12.8 C
Japan
月曜日, 11月 28, 2022

AIスタートアップコンテスト「HONGO AI」|2022 Awardスタートアップ14社発表!

⼀般社団法⼈HONGO AIは、アーリーステージのAIスタートアップを対象としたピッチコンテスト「HONGO AI 」の2022 Awardスタートアップ14社を発表しました。14社は、2022年12月7日(水)に東京大学・伊藤謝恩ホールで開催する最終選考会に出場、2022 Best Awardを目指してピッチを行います。最終選考会は、HONGO AI 共催の日本経済新聞社の映像ポータル「日経チャンネル」でライブ配信します。

「HONGO AI」について

「HONGO AI」は2019年に「“HONGO”を起点に、世界に唯⼀無⼆のエコシステムを創る」ことを⽬指すVCや⼤学・団体、賛同企業等が中⼼となり始まったピッチコンテストです。この3年間で、42社が「HONGO AI Award」を受賞。それぞれのスタートアップがAIを活⽤した社会の変⾰に挑み、彼ら⾃⾝が持つ「本気度」で市場にインパクトを与え、成⻑を続けています。

4回⽬となる「HONGO AI 2022」は、7月1日にエントリー受付を開始、9月2日のエントリー締め切り後、事前選考委員の書類・二次選考を経て、Award受賞スタートアップが選出されました。
HONGO AI 2022の事前選考委員、Award選出14社は以下となります。

<事前選考委員>
高橋 隆史⽒(ブレインパッド 代表取締役社⻑)
井崎 武⼠⽒(エヌビディア合同 エンタープライズ事業部事業部⻑)
久保⽥ 雅也⽒(WIL パートナー)
進藤 智則⽒(⽇経BP ⽇経Robotics 編集⻑)

<HONGO AI 2022 Award スタートアップ>
■iSurgery株式会社(代表取締役 佐藤 洋一 )  
https://www.isurgery.tech/

■アクィラシステムズ株式会社 (代表取締役社長 ラデスク・ジョージ)
https://aquila.company

■IntegrAI株式会社 (CEO バヤルバト ノムンバヤスガラント)
https://integrai.jp

■株式会社エーアイセキュリティラボ (代表取締役 青木 歩 )
https://www.aeyesec.jp/

■株式会社Opt Fit (代表取締役 渡邉 昂希)
https://optfit.jp/

■KINDLER株式会社 (代表取締役CEO 門脇 明日香)
https://www.gokindler.com/

■株式会社Closer (代表取締役 樋口 翔太)
https://close-r.com/

■scheme verge株式会社 (代表取締役CEO 嶂南 達貴)
https://www.schemeverge.com/
 
■株式会社SUPWAT (CEO 横山 卓矢)
https://www.supwat.com/

■株式会社Datagusto (CEO パー 麻緒)
https://lp.datagusto.jp/

■株式会社データグリッド (代表取締役 岡田 侑貴)
https://datagrid.co.jp/

■株式会社FingerVision (代表取締役 濃野 友紀) 
https://www.fingervision.jp/

■FastLabel株式会社 (代表者 上田 英介)  
https://fastlabel.ai/

■株式会社レボーン (代表取締役 松岡 ​広明)
https://www.revorn.co.jp/

以上の14社は、12月7日(水)に東京大学・伊藤謝恩ホールで開催される最終選考会に出場し、
HONGO AI 2022 Best Awardをかけてピッチを行います。
最終選考会の模様は、日本経済新聞社の映像ポータル「日経チャンネル(https://channel.nikkei.co.jp/)」にて13時よりライブ配信します。

<HONGO AI 2022募集要項>
◇ 参加対象
以下いずれの要件を満たすスタートアップ企業(登記予定含む)とします。
・AI技術(機械学習/ディープラーニングなど)を活⽤した事業を⾏っている
・株式価値※20億円未満または資⾦調達額5億円 ※直近ラウンド時点で株式価値の総額
・過去に、「HONGO AI Award」を受賞していないこと

◇選考基準
・対象市場の魅⼒度(⼤きさ、成⻑性、社会的意義など)
・チーム / 体制(AIの技術⼒、チームの質など)
・ビジネスモデル(ビジネスモデル、戦略の解像度など)
・ 競合優位性(技術の模倣困難性、営業⾯の強さなど)

◇ 表彰
●⼆次選考を通過し、本選に参加した企業を「HONGO AI 2022 Award」受賞者として選出します。
●本選でのピッチで最も優れた発表をした企業を「HONGO AI 2022 Besr Award」として表彰し、賞⾦として50万円を贈呈します。
●本選参加企業を対象に、協賛企業から「企業賞」を授与賜ります。

<本選考委員>
各務 茂夫⽒(東京⼤学⼤学院 ⼯学系研究科 技術経営戦略学専攻 教授 / 産学協創推進本部 副本部⻑)
松尾 豊⽒(東京⼤学⼤学院 ⼯学系研究科 ⼈⼯物⼯学研究センター / 技術経営戦略学専攻 教授)
上野山 勝也氏(株式会社 PKSHA Technology代表取締役)
孫 泰蔵⽒(Mistletoe ファウンダー)※依頼中

<HONGO AI 過去のBest Award スタートアップ>

HONGO AI 2019 Best Award
MI-6 株式会社 木嵜 基博氏(右)
プレゼンター:仁木 勝雅氏(一般社団法人HONGO AI 理事、株式会社ディープコア 代表取締役社長)

HONGO AI 2020 Best Award
株式会社カルディオインテリジェンス 代表取締役社長CEO 田村 雄一氏(中央)
プレゼンター:松本 大氏(HONGO AI 2020 本選考委員、マネックスグループ株式会社 代表執行役社長CEO)(左)、孫 泰蔵氏(HONGO AI 2020本選考委員、Mistletoeファウンダー)(右)

HONGO AI 2021 Best Award
株式会社MENOU 代表取締役CEO 西本励照氏(右)プレゼンター:重松 路威氏((HONGO AI 2021本選考委員、ニューラルポケット株式会社代表取締役社長)(左)

<最終選考会>
■⽇程:2022年12⽉7⽇(⽔)13:00〜18:00(予定)
■会場:東京⼤学・伊藤謝恩ホール

東京大学・伊藤謝恩ホール(HONGO AI 2019開催風景)
※2022の入場は関係者・招待者のみ。
一般の方向けには「日経チャンネル(https://channel.nikkei.co.jp/)」でライブ配信が行われます。
ライブ配信の事前視聴申込は11月上旬開始予定です。
HONGO AI オフィシャルサイト(https://hongo.ai/)、日本経済新聞広告等でお知らせします。

◇ 実施体制
■主催:⼀般社団法⼈HONGO AI
先端技術共創機構(ATAC)、ディープコア、Deep30、東京⼤学エッジキャピタルパートナーズ、東京⼤学協創プラットフォーム開発、ANRI
■共催:⽇本経済新聞社
■後援:経済産業省、文京区、人工知能学会、東京大学産学共創推進本部、日本ベンチャーキャピタル協会、日本ディープラーニング協会、AIデータ活用コンソーシアム、AIビジネス推進コンソーシアム
■協賛
 プラチナスポンサー:伊藤忠商事
 ゴールドスポンサー;住友商事
 シルバースポンサー:EY Japan、ソフトバンク、フジタ、三井住友銀行
 ブロンズスポンサー:日本マイクロソフト、東京海上ホールディングス、博報堂、三井不動産

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【募集】関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント