんでした」「使われませんでした」「儲かりませんでした」という結果になったとしても、そのプロセスに価値があるので是非挑戦してみてください!

Connelvaとの協業へ興味のある事業会社様や団体の方、
チーム参画へ興味のある個人の方はこちらからご連絡ください!
コネルバマガジンも更新中です!

記事:Remi Terada/STARTUP STUDIO by Creww運営担当
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

【スタートアップ募集】第一三共ヘルスケアと一緒に、「ヘルスケア」領域に新しい価値を創出しませんか

【オープンイノベーションインタビュー】「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」をコーポレートスローガンに掲げ、鎮痛薬「ロキソニン」をはじめ、かぜ薬「ルル」、キズ薬「マキロン」など、生活に身近な市販薬ブランドを多数展開する第一三共ヘルスケア。他にも、敏感肌向けスキンケアブランド「ミノン」やオーラルケアなど、さまざまな製品を展開している。そんな同社は、もっと幅広くヘルスケアや生活改善に貢献すべく、製薬会社だけでは発想できないアイデアや技術を求めて、アクセラレータープログラムの実施を決定した。具体的に、どんなスタートアップとの協業に期待しているのか。同社・経営企画部の松尾健氏と製品企画室の古市亜美氏に話を伺った。 #第一三共ヘルスケア #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント