12.8 C
Japan
土曜日, 1月 29, 2022

【募集開始!】mint×デライト・ベンチャーズ|社会人向け起業支援プログラム『Springboard 2022』

mintとデライト・ベンチャーズが、社会人向けの起業支援プログラム『Springboard(スプリングボード)2022』を開催。2021年12月27日(月)よりエントリーを開始しました。

『Springboard』開催の背景について

『Springboard』は、本気で起業を考えている社会人への、3ヶ月間の起業支援プログラムです。

「起業のハードルをとことん下げ、起業することを当たり前のキャリアパスにしたい」そんな想いを掲げるデライト・ベンチャーズと、「大手企業や事業会社からスピンアウトしてスタートアップする起業家を積極的に応援したい」と願うmintが共同開催します。

本年で3回目となる「Springboard 2022」では、過去の運営実績を鑑み、mintおよびデライト・ベンチャーズ 2社を通じて、1社あたり最大1億円の出資枠を用意しました。本プログラムの期間中のメンターは、デライト・ベンチャーズの永原 健太郎氏、山下 昌紀氏、mintの白川 智樹氏、木暮 圭佑氏、岡澤 雄介氏、田島 ひかる氏が担当します。

(写真左上から岡澤 雄介、山下 昌紀氏、齋藤 侑里子氏、白川 智樹、永原 健太郎氏、田島 ひかる、南場 智子氏、木暮 圭佑)

『Springboard』の特徴

3ヶ月のプログラム期間中は、メンターによる事業のブラッシュアップの伴走以外にも、先輩起業家やベンチャーキャピタルなどのスタートアップコミュニティへのアクセス手段の提供、会社設立に向けた各専門家とのネットワークの提供など、起業までのサポートと起業後のスタートダッシュを応援します。

また3ヶ月間のプログラム最後には、デライト・ベンチャーズ マネージングパートナー(兼株式会社ディー・エヌ・エー 代表取締役会長)の南場 智子氏など著名起業家やベンチャーキャピタルに対してのデモデイを実施し、資金調達の機会も提供します。

『Springboard』過去実績について

過去2回のプログラムでは14チームを採択し、2021年12月時点で11社がプログラム終了後に起業に至り、6社が資金調達を完了しています。また、シード、シリーズAラウンド合計で3.5億円規模の資金調達を実施した企業や、シードラウンドで2億円の資金調達を完了した企業も生まれています。

<過去プログラム参加企業(一部)>
・株式会社ロックオン 陣出 岳仁氏 https://6onx.com/
本プログラムを通じ、多くのVC方へのピッチやご相談、フィードバックの機会をいただいたことで、その後の資金調達及び事業推進を解像度高くスピードを上げて進めることができました。
また当社はプログラム期間中に法人を設立したのですが、白川さんには法人設立に関してもサポートもいただき、非常に心強かったです。

・9seconds株式会社 代表取締役CEO 渡邊 将太氏 https://quicker.app
本プログラムを通じて、アプリコット・ベンチャーズ(現mint)からのシードラウンドでのご出資に繋がり、起業・事業を前進させることができました!社会人の方で起業に少しでも興味がある方はまず応募することをおすすめします!人生を変える大きなチャンスです! 

・株式会社Smart Craft 浮部 史也氏 https://smartcraft.jp/
本プログラムを通じて、スタートアップに挑戦する上での必要な知識や経験を、非常に短期間で吸収することができました。また、VCの方々と日々ディスカッションをすることで、より事業アイデアがブラッシュアップされていきました。大企業にいるけど起業に興味がある方は、ぜひチャレンジすることをお薦めします。

・株式会社Mesh 佐藤 峻氏
通常、VCとのアポは(話が進展しない限り)何度も取れるものではありませんし、取れてもあくまで出資者・被出資者の関係での話をします。一方、本プログラムでは、投資家の方が伴走パートナーとして3ヶ月間付き添ってくれ、想像以上に密にコミュニケーションを取りますので、カジュアルな話もできるようになります。その過程で投資家の方の考えもわかるようになり、それを理解した上で事業プランの練り方・ピッチの仕方を学べたことは、他では得られない貴重な体験でした。

プログラム概要

本プログラムは3ヶ月での資金調達・起業を本気で目指す社会人向けのプログラムになります。著名起業家やVCのメンタリングを受けながら、プログラムが終わる4月には起業することを目指します。

対象者 以下いずれかに当てはまる方

①3ヶ月以内の起業を決めており、具体的に準備を進めている社会人
②半年以内に本気で起業する覚悟を持つ社会人
※事業案が固まっていない/起業する際の共同創業者が決まっていない方でも参加可能です。
※プログラム参加者で外部露出を希望しない方は、個人情報のメディア掲載は致しません。

