12.8 C
Japan
日曜日, 5月 16, 2021

関東経済産業局が「オープンイノベーション・チャレンジピッチ 2020」を開催!

外部連携意欲の高い企業群と地域企業のオープンイノベーション促進者同士がネットワーキングすることを通じて、企業間、産学連携の創出を目指す「オープンイノベーション・チャレンジピッチ2020」(主催:関東経済産業局)が、20年11月27日(金)・21年2月19日(金)の2回に渡り、オンラインで開催される。

「オープンイノベーション・チャレンジピッチ2020」とは

経済産業省関東経済産業局が開催する同イベントでは、戦略的に外部連携を推進する企業(大手・中堅企業など)が、外部連携により実現したい方向性や抱えている課題、パートナー像などをPR。受け手となる大学・TLO・公的研究機関・地域産業支援機関・金融機関・行政機関・VCからは、共同研究や試作開発に関する情報提供、サンプル提供、助成事業へのエントリーが行われる。個別相談や名刺交換を通じて、既存の枠組みを超えた企業間・産学連携のネットワーキングを推進するのが狙いだ。

イベントの概要

⚫︎大手・中堅企業のオープンイノベーション担当を中心に、外部連携に積極的な企業が登壇

⚫︎企業の技術力や大学の研究内容を熟知した産業支援機関・金融機関及び大学のコーディネーターが視聴

⚫︎中小機構と連携の上、「オープンイノベーション・マッチングスクエア(OIMS)」にも開発ニーズをWEB掲載し、より効率的に共創の機会を創出。

「オープンイノベーション・チャレンジピッチ2020」詳細

日時:   【第1回】2020年11月27日(金曜日)14:00~16:00
      【第2回】2021年2月19日 (金曜日)14:00~16:00
開催方法: オンライン開催
主催:   経済産業省関東経済産業局
開催協力: Kawasaki-NEDO innovation Center (k-NIC)
      独立行政法人中小企業基盤整備機構 関東本部
      独立行政法人日本貿易振興機構(JETRO)
参加費: 無料
定員:100名程度(大学・研究機関、産業支援機関、金融機関、行政機関等が対象)
申込方法等お申込みはこちら

プログラム【11月27日開催分】
1. 開会挨拶、関東経済産業局取組説明(14:00-14:15)
2. 導入説明(14:15-14:20)
3.「クボタのオープンイノベーションと技術ニーズの紹介」(14:20-14:40)
 株式会社クボタ イノベーションセンター グローバル統括部
 ビジネスインキュベーション室 企画第一グループ長 本多 充 氏
4.「SCREEN技術開発連携分野~技術ニーズ紹介~」(14:40-15:00)
  株式会社SCREENホールディングス 第一技術開発室 室長 上山 憲司 氏
5.「日本ロレアルのオープンイノベーションニーズ」(15:00-15:20)
 日本ロレアル株式会社 リサーチアンドイノベーションセンター
  事業開発マネージャー 嶋村 健作 氏
6.「ヘルスケアと感染症対策事業の実現に向けて」(15:20-15:40)
 株式会社島津製作所 基盤技術研究所新事業開発室 室長 髙橋 雅俊 氏
7. インフォメーション、閉会挨拶(15:40-16:00)

「オープンイノベーション・チャレンジピッチ2019」開催実績

オープンイノベーション・チャレンジピッチ2019(第3回)

日時:  20年2月21日(金曜日)
登壇企業1.マレリ株式会社
      テーマ:マレリの将来モビリティ分野に関する技術ニーズ
     2.日本特殊陶業株式会社
      テーマ:日本特殊陶業のオープンイノベーション戦略
     3.第一三共株式会社
      テーマ:第一三共のオープンイノベーションと技術ニーズの紹介
     4.株式会社資生堂
      テーマ:Overview, R&D and Needs of Shiseido Co.,Ltd
     5.日光化成株式会社
      テーマ:「樹脂配合技術」をより一層高めるオープンイノベーション戦略と
           医工連携ベンチャー戦略

オープンイノベーション・チャレンジピッチ2019(第2回)

日時:  19年11月5日(火曜日)
登壇企業1.前田建設工業株式会社
      テーマ:総合インフラサービス企業への変革
          ~社会課題をオープンイノベーションで解決〜
     2.アルバック九州株式会社・株式会社アルバック
      テーマ:Ultimate in Vacuum 食材の高付加価値化とフードロス解決に寄与する
          真空技術と外部連携の実現するもの
     3.エステー株式会社
      テーマ:「エアケア」空気のケア技術開発【世の中の空気をかえる外部連携】
     4.豊田合成株式会社
      テーマ:豊田合成の外部連携戦略及び次世代新技術へ向けた取り組み
     5.株式会社放電精密加工研究所
      テーマ:知能化するサーボプレス、クラウド型IoTによるお客様サポートシステム
      

