12.8 C
Japan
火曜日, 10月 4, 2022
Tags AgriTech

Tag: AgriTech

農業ロボット開発のAGRIST、経済産業省「J-Startup2021」に選定

【スタートアップニュース】AGRISTは農家の人手不足と高齢化の課題解決のため、ピーマン自動収穫ロボット「L」を開発しました。その取り組みが評価され、経済産業省などが運営を行っている「J-Startup」プログラムにおいて、50社のうち1社に選出されました。政府施策や民間サポーターの支援を活用し、持続可能な農業の実現へさらなる貢献を目指します。 #AGRIST #自動収穫ロボット #J_Startup #Creww #大挑戦時代をつくる

【AGRI SMILE×JA】農業技術指導のDXソリューション「AGRIs by JA」の提供を開始!

【オープンイノベーションニュース】株式会社AGRI SMILEは、持続可能な農業を実現するDXプラットフォームの一環として、動画で栽培技術を分かりやすく体系化することで農業協同組合の営農指導業務をDXする「AGRIs by JA(アグリス バイ ジェーエー)」の提供を2021年10月4日より開始しました。複数の産地のJAと連携して多品目の栽培ノウハウを網羅的に蓄積し、全国のJAの営農指導において活用できる仕組みを構築しています。 #オープンイノベーション #AgriTech #DX推進 #サービス開発 #スタートアップ #業務提携 #AGRISMILE #AGRIsbyJA #SaaS #JA #大挑戦時代をつくる #Creww

農業DXプラットフォームを提供する「AGRI SMILE」が、総額約1.7億円の資金調達を実施!

【スタートアップニュース】DXプラットフォームにより産地とともに持続可能な農業をつくる株式会社AGRI SMILEは、事業および組織の拡大にあたり、個人投資家の梅田 裕真氏、鈴木 達哉氏および既存投資家であるマネックスベンチャーズ、THE SEEDを引受先とする第三者割当増資を実施し、総額約1.7億円の資金調達を行いました。これにより、累計の調達額は2.1億円となりました。 #スタートアップ #資金調達 #DX推進 #AgriTech #アグリテック #AGRISMILE #大挑戦時代をつくる #Creww

農業の未来はアグリテックが創る。世界ではユニコーン企業が、日本ではスタートアップ支援も

【スタートアップコラム】 世界の人口増による食糧問題や日本の農業を担う人手不足といった、食や農業に関する課題に対する解決策として期待されているアグリテック。今後世界でも日本でも大きな成長が期待されている分野です。この記事では世界と日本のアグリテック事情と、政府によるアグリテック支援について紹介していきます。 #スタートアップ #ノウハウ #コラム #AgriTech #アグリテック #大挑戦時代をつくる #Creww

“ものづくりオープンイノベーション”を独自調査|医薬品、機械、食品、素材・化学メーカーの取り組み事例156!

【オープンイノベーションニュース】 事業を創るビジネスパーソンのための“事業を活性化するメディア”「TOMORUBA」を運営するeiicon companyは、東京証券取引所一部に上場している企業2,191社※ におけるオープンイノベーション の実施状況に関する独自調査「オープンイノベーション積極企業調査プロジェクト」の第三弾として、メーカーに絞った取り組み事例の前編「医薬品、機械、食品、素材・化学メーカー」に注目した事例156をまとめ、「TOMORUBA」にて公開しました。 #オープンイノベーション #事例 #医薬品 #機械 #食品 #素材 #化学 #メーカー #Creww #大挑戦時代をつくる

「ひろしま型スマート農業プロジェクト」3テーマが決定!県外からも多くの企業が参加

【オープンイノベーションニュース】 広島県では,農業分野でのDXの一環として,収益性の高い経営モデルを確立する「ひろしま型スマート農業プロジェクト」の取組を進めています。 このたび,広島県内で広く導入が見込める3つのテーマで,課題解決を図るための提案を県内外から広く募集したところ,15の企業グループから提案があり,実証プロジェクトを決定しました。 また,県民の方々に親しみを持ってもらうために「ひろしま型スマート農業プロジェクト」の愛称を「ひろしま seed box」と命名しました。 #地域オープンイノベーション #地域活性化 #DX推進 #実証実験 #AgriTech #広島県 #ひろしま型スマート農業プロジェクト #ひろしまseedbox #大挑戦時代をつくる #Creww

【セキド×テクノレント】液剤散布用ドローンを活用した協業を開始

【オープンイベーションニュース】 セキドと、テクノレントは、農業分野においてドローン活用が本格化している昨今、「液剤散布用ドローン活用」において、トータルソリューションを目指した協業を開始しました。IT機器のレンタルを専門とするテクノレントと、ドローンによるソリューションを専門とするセキドが協業する事により、短期から中長期まで、機体のレンタルとパイロット人材の派遣がパッケージされたソリューションを展開します。 #セキド#テクノレント#協業#液剤散布用ドローン活用へ#Creww#大挑戦時代をつくる

ジェトロ、スタートアップ支援機関Venturelabと、スイス発のフードテック・アグリテックを紹介するオンラインイベントを共催

【オープンイノベーションニュース】 ジェトロは、スイスを代表するスタートアップ支援機関Venturelabと共催で、フードテック・アグリテック分野で活躍するスイス発のスタートアップによるオンラインピッチ及び世界的フードテックベンチャーキャピタルが登壇するオンラインイベントを3月24日に開催しました。イベント前後の日程では、各社とのオンラインマッチング(商談会)も開催される予定です。 #ジェトロ#Venturelab#フードテック#アグリテック#オンラインイベント#Creww#大挑戦時代をつくる

ポストコロナ時代のNew Normalを実現!「X-Tech Innovation 2020」で農業収穫ロボットのスタートアップ「AGRIST」が協賛企業賞を受賞

【スタートアップニュース】 AIを活用した自動収穫ロボットの開発を行うAGRISTは、2020年12月1日(火)に開催された、デジタルテクノロジーを活用したサービス、アイデアのビジネスコンテスト「X-Tech Innovation 2020」の九州地区最終選考会において12社によるサービス・事業構想のピッチに登壇し、協賛企業賞を受賞しました。 #AGRIST #自動収穫ロボット #X-Tech Innovation 2020 #New Normal #協賛企業賞 #Creww #大挑戦時代をつくる 

果菜類の植物工場、完全自動栽培の実現を目指すスタートアップ「HarvestX」|総額5000万円の資金調達を実施

【スタートアップニュース】HarvestXは、独立系ベンチャーキャピタル「ANRI 4号投資事業有限責任組合」、東京大学協創プラットフォーム開発が運営するオープンイノベーション推進1号投資事業有限責任組合、河合聡一郎、曾川景介、田中邦裕から、総額5000万円の資金調達を実施しました。 #HarvestX #資金調達 #Creww #大挑戦時代をつくる

PICKUP

IoT・AI遠隔点検サービスLiLz Gauge、大成建設の建物管理DXサービスとの連携を開始!

【オープンイノベーションニュース】沖縄のスタートアップ企業であるLiLzが提供するIoT・AI遠隔点検サービス「LiLz Gauge」が、大成建設が提供する、建物ライフサイクル管理サービス「LCMC(LifeCycle Management Console)」と連携を開始しました。 #LiLz #大成建設 #IoT #AI #LCMC #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント