12.8 C
Japan
月曜日, 1月 17, 2022

【有用成分の宝庫】カイコ原料供給事業を展開するMorusが資金調達を実施

Morusは、リードインベスターのANRI、サムライインキュベートからシードラウンドで第三者割当増資により5,000万円の資金調達を実施しました。調達した資金は、食・医療・飼料・化粧品等の分野で、プロダクト開発、カイコの品種改良の研究開発及び採用・組織体制の強化への投資が予定されています。

Morusとは

日本の経済的発展を支えてきたカイコのバイオ原料の供給と研究開発を行う、研究開発型のベンチャー企業である。他の昆虫にない豊富な栄養成分を多く持ち原料としての可能性に満ちたカイコを、品種改良と量産によって複数産業へ原料として供給し「タンパク質危機」などの世界的課題を解決することを目的に創業した。
カイコはタンパク質が高含有であることはもちろんのこと、他の昆虫では確認されてない有用成分の研究が進んでいる。加えて、人類の長い歴史を通じ家畜化された昆虫であり、逃げない・共食いをしないなど量産に適した性質を備えていると同時に、昆虫の中でも長く研究が行われてきたため、今後も研究開発が円滑に進むことが予想されている。食分野でも日本発で世界的な健康課題も解決しうる、可能性に満ちた昆虫である。

今回の引受先(順不同)

ANRI「ANRI 4号投資事業有限責任組合」
サムライインキュベート「Samurai Incubate Fund 6号投資事業有限責任組合」

資金調達の背景・目的

絹及び養蚕業は、輸出総額の半分以上を占めていたこともある、日本の経済発展を支えた基幹産業である。その歴史的背景のもと、養蚕技術及び研究技術において日本は世界的に進んでいる現状である。一方で業界の高齢化などで、産業人口自体が減少していることも事実だ。
Morusは、日本でも有数のカイコ研究がなされている信州大学とタッグを組み、カイコ原料の製品開発及び、カイコの高速品種改良と量産化の研究開発を事業化することで、世界のタンパク質不足の問題を日本発カイコ原料で解決するため、プロダクト開発、チーム体制の拡充、研究開発の加速を目的に、この度の資金調達を実施した。

カイコ原料とは

カイコを活用し、食、医薬品、飼料等の複数産業向けに提供していく、新しいバイオ原料である。

Morus 代表取締役CEO 佐藤 亮からのコメント

現在人類につきつけられている、地球温暖化やタンパク質の不足といった地球レベルの課題に対して、かつて日本の発展を支え、現在も研究では日本が世界的に進んでいるカイコによる解決を目指し、信州大学の塩見教授と共にMorusを共同創業いたしました。
カイコは塩見教授を筆頭に、日本の素晴らしい研究者の皆様の叡智が集積された昆虫でもあり、奇しくも私の同郷の先達である渋沢栄一による日本近代化にて大きな役割を果たした、可能性に満ちあふれた日本が誇る昆虫でもございます。
今回ご出資いただいた資金により、研究及び研究成果の事業化の推進に活用させていただき、長野発、日本発で、世界の原料の常識を変えていくバイオスタートアップの一つになるべく邁進いたします。

各投資家からのコメント

ANRI ジェネラルパートナー 鮫島 昌弘

代表の佐藤さんと初めてお会いした際に、世界の食糧問題をカイコで解決したいんですというアツイ眼差しと、眼の奥に宿る狂信的な光に魅了されてMorus社へ投資させて頂きました。また、Morus社が活躍することにより、日本の要素技術が蓄積されてきた伝統的な養蚕業を再興できる可能性があり、今後に期待しています。(尚、モスラではなく、モルス社と呼びますのでご注意ください)

サムライインキュベート Capitalist Investment Group 齋藤 武仁

Morusは、弊社出身の起業家が立ち上げたバイオスタートアップ企業です。昨年末のアイディア段階から継続的にディスカッションを行い、本事業の可能性を確信し出資の意思決定をさせていただきました。世界各国で昆虫系スタートアップが立ち上がりつつありますが、中でもカイコは日本から世界に圧倒的なインパクトを与えることができる無限のポテンシャルを持つ昆