12.8 C
Japan
水曜日, 9月 23, 2020

市民とのネットワークを駆使したデータ社会の作り方とDXの「そもそも」を考えるシリーズ 第1回:「データ社会」ってそもそもどんな社会?

Thursday GatheringのFeatured sessionは3回シリーズの第1回目となる「市民とのネットワークを駆使したデータ社会の作り方とDXの「そもそも」を考えるシリーズ 第1回:「データ社会」ってそもそもどんな社会?」(7 – 8 pm)powered by ID & Privacy by Design labです。3回のシリーズを通して、社会を俯瞰する視点、事実を眺める視点、現場を動かす視点を行き来していきます。初回は「社会を俯瞰する視点」として、大企業の新規事業開発のためにベルリンや中国貴陽などデジタル先進地域へ足を運んでいるBIOTOPEの金安塁生さんをお呼びし、「データ社会」とは何かを一緒に考えていきましょう。

[Sessions]

4:00pm – 4:30pm
Thursday Gatheringの楽しみ方/ Maximizing your experiences at Thursday Gathering (Remo)

4:30pm – 5:00pm
Shuffle Meetup for Innovation!(シャッフル・ミートアップ!) (Remo)
主催(Organizer): Venture Café Tokyo
セッション詳細/ Session information: https://venturecafetokyo.org/event-calendar/#event=39754851

5:00pm – 6:00pm
フィンランドが挑む状況認識イノベーション / Finnish Innovation for Situation Awareness [English/ 英語] (Room A)
主催(Organizer):ビジネスフィンランド / Business Finland
登壇者(Presenters):
・渥美 栄司(あつみ えいじ) / 上席商務官 / フィンランド大使館商務部 / Eiji Atsumi / Senior Advisor / Business Finland
・Markus Ranne / Program Director, Digitalization, Ecosystems / Business Finland
・Teuvo Heikkinen / Project Manager, ICT&Digitalization / Business Finland
・Joni Norppa / CEO / Terramonitor
・Tuomas Tikka / CEO / Reaktor Space Lab
・Mikko Partanen / Sales Manager / Rumble Tools
セッション詳細/ Session information: https://venturecafetokyo.org/event-calendar/#event=39753209

6:00pm – 7:00pm
東京における金融課題、新型コロナウイルスによる影響 [日本語/ Japanese]
主催(Organizer): 東京都・東京金融賞事務局
登壇者(Presenters):
・東京都戦略政策情報推進本部 戦略事業部特区・戦略事業推進課
・那須もえ(なすもえ)/マネジング・ディレクター/アクセンチュア株式会社 公共サービス・医療健康本部
セッション詳細/ Session information: http://venturecafetokyo.org/event-calendar/#event=39887030

7:00pm – 8:00pm
市民とのネットワークを駆使したデータ社会の作り方とDXの「そもそも」を考えるシリーズ 第1回:「データ社会」ってそもそもどんな社会? [日本語 / Japanese](Room A)
主催(Organizer):インフォメーション・ディベロプメント&Privacy by Design Lab
登壇者(Presenters):
・金安塁生 (Kaneyasu Ruiki) / 株式会社BIOTOPE Business Designer / Trend Researcher
・関原弘樹(Sekihara Hiroki) / 株式会社インフォメーション・ディベロプメント フェロー
・栗原宏平/Privacy By Design Lab 発起人、CollaboGate CMO
セッション詳細/ Session information: https://venturecafetokyo.org/event-calendar/#event=39753208

8:00pm – 9:00pm
Whatif: Work Style Reform in Japan after COVID-19 – How can create a better normal by utilizing soft skills & technologies [English / 英語]
主催(Organizer):Venture Café Tokyo
登壇者(Presenters):
・Sonia Solova / Vice President Growth Strategy & Head of Business Development NA, EMEA, & Asia at Synspective Inc.
・Diego Fuerte Sanz / Corporate Development Analyst at Synspective Inc
・Timi Dayo-Kayode / Co-Founder & CEO at Worksense, Founder and President at Roundtrip Afrika, Head of Community at Envision Accelerator
・Alberto Sanz / Talent & Organizational Development Consultant. (Moderator)
セッション詳細/ Session information: http://venturecafetokyo.org/event-calendar/#event=39856960

A New Way of Learning: 21世紀に求められるリーダーシップと素養 | Cultivating Habits of Mind and Critical Wisdom for the 21st Century [英語(逐次通訳あり)/ English with simultaneous Japanese translation]
主催(Organizer):Project MINT
登壇者(Presenters):
・Professor Gloria Tam, Project MINT
セッション詳細/ Session information: http://venturecafetokyo.org/event-calendar/#event=39857829

[Networking Room]

OPEN NETWORKING 4:00pm – 8:30pm
[Conversation Table]
・7:00pm – 8:00pm VENTURE CAFÉ TOKYO AMBASSADOR LOUNGE
 More info: https://venturecafetokyo.org/en/event-calendar/#event=39289038
■イベント名:Thursday Gathering #117
■開催日時:2020年9月3日(木) 4 pm-9 pm JST
■開催場所:オンライン開催 (Zoom)
■参加費:無料
■当日のプログラムと参加申し込み登録はこちら:https://thursdaygathering-20200903.peatix.com/view

PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...

「イノベーション立県」広島のオープンイノベーションによる地域課題解決

数年前より、国をあげての「オープンイノベーション」に関する取組が活発化してきており、各自治体においても、イノベーションを加速させるべく様々な施策が練られている。今回は広島県の象徴的なオープンイノベーション事例について広島県を代表して商工労働局イノベーション推進チーム担当課長の金田典子氏と「広島アクセラレータープログラム」の仕掛け人で広島銀行法人営業部 金融サービス室シニアマネージャーの栗栖 徹 氏にお話を伺った。

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。