12.8 C
Japan
月曜日, 3月 27, 2023

ピーマン自動収穫ロボット「L」開発のアグリスト、グローバルイベント『City-Tech.Tokyo』に出展

ピーマン自動収穫ロボット「L」を活用して100年先も続く持続可能な農業の実現を目指すAGRISTが、2023年2月27日(月)・28日(火)に東京国際フォーラムにて開催される、グローバルなイノベーションイベント「City-Tech.Tokyo」に動画展示にて参加します!

「City-Tech.Tokyo 2023」概要

「City-Tech.Tokyo 2023」とは、2023年2月に東京で初開催される、スタートアップとのオープンイノベーションで持続可能な社会を実現するためのイベントです。

スタートアップ300ブース出展、30か国・100都市から1万人の参加を目標に、インフラ・社会基盤、環境などのテーマについて、多様なアイディアとテクノロジーで新たな都市像を導くための具体的な協業や投資拡大に繋がる場を創出します。

さらに、“City-Tech”No.1を決める賞金金額1,000万円のピッチコンテスト「City-Tech Challenge」や、日本企業の意思決定層とハイレベルな国内外スタートアップが参加する商談会を開催します。

▶イベントホームページ https://www.city-tech.tokyo/

AGRIST株式会社とは

アグリストは、2017年に地元農家らで開催していた勉強会から「収穫時の人手不足を解決するロボットが必要だ」という声をもとに、2019年に設立したテクノロジーで農業課題を解決するベンチャー企業です。

「100年先も続く持続可能な農業を実現する」をビジョンに掲げ、ピーマン自動収穫ロボットの開発だけでなく自社農場で営農をするなど、テクノロジーを活用した次世代農業を実現し、世界の食料問題の解決、全人類のウェルビーイングに貢献していきます。

アグリストが開発するピーマン自動収穫ロボット「L」の最大の特徴は2つあり、ハウス内の路面状況の影響を受けないようにワイヤー上をロープウェイのように吊り下げ式で移動している点と、収穫ハンドは2つのベルトで農作物の茎を巻き込むように収穫している点です。2つの技術が組み合わさることにより、ロボットの為に新設したハウスでなく、既存のハウス内でも自動収穫ロボットの導入が可能になります。

今後の展開 世界の多様な企業と持続可能なの社会を実現

日本のみならず世界の多様な企業との連携をとることで、100年先も続く持続可能な農業を実現します。

出展概要

名称https://www.city-tech.tokyo/
開催期間2023年2月27日(月)~28日(火)
開催地東京国際フォーラム
場所〒100-0005 東京都千代田区丸の内3丁目5−1
料金投資家PASS ¥60,000-
一般PASS ¥20,000-
学生PASS ¥2,000-
Online Ticket: 無料
https://eventregist.com/e/City-Tech-Tokyo?lang
主催グローバルイベント2023実行委員会

■Web・SNS
Facebook https://www.facebook.com/CityTechTokyo
Twitter(JP) https://twitter.com/CityTechTokyo
Twitter(EN)https://twitter.com/CityTech_Tokyo
LinkedIn https://www.linkedin.com/company/city-tech-tokyo-official-account/

■主催者概要
グローバルイベント2023実行委員会は、以下の組織から構成されています。
東京都
一般社団法人日本経済団体連合会
公益社団法人経済同友会
一般社団法人新経済連盟
東京商工会議所
一般社団法人日本ベンチャーキャピタル協会
一般社団法人スタートアップエコシステム協会

■お問合せ先
City-Tech.Tokyo グローバルイベント2023実行委員会事務局
メールアドレス:tokyo-globalevent@tohmatsu.co.jp

AGRIST株式会社について

社名AGRIST株式会社
設立2019年10月
所在地〒889-1412 宮崎県児湯郡新富町富田東1丁目47番地1
代表者共同代表取締役 CTO 秦 裕貴、共同代表取締役 齋藤 潤一
事業概要農業ロボット開発事業・次世代農場事業・AI開発事業
URLホームページ : https://agrist.com
Facebook : https://www.facebook.com/teamAGRIST/
Twitter : https://twitter.com/agrist_inc
YouTube : https://www.youtube.com/channel/UCNsTwf0BvBXA-L17potl5MA
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【SceneryScent × アネスト岩田】“香り噴霧器”で新たな価値と市場を生み出す

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】日本の塗装機器や空気圧縮機の業界を95年以上リードし続けているアネスト岩田。“開発型企業”として国内外で1,200件を超える特許出願数を持ち、世界20カ国以上の拠点、35社のグループ会社を持つ企業だ。 同社は2020年に導入したアクセラレータープログラムで、香り空間演出・プロデュース事業を展開するスタートアップSceneryScent社(シーナリーセント)を採択し、わずか1年半で、人感センサー内蔵香り演出機器「Ambiscent(アンビセント)」のデモ機を開発。社外でのトライアルがスタートした。 具体的にどのような取り組みを重ねているのか。アネスト岩田の和泉孝明氏と、SceneryScent代表の郡香苗氏にお話を伺った。 #アネスト岩田 #SceneryScent #シーナリーセント #Ambiscent #アンビセント #スタートアップ #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【熊平製作所 × MAMORIO】創業125年のトータルセキュリティ企業が、スタートアップ共創で未来の「安心・安全」を創る

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】広島銀行とCrewwは、広島県下のイノベーションエコシステムの構築に向け、広島県内に新たな事業の創出を図ることを目的に「HIROSHIMA OPEN ACCELERATOR 2021(広島オープンアクセラレーター2021)」を共催しました。本記事では、プログラム参加企業である熊平製作所と、「なくすを、なくす」をミッションに、紛失防止デバイス「MAMORIO」を始めとした 様々な製品・サービスを提供するIoTスタートアップ「MAMORIO」との共創プロジェクトにフォーカス。株式会社熊平製作所 新規事業開発部 取締役部長 茶之原 氏に、プロジェクトの共創に至った背景や、スタートアップとの共創から実際に得た体感や変化について、お話を伺いました。 #広島銀行 #広島県 #イノベーション #広島オープンアクセラレーター2021 #熊平製作所 #MAMORIO #IoT #スタートアップ #共創 #新規事業 #協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント