12.8 C
Japan
火曜日, 7月 7, 2020

ブロックチェーンハブが日本IBMとオンラインセミナー「社会課題の解決に挑戦するブロックチェーン」を共催

ブロックチェーンハブは、ブロックチェーンハブコーポレート会員の日本アイ・ビー・エムと共催で、「エンタープライズ領域におけるブロックチェーン – 社会課題の解決に挑戦するブロックチェーン活用例」と題し、オンラインセミナーを2020年7月16日(木)に開催する。

「ブロックチェーンは破壊的なイノベーション」と言われ始めてから数年が経ち、ブロックチェーンの社会実装は着々と進んでいる。そして、日本IBMが推進するコンソーシアム型ブロックチェーンプラットフォーム Hyperledger Fabric上では、様々なプロジェクトが展開されている。

本セミナーでは、30年間で漁業生産量が半減した日本の水産業の現状と課題、そしてその対応策におけるブロックチェーンを活用する意義、トレーサビリティの重要性に注目する。そして、「持続する豊かな海」「持続可能な漁業」の実現を支えるエコシステム構築に挑戦する「Ocean to Table Project」についてデモを交えて紹介する。

開催概要

日時:2020年7月16日(木)19:00〜20:40
場所:オンライン(Zoom)
参加費用:無料
参加登録:https://blockchainhub20200716.peatix.com

登壇者略歴

株式会社シーフードレガシー
村上春二
取締役副社長/COO

国際環境非営利機関 Wild Salmon Centerそしてオーシャン・アウトカムズ(O2)の設立メンバーとして日本支部長に従事した後、株式会社シーフードレガシー取締役副社長/COOとして就任。漁業者や流通企業と協力し、日本では初となる漁業・養殖漁業改善プロジェクト(FIP/AIP)を立ち上げるなど、漁業現場や水産業界そして国内外のNGOに精通しIUU対策などを含む幅広い分野で日本漁業の持続性向上に対して活動している。多くの国内外におけるシンポジウムや水産関連会議やフォーラムでの登壇や司会などを務めるなど、国内外で活動する。
· 米国 Scaling Blue 運営委員
· 水産庁養殖業成長産業化協議会 委員

アイエックス・ナレッジ株式会社
田島清博
オープンイノベーション戦略事業部 事業部長

同社入社後、通信業担当SE・マネージャ―等を経て、民需向けシステム開発部門を統括。2018年より新たな成長事業を推進する同事業部長に就任、 以降ブロックチェーンに着目し技術習得へ注力すると共に、同社の得意とする通信・製造流通業等、様々な業務知識や経験と融合させた新たなサービスを構築すべく推進中。
「持続可能な漁業 Ocean to tableプロジェクト」「持続可能な酒造り Sake Huddlersプロジェクト」同社責任者。 

日本アイ・ビー・エム株式会社
髙田充康
ブロックチェーン事業部 事業部長

鉄鋼会社担当SE、新規顧客開拓技術営業・マネージャーを経て 2012年より中国IBMにおける新規顧客開拓プロジェ クトに従事するため北京に赴任。帰国後、ブロックチェー ン・クラウド・サービスの国内データセンター立ち上げを リードし、2018年より日本アイ・ビー・エムおけるブ ロックチェーン事業に責任を持つ。

株式会社ブロックチェーンハブ
増田剛
COO(Chief Operating Officer)

重電メーカー・戦略コンサルティング・メガバンクを経て、ブロックチェーンハブに参画。一般社団法人日本セキュリティトークン協会 代表理事、株式会社クロスデジタル 代表取締役を務め、ブロックチェーンの社会実装推進、およびブロックチェーンコミュニティの運営に携わる。他に、大阪大学オープンイノベーション機構アドバイザー、慶應義塾大学SFC研究所上席所員、日本ビジネスモデル学会 執行役員も務める。英国ケンブリッジMBA、英国British Blockchain & Frontier Technologies Association創設メンバー。

 株式会社ブロックチェーンハブについて

「ブロックチェーン技術を用いた新事業の創造」をミッションに掲げ、①ブロックチェーン技術関連の教育- Blockchain Academy、②コーポレート会員制度を軸にしたビジネスコミュニティ(日本アイ・ビー・エム株式会社・三井不動産株式会社・デロイトトーマツコンサルティング合同会社など17社が登録)の運営・事業開発支援、③起業家候補生の創業支援- Blockchain Business Incubation、を展開。同社スタートアップメンバーコミュニティには、主に創業支援プログラムの下で設立された企業が加盟し、ブロックチェーン等の先端技術を活用したプロダクト・サービスの開発に取り組む。

社名 株式会社ブロックチェーンハブ
設立2016年1月
所在地東京都中央区日本橋本町4丁目8番16号千城ビル5階
代表者代表取締役 増田一之
URLhttps://www.blockchainhub.co.jp
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...

「イノベーション立県」広島のオープンイノベーションによる地域課題解決

数年前より、国をあげての「オープンイノベーション」に関する取組が活発化してきており、各自治体においても、イノベーションを加速させるべく様々な施策が練られている。今回は広島県の象徴的なオープンイノベーション事例について広島県を代表して商工労働局イノベーション推進チーム担当課長の金田典子氏と「広島アクセラレータープログラム」の仕掛け人で広島銀行法人営業部 金融サービス室シニアマネージャーの栗栖 徹 氏にお話を伺った。

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。