プログラムスケジュール

・応募期間:2021年12月27日(月)〜2022年1月13日(木)
・面談期間:2022年1月11日(火)〜1月25日(火)
・参加決定通知:2022年1月28日(金)
・初回キックオフ:2022年2月9日(水)
・プログラム期間:2022年2月〜4月

以下、具体的なスケジュール
-勉強会①:2/16(水)  9seconds株式会社 代表取締役CEO 渡邊将太氏(Springboard第1回参加者)
-デモデイ①:3/2(水)  株式会社ANOBAKA パートナー 萩谷 聡 氏
-勉強会②:3/16(水)  株式会社10X 代表取締役CEO 矢本 真丈 氏
-デモデイ②:3/30(水) Spiral Capital株式会社 パートナー 千葉 貴史 氏
-勉強会③:4/13(水)  株式会社SmartHR 代表取締役 宮田 昇始 氏
-最終デモデイ:4/25(月)デライトベンチャーズ南場氏含めて審査員一同
※プログラム期間中、企業に在籍中の方は平日夜や週末をメインに活動できます。また、平日に行われる上記のキックオフやコンテンツ等も夕方以降の開催を予定しています。

エントリーの流れ

以下のエントリーフォームから応募し、書類審査に合格した方から随時、オンラインでの面談の連絡をします。
・応募概要URL:https://springboard.camp
・詳細・エントリーフォーム https://forms.gle/j1tvPucc1pKxBWiD8
・応募期間:2021年12月27日(月)〜2022年1月13日(木)

参加者へ提供する主なサポート

1.事業のブラッシュアップ
3ヶ月間、平日夜や週末を使って、ベンチャーキャピタリスト6名がメンターとして事業領域の選定や事業のブラッシュアップ、投資家に向けた発表準備を伴走します。

2.コミュニティ
期間中、定期で勉強会/交流会を実施し、スタートアップコミュニティとのアクセスを提供します。また、同じく起業準備を行う「起業同期」とプログラムを通じて切磋琢磨することができます。勉強会では、株式会社SmartHR宮田氏や株式会社10xの矢本氏をはじめとする先輩起業家や、株式会社ANOBAKA萩谷氏やSpiral Capital株式会社千葉氏などのベンチャーキャピタリストからのフィードバックを受けることができます。

3.会社設立支援
スタートアップ支援に強いバックオフィスの専門家の紹介など、会社設立及び資本政策立案の支援を行います。

4.資金調達の機会
3ヶ月間のプログラム後には、デライト・ベンチャーズの南場や著名ベンチャーキャピタルのパートナーが参加するデモデイを開催し、資金調達を交渉する機会を提供します(プログラム採択時に、mintまたはデライト・ベンチャーズからの出資受け入れ義務はありません)。

■メンター/アドバイザリー

・メンター
デライト・ベンチャーズ プリンシパル 永原 健太郎氏/シニアアソシエイト 山下 昌紀氏
mintジェネラル・パートナー 白川 智樹氏/ジェネラル・パートナー 木暮 圭佑氏/インベストメント・マネージャー 岡澤 雄介氏/アソシエイト 田島 ひかる氏

・アドバイザリー
デライト・ベンチャーズ マネージングパートナー 南場 智子氏
株式会社SmartHR 代表取締役 宮田 昇始氏
株式会社10X 代表取締役CEO 矢本 真丈氏
株式会社ANOBAKA パートナー 萩谷 聡 氏
DNX Ventures Partner / Chief Partnership Officer 中垣 徹二郎 氏
Heart Driven Fund パートナー 石倉 壱彦 氏
Spiral Capital株式会社 パートナー 千葉 貴史 氏
STRIVE 代表パートナー 堤 達生 氏
株式会社WiL パートナー 難波 俊充 氏

■開催にあたって

<mintジェネラル・パートナー 白川 智樹氏コメント>
僕自身、ベンチャーキャピタルとして起業を決めた時に先輩方からもらった最後の「ひと押し」や「応援」はとても心強かったのを今でも覚えています。あのときの先輩方のように挑戦のきっかけになりたい、と思い始めたSpringboardは3年目、プログラムを通じてたくさんの起業の瞬間をご一緒させてもらいました。今年もその瞬間に多く出会えるのがとても楽しみです! 