オープンイノベーション・チャレンジピッチ2019(第1回)

日時:  19年7月8日(月曜日)
登壇企業1.キユーピー株式会社
     テーマ:キユーピーにおけるAIによるイノベーション
         ーさらなる行政・大学・中小企業に力を!-
     2.大阪ガス株式会社
     テーマ:Daigasグループ オープンイノベーション活動 2019年度ニーズリスト
     3.サンデン・リテールシステム株式会社
     テーマ:サンデン・リテールシステムの外部連携戦略
     4.興研株式会社
     テーマ:興研における技術ニーズの説明
     5.テイボー株式会社
     テーマ:テイボーにおける技術説明
 

全国の経済産業局との連携による「オープンイノベーション・チャレンジピッチ」の開催実績

オープンイノベーションチャレンジピッチin北海道(19年12月11日)

オープンイノベーション・チャレンジピッチin関西(20年1月21日)

オープンイノベーション・チャレンジピッチinちゅうごく(20年1月24日)

オープンイノベーション・チャレンジピッチin九州(20年2月4日)

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

世界シェアNo. 1の日本金銭機械が、スタートアップとあらゆる社会課題の解決を目指す

【アクセラレーターインタビュー】 カジノ業界での金銭処理のパイオニアとして世界シェアNo. 1を誇る、日本金銭機械株式会社(Japan Cash Machine co.,ltd.)。世界中で貨幣の法的秩序を保ち、貨幣に対する信頼や社会の治安維持に貢献してきた同社は、既存のビジネス領域にとらわれない、新たな社会課題解決を目指して、アクセラレータープログラムを実施する。具体的に、どのようなスタートアップと協業し、どんな領域で新規ビジネスを創出したいと考えているのか。新規ビジネス開拓部の小林崇亮 氏にお話を伺った。 ※応募の締め切りは2021年4月30日(金)17時です。

日本生命とシェアダインによるオープンイノベーション!生活習慣病や働く子育て世帯、美容・健康に気遣う人に新たな価値を創出

【オープンイノベーション インタビュー】 「100年先も、大切な人の想いをいちばん近くで支える」をキャッチコピーに、人生100年時代を支える事業共創パートナーを募集した、日本生命アクセラレーター2018。スタートアップとの協業は初めてだったが、採択された出張シェフによる作り置きサービス「シェアダイン」とは、2019年の実証実験を経て2020年には資本提携を結び、コラボレーションを実現させている。具体的に、どのような課題を解決するためにアクセラを導入したのか、またシェアダインとはどのような取り組みを実施しているのか、日本生命保険相互会社 総合企画部イノベーション開発室の関 正之 氏と、本店法人営業第二部 法人部長(2018年当時)の大野 光明 氏に話を伺いました。 #日本生命 #オープンイノベーション #アクセラレーター #シェアダイン #協業事例 #大挑戦時代をつくる #Creww

「人の森」の挑戦ーオープンイノベーションでワクワクするような未来をつくりたい

【オープンイノベーションインタビュー】昭和15年創業、昭和40年代には日本最大の砂利会社となり、国土開発に貢献してきた「相模興業株式会社」が、2013年に「人の森株式会社」へと社名を変更。会社としての使命を、繁栄・発展から社会への貢献・人の幸せづくりへと大きく舵きりしました。事業領域を広げる中で、今回「ウェルネス・水・農業」の3部門において、アクセラレータープログラムによるオープンイノベーションを決意。スタートアップとの協業にかける思いを、人の森株式会社 代表取締役 加藤 政徳氏に伺いました。 #オープンイノベーション #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #スタートアップ #人の森 #大挑戦時代をつくる #Creww

まだ世の中にない新たな体験価値を創出する、「香り噴霧器」の製品化を目指す|アネスト岩田のオープンイノベーション

自動販売機から美味しそうなコーヒーの香りが漂ってきたら、新しい購入体験にならないだろうか――。スタートアップとの協業により、既存技術を生かした“飛び地”の新規事業創出に取り組んでいる、アネスト岩田。 そんな同社が2020年から導入したアクセラレータープログラムで、香り空間演出・プロデュース事業を展開するスタートアップ「SceneryScent」との協業を進めているのは、発電システムチームの和泉孝明氏です。具体的に、どのような挑戦をしているのかを伺いました。 #アネスト岩田 #オープンイノベーション #アクセラレータープログラム #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント