12.8 C
Japan
木曜日, 1月 21, 2021

【オンラインイベント】J-Startup Hour 「With/Afterコロナにおける人材流動化」

6月18日 18:00よりオンラインで開催される「J-Startup Hour」では、Beforeコロナにおける人材流動化等の概況やWithコロナにおいて対応しうる策の情報提供やディスカッションを行い、参加者の皆様に、目下の人材問題に対する対応策を提供するとともに、今後の日本社会における人材流動化の在り方について考える機会を提供いたします。

J-Startup Hour第68回は、「With/Afterコロナにおける人材流動化」です。
新型コロナウィルスの影響で、業績が伸びる会社と沈む会社の両者が浮き彫りとなっており、企業の業績悪化に伴う従業員の解雇や優秀な人材の流出などスタートアップにおける「人材」を取りまく課題が、急増しています。
他方、そのような状況下において、飲食業界や観光業界を中心に、有事に対応できる雇用の流動化が進んでいます。この有事にうまれた人材流動化の波は、今後、ニューノーマルになるかもしれません。
今回のJ-Startup Hourでは、Beforeコロナにおける人材流動化等の概況やWithコロナにおいて対応しうる策の情報提供やディスカッションを行い、参加者の皆様に、目下の人材問題に対する対応策を提供するとともに、今後の日本社会における人材流動化の在り方について考える機会を提供いたします。
人材に悩むスタートアップの経営層・人事担当者の方をはじめとし、人材問題に関心がある大企業の経営層・人事担当者の方や官公庁の方にもお役に立つセッションとなっております。
奮ってご参加下さい!


◼第68回 6月18日 18:00 – 19:00
<With/Afterコロナにおける人材流動化>
伊地知 天 Creww株式会社 代表取締役
大浦 学 株式会社日本クラウドキャピタル 代表取締役COO
白石 紘一 東京八丁堀法律事務所 弁護士
篠崎 亮 PwCコンサルティング合同会社  マネージャー


■イベント概要
日時:2020年6月18日(木) 18:00 – 19:00 ※Venture Café Tokyo Thursday Gathering(*1)の1コマとして実施
会場:オンライン
参加申し込み:本Facebookのイベントページ上で「出席する」をお選びください(参加無料)https://www.facebook.com/events/2706616982955414/


<セッションご参加方法について>
以下のリンクよりアクセスをお願いします。
*1 リンクはセッション当日に有効化されます。
*2 イベントのランディングページにリダイレクトされますので、そちらより該当するセッションスペースをクリックください。
https://www.venturecafekiosk.org/event/657d543b-dee8-46ce-ad11-6650d68cab65/

J-Startup及びJ-Startup Hourについて

日本のスタートアップに次の成長を。世界に次の革新を。
世界で戦い勝てる企業を作り、世界に新しい革新を。
J-Startupは選ばれた企業を官民で集中支援し、成功モデルを創出します。「ブーム」から「カルチャー」へ。ここで生まれたヒーローがスタートアップの地位を高め、日本のベンチャーエコシステムをさらに強くします。
J-Startup Hourでは注目スタートアップ企業や支援者によるセッションを核に、官民のプレーヤーが集う機会を毎週提供し、イノベーション・コミュニティ形成を加速させます。


*1 Venture Café Tokyo及びThursday Gatheringについて
Venture Café Tokyoは”Connecting innovators to make things happen”をミッションに掲げ、各種プログラミング・イベントを通じてベンチャー企業・起業家・投資家を繋げることで、世界の変革を促すイノベーションの創出を狙いとする組織です。
Thursday Gatheringは毎週木曜日16時-21時に開催されるVenture Café Tokyoのフラッグシップ・イベントです。教育セッションや安全で快適なネットワーキング空間の提供を通じて、多様な人々が集う場を提供し、上記のミッション達成を図ります。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

利用者が本当に欲しいと思うモノ作りプラットフォーム – モノラボ

STARTUP STUDIOは、“本業を退職せず”事業を実現できる、個人を主体としたインキュベーションプログラムです。”社会を変える挑戦”に挑んでいる、新規事業開発インタビュー第5弾をお届けします。今回は、モノラボファウンダーの 島谷 亮澄氏にお話を伺いました。 #インキュベーション #実績事例 #インタビュー 

【新規事業インタビューvol.4】YourApparel – 『あなたの洋服をみんなの洋服へ』アパレル業界への挑戦

「STARTUP STUDIO by Creww」は、“本業を退職せず”事業を実現できる、個人を主体としたインキュベーションプログラムである。プログラム運営の寺田が”社会を変える挑戦”に挑む新規事業開発を紹介するインタビュー第4弾ー。今回は「YourApparel」ファウンダーのショーワ大氏にお話を伺いました。

提供したいのは、働く時間=幸せな時間。野村不動産がつくる共創コミュニティとは

コロナ禍でリモートワークやデジタル化が加速し、オフィスや働き方、ビジネスモデルそのものを見直す動きが増えています。前提が覆されたこれからの社会でより求められるのは、人が人らしく働けることと、効率的に最大のパフォーマンスを発揮できること。そのため、オフィスの分散化やリモートワークとのハイブリッド型を模索する企業が増えています。こうした社会の大きな変化の中で、働き方や価値観の多様化に対応した“本当に働きやすい場”を提供しているのが野村不動産です。ビジョンに「HUMAN FIRST」を掲げ、さまざまな企業と協業しながら、働く時間=幸せな時間への変革を目指しています。具体的にはどのような取り組みをしているのか。都市開発事業本部の桑原利充氏を中心としたプロジェクトメンバーに話を聞きました。

自動車業界の大変革期にオープンイノベーションで挑戦するアビスト

「モータリゼーション2.0」と言われる100年に一度の自動車業界のイノベーション大変革期を迎える現在。デザイン性の高い自動車部品の「ボデー」「ランプ」「内装」をメインに、AIや3D-CAD、ハイブリッド関連部品や電装関連部品における技術力に優れる株式会社アビストでは、モータリゼーション2.0に挑戦すべく、2020年の10月に総合技術開発部という新たな価値創造を専門とする部署が立ち上がりました。 アクセラレータープログラムの開催に当たって、今回は本部署の責任者であるアビスト 総合企画本部総合技術開発部 執行役員の金井 孝宣氏にお話を伺いました...
Facebook コメント