12.8 C
Japan
火曜日, 7月 7, 2020

挑戦するスタートアップを支援する「NEXs Tokyo」事業を東京都が始動!

東京都は、全国各地のスタートアップに対して、企業や自治体との業種・業界・地域を超えた連携により新事業を創出・展開していく場と機会を提供する、新しいかたちのスタートアップ支援事業「NEXs Tokyo(ルビ:ネックス トウキョウ、総称:Nexus Ecosystem Xs Tokyo)」を始動する。

「NEXs Tokyo」では、オンラインと拠点施設の2種類のコミュニティを提供する。
その第一弾として、2020年6月17日より、全国各地のスタートアップと、その支援パートナーとなる企業や自治体が、オンラインで相互連携の幅を拡げるためのコミュニティ「オンラインサロン」をオープンする。

NEXs Tokyoとは?

国内外への事業展開・事業加速に挑戦する全国各地のスタートアップと、イノベーションの促進に取り組む多種多様なヒト・事業・組織を結びつけ、業種・業界・地域を超えた事業を創出していくコミュニティの名称で、東京都が主催している。

NEXs Tokyoの目的

スタートアップ支援機関などを中心とした全国各地の既存のスタートアップコミュニティと相互に連携しつつ、企業や自治体を支援パートナーとして、都内スタートアップだけではなく、更なる成長を目指して新たな試みに挑戦する全国のスタートアップを支援することで、東京から全国各地にまで広がる広域的なスタートアップエコシステムの形成を目指す。

そして、業種・業界・地域を超えた事業を創出していくコミュニティとして、またスタートアップのニーズに応えて最適な支援を提供する既存のスタートアップコミュニティのHUBとしての機能を提供する。

<これまでに無い広域的な連携や展開を目指し、多くの課題解決に挑む>

NEXs Tokyoの特徴

NEXs Tokyoでは、オンラインと拠点施設の2種類のコミュニティにより、挑戦するスタートアップと支援・連携するパートナーが、集い、繋がり、成長・発展していく場と機会を提供していく。

この度先行してオープンする「オンラインサロン」は、スタートアップやパートナーが活動地域の違いを乗り越えて幅広く集い、繋がることで、成長・発展するきっかけとなる役割を担う。

2020年夏以降東京・丸の内にオープンする「コミュニティスペース」は、スタートアップやパートナーが実際に対面し、お互いの熱意や想いを知り、信頼関係を築くことで、成長・発展を加速させる役割を担う。特に、お互いの活動地域が離れている場合には、まず「オンラインサロン」で面識をつくり、その後に「コミュニティスペース」で対面するといった、効率的な利用が可能となっている。

<「オンラインサロン」と「コミュニティスペース」の2つのコミュニティ>


NEXs Tokyoにおける支援

NEXs Tokyoの2つのコミュニティでは、マッチングコンシェルジュとコミュニティマネージャーがビジネスとコミュニティのプロフェッショナルとして、利用者同士の連携を支援する。
*マッチングコンシェルジュは、利用者同士のマッチングや事業創出・組成のための実践的な支援を行う。
*コミュニティマネージャーは、利用者同士のコミュニティ形成のための仲介や、さまざまなイベント・情報発信の企画運営など、コミュニティ利用体験を通じた関係づくりを行う。

また、NEXs Tokyoは、全国各地への事業展開に向けた具体的な手法を学びたいスタートアップを対象として、5ヵ月の短期集中で開催する「モデル事業創出プログラム」も用意している。

 

「オンラインサロン」の機能

「オンラインサロン」では、今後、主に以下の取組を企画している。

・with/afterコロナ期にも役立つ、スタートアップ向けの情報番組を配信
・YouTube番組やWEBラジオなどにより、全国の会員スタートアップ・パートナーの事業を紹介
・会員スタートアップ・パートナーは、オンラインサロンを通じ全国に向けて事業の発信が可能
・お互いに興味を持った会員スタートアップやパートナーが出会えるコミュニティの提供(例:ミートアップ、登録した会員同士がやり取りできるオンラインコミュニティ)
・企業の成長フェーズにあった事業相談や、適切な連携先へのつなぎ込み

*一部の機能を利用するためには、会員登録が必要。

「オンラインサロン」では、毎週新しい発信型・参加型のオンラインコンテンツを配信予定である。詳しくは、公式HPの「オンラインサロン」ページを参照。
(URL)https://nexstokyo.jp

 

オンラインサロンキックオフ特別企画動画を公開

動画
〇NEXs Tokyo事業紹介:
(URL) https://www.youtube.com/watch?v=1SNHXDtP9RM

〇オープニング特別企画-先進自治体取組紹介(神戸市):
(URL) https://www.youtube.com/watch?v=TzGppyXt-3s&t=369s

〇NEXs Tokyo プログラム第一期採択企業紹介動画:
(URL)Carstay https://www.youtube.com/watch?v=vo5E2Lt7BdQ&t=33s
(URL)SEKAI HOTEL https://www.youtube.com/watch?v=doAdpxaEAto&t=218s

NEXs Tokyoに参加するには?


「オンラインサロン」における配信コンテンツは、誰でも視聴することが可能である。

会員登録をすることで、会員同士がやり取りできるオンラインコミュニティや、参加者限定のミートアップなどにも参加が可能となっている。興味のある方は公式HP参照。
(URL)https://nexstokyo.jp

NEXs Tokyoのビジョンや内容に関心がある方、参画を希望するスタートアップ、団体や個人の皆様、ぜひ「NEXs Tokyo」と検索し、公式HPや公式SNSにアクセスして下さい。

PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...

「イノベーション立県」広島のオープンイノベーションによる地域課題解決

数年前より、国をあげての「オープンイノベーション」に関する取組が活発化してきており、各自治体においても、イノベーションを加速させるべく様々な施策が練られている。今回は広島県の象徴的なオープンイノベーション事例について広島県を代表して商工労働局イノベーション推進チーム担当課長の金田典子氏と「広島アクセラレータープログラム」の仕掛け人で広島銀行法人営業部 金融サービス室シニアマネージャーの栗栖 徹 氏にお話を伺った。

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。