<デライト・ベンチャーズ プリンシパル 永原 健太郎氏コメント>
ファンド立ち上げと同時に始まったSpringboardも3回目を迎えることになりました。起業を決意してもなかなか一歩を踏み出せない、そんな方々の挑戦の後押しがしたいと思う中、色々実績も出てきました。参加者の熱量、本気度、決意等様々な思いを身近に感じつつ、伴走できるこの機会は非常に貴重な時間です。今年も良い出会いに期待しております。

mintについて

代表者:白川智樹/木暮圭佑
所在地 東京都渋谷区東二丁目25番3号 WAVE渋谷5F
URL https://mint-vc.com

mintは、プレシード・シード期に特化した独立系ベンチャーキャピタルです。
創業準備中/創業期の起業家向けの無料オフィス支援プログラム「FLAP」、投資先企業が入居可能なコワーキング・オフィス「GUILD SHIBUYA」「HATCH」、創業期のCTOやリードエンジニアが集まるコミュニティ「PROP」を運営しており、起業家同士・先輩経営者・各分野のプロフェッショナルのコミュニティを通じた、創業支援を目指しています。

デライト・ベンチャーズについて

代表者:マネージングパートナー 南場智子/渡辺大
所在地:東京都渋谷区円山町28-1 渋谷道玄坂スカイビル11階
URL:https://delight-ventures.com/

デライト・ベンチャーズは、日本における起業のハードルをとことん下げ、起業家が世界で活躍するのを全力で支援するベンチャーキャピタルです。起業を当たり前のキャリアパスとし、成功者も失敗者も次々とチャレンジを続けられる社会を目指します。 起業家や投資家、企業とのパートナーシップを通じて、日本のイノベーションエコシステムの、世界的競争力の向上に貢献したいと考えています。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
Sourcemint
- Advertisment -

Featured

【インタビュー】IoT×サンゴで生態系課題に挑戦!東大発スタートアップ「イノカ」

Crewwが注目のスタートアップを掘り下げて紹介する『大挑戦時代を生きるスタートアップ特集』。 今回は、東大発のスタートアップである #イノカ に注目してみました。 東京都神谷町に構えた施設の水槽には、サンゴ礁の生態系がそのまま切り取られ再現。AIの世界から一転、サンゴの魅力を原点に環境移送技術をもって起業したイノカ代表の高倉葉太氏が、社会に広めたい想いーその熱い胸の内をお話くださっています!

東芝が取り組む、“本気”のオープンイノベーションとは

【オープンイノベーションインタビュー】1875年に創業し、エネルギーや社会インフラ、ICTなど、人と地球の明日を支える「社会の基盤となる事業」に取り組む東芝。そんな東芝が “本気” のオープンイノベーションで新規事業創出に取り組んでいる。すでに法人化したプロジェクトもあるというが、具体的に何をしているのか。グループ全社で新規事業創出の旗振り役をしているCPSxデザイン部 CPS戦略室の相澤宏行氏と岩本晴彦氏に話を伺った。 #募集 #東芝 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【募集】古野電気の社内ベンチャーと一緒に、「建設DX」を実現するパートナーを求む!

【オープンイノベーションインタビュー】センシング、情報処理、情報通信の3つをコアテクノロジーに、魚群探知機等の船舶電子機器や、社会・産業に貢献するさまざまなソリューションをグローバルで提供している古野電気。その技術力を活用して、全く新たな領域に挑戦しているのが建設業界のデジタル化だ。社内ベンチャープロジェクトを立ち上げて、建設業界のデジタル化・遠隔施工の実現のため、現場環境に適した通信やセンサー機器を積極的に展開している。ただ、多様な建設業界の課題を解決する“建設DX”を1社で実現するのは困難なため、「FURUNO 建設DXアクセラレーター」を実施。具体的にどのような共創を目指しているのか、社内ベンチャー 建設DX事業責任者の石野祥太郎氏に話を伺った。 #募集 #古野電気 #インタビュー #アクセラレータープログラム #アクセラレーター #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【入山章栄×佐々木紀彦】30歳は動くとき。「大企業1社」キャリアからの脱却

【インタビュー】「入社すれば一生安泰」という“神話”を信じ、手にした大企業の切符。しかし、年功序列と終身雇用は既に崩壊している──。 転職や複業前提で働く「Z世代」とは違い、大企業神話を信じて1社で働き続けている30代、40代のビジネスパーソンは、このまま変わらない日々を送り続けても大丈夫なのか。 早稲田大学ビジネススクール教授で経営学者の入山章栄氏と、42歳で起業し新著『起業のすすめ さよなら、サラリーマン』を出版した佐々木紀彦氏に、1社経験しかない30代40代がこれからすべきこと、ミドル世代のキャリア論を聞いた。 #複業 #転職 #Z世代 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント