12.8 C
Japan
水曜日, 9月 23, 2020

MaaS Techスタートアップ「スマートドライブ」|丸紅とEVフリートマネジメントサービス構築に向けて協業開始

モビリティデータを活用したサービスを提供するMaaS Techスタートアップ企業の「スマートドライブ」は、丸紅と「EVフリートマネジメントサービス」構築に向けた連携を開始することを発表した。

丸紅は、自社開発したオフィス、工場、サービス拠点等が乗用のために保有する電気自動車(EV)の配車・充電タイミングを最適化するAIと当社の走行データを利活用するサービスを連携させ、EVの効率的な車両管理を実現するサービスの構築を目指す。

事業所におけるEVの活用は、環境負荷の軽減や車両燃料費の削減の観点から広がりを見せつつあるが、EV利用後の充電時間や充電残量、予定外の車両利用への備え等を考慮した充電・配車(利用スケジュール)計画の策定に手間がかかるという課題がある。

多種多様な企業とオープンイノベーションを進める「スマートドライブ」

スマートドライブは、2013年の創業以来、「移動の進化を後押しする」をビジョンとし、移動にまつわる様々なモビリティサービスを提供してきた。走行データの収集・解析を行う「Mobility Data Platform」は、これまでも幅広い業種業態の企業と様々な実証実験を行い、新しいサービスの創出を目指した協業を行ってきた。

スマートドライブと丸紅の協業とは?

今回の連携は、これまでの実績や車両動態管理の質が評価され、丸紅が開発したEVの配車と充電タイミングの双方を最適化するAIや電力小売事業における知見とスマートドライブ社のサービスをかけ合わせることで、EVの効率的な車両管理を実現する本サービスの構築を行っていくものある。

丸紅では、長野県伊那市において2020年1月から3月に開発したAIを活用した技術検証を実施し、ガソリン車も含めた複数車両の配車・EVの充電タイミングの最適化で、電力小売事業者の収益改善に貢献することを確認している(詳細は丸紅発信のプレスリリース を参照)。

今後、技術検証の成果も活用し、2020年度下期中に本サービスをトライアルで導入する実証実験を行い、以降の事業化を目指していく。

本サービスの概要

内容1 EVを含む配車・充電タイミングの最適化サービス(別紙1参照)
– EVの積極活用によるガソリン車の燃料費とCO2排出量の削減
– EVの充電残量を一定水準で維持することでの車両利用時の利便性確保
– EV充電器を設置した事業所の電力需要のピークシフトによる電気料金増加回避
– (太陽光発電が事業所に導入されている場合)太陽光発電による余剰電力の有効活用

2 EV新規導入を検討している事業所向けのコンサルティングサービス(別紙2参照)
– 過去の利用実績に基づく最適なEV台数、EV充電器台数等の提案
– EV導入による費用負担とコスト削減効果の定量化

3 その他付加サービスとして、太陽光発電システムの導入、電力小売プランの提案等
開始時期・2020年度下期中に本サービスの実証実験を実施(別紙3参照)
・実証実験完了以降、順次本サービスの事業化を検討
役割分担・スマートドライブ:モビリティデータを活用したサービスの提供
・丸紅:本サービスに関係するAIの開発および提供
   :電力事業に関連する各種システムおよびサービスの提供
本サービスの特徴(EVフリートマネジメント)
本サービスの特徴(EV導入コンサルティング)
実証実験の概要


今後、スマートドライブと丸紅は、本サービスを通じて、EVの効率的な利用を推進すると共に、事業所向けの再生可能エネルギー電源の導入等と組み合わせた提案も検討し、低炭素社会の実現に貢献していく意向である。

スマートドライブのサービス

SmartDrive Fleet    :https://smartdrive-fleet.jp/
SmartDrive Cars             :https://www.smartdrive-cars.jp/
SmartDrive Families   :https://smartdrive-families.jp/
SmartDrive Magazine      :https://smartdrivemagazine.jp/  
Mobility Transformation   :https://www.mobility-transformation.com/

社名丸紅株式会社
設立1949年12月1日
所在地〒103-6060 東京都中央区日本橋二丁目7番1号 東京日本橋タワー
代表者柿木 真澄
事業概要国内外のネットワークを通じて、ライフスタイル、情報・不動産、フォレストプロダクツ、食料、アグリ事業、化学品、電力、エネルギー、金属、プラント、航空・船舶、金融・リース事業、建機・自動車・産機、次世代事業開発、その他の広範な分野において、輸出入(外国間取引を含む)及び国内取引の他、各種サービス業務、内外事業投資や資源開発等の事業活動を多角的に展開。
URLhttps://www.marubeni.com/jp/

社名株式会社スマートドライブ
設立2013年10月1日
所在地〒100-0011 東京都千代田区内幸町1-1-6 NTT日比谷ビル5F
代表者北川 烈
事業概要様々なセンサーデバイスを通じて収集・解析されたビッグデータを活用し、IoT
時代の新たな移動にまつわるサービスを提供。
URLhttps://smartdrive.co.jp/
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...

「イノベーション立県」広島のオープンイノベーションによる地域課題解決

数年前より、国をあげての「オープンイノベーション」に関する取組が活発化してきており、各自治体においても、イノベーションを加速させるべく様々な施策が練られている。今回は広島県の象徴的なオープンイノベーション事例について広島県を代表して商工労働局イノベーション推進チーム担当課長の金田典子氏と「広島アクセラレータープログラム」の仕掛け人で広島銀行法人営業部 金融サービス室シニアマネージャーの栗栖 徹 氏にお話を伺った。

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。