12.8 C
Japan
水曜日, 9月 23, 2020

【オンライン】これからの “Better Normal”を築くには?/ How will we create the “Better Normal” globally?

起業家や起業を志す人、投資家、研究者等、多様なイノベーター達が集い、繋がり、これまでにないイノベーションを社会に対して生み出すコミュニティ「Venture Café Tokyo」が毎週木曜日に実施するイベント「Thursday Gathering」。
8月6日のThursday Gatheringは世界6ヵ国(日・米・豪・蘭・波・西)10都市のVenture Caféが協力して、史上”はじめて”の取り組みとしてGlobal Thursday Gatheringを行います。

世界的な感染症(コロナウィルス)の拡がり、活発な市民運動など、世界は今グローバルスケールでそのあり方を問われる時代にあります。また、感染症の拡がりによるヒト・モノの移動が制限される状況の中、Venture Café Global Communityは今だからこそ人々、そして地域間を「繋げる」ミッションを果たすべきだと強く信じています。

その上で、8月6日のThursday Gatheringは世界6ヵ国(日・米・豪・蘭・波・西)10都市のVenture Caféが協力して、史上”はじめて”の取り組みとしてGlobal Thursday Gatheringを行います。当日は各地のリレー方式で18時間に渡って30以上のセッションを行う予定です。

Global Gathering全体のテーマは、”Better Normal(より良い正常)”。技術変化や気候変動・感染症への対応、活発化する市民運動など多様なトピックを通じて、単なる”New Normal(新しい正常)”ではなく、未来に向けた希望と共に”Better Normal”について議論を深めたいと考えています。
ご都合あえば是非ご参加ください。共に世界を変えましょう。

On Thursday August 6th, join 10 Venture Café locations for the first ever collective Global Thursday Gathering – The Happening! Featuring nearly 30 sessions over 18 hours, we will explore ideas and innovative actions around crafting a better future. (FREE to join)
In the midst of a global pandemic, we believe it is still important to produce quality content, facilitate meaningful connections, and build an engaged community.
Everyone wants to know what the “New Normal” will be after this transformational year, and as a convener of innovators, we want to shift the conversation to ask: How will we create the “Better Normal”?
How will innovators be inspired to action by a devastating global pandemic, the rapid effects of climate change, and a growing civil rights movement? From educational outcomes to equitable housing, corporate culture to climate action, racial equity to pandemic response – so many facets of the world we live in can and will be reimagined. Let’s connect to make a “Better Normal” happen!

イベント概要

■イベント名:Global Thursday Gathering – THE HAPPENING
■開催日時:2020年8月6日(木) 3 pm-7日(金) 10am JST
■開催場所:オンライン開催 (Zoom)
■参加費:無料
■参加申し込み登録:https://thehappening-20200806.peatix.com/view
■当日のプログラム/ Programs:各都市のプログラムの詳細は、こちら(https://venturecafetokyo.org/the-happening/)をご確認ください。

PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...

「イノベーション立県」広島のオープンイノベーションによる地域課題解決

数年前より、国をあげての「オープンイノベーション」に関する取組が活発化してきており、各自治体においても、イノベーションを加速させるべく様々な施策が練られている。今回は広島県の象徴的なオープンイノベーション事例について広島県を代表して商工労働局イノベーション推進チーム担当課長の金田典子氏と「広島アクセラレータープログラム」の仕掛け人で広島銀行法人営業部 金融サービス室シニアマネージャーの栗栖 徹 氏にお話を伺った。

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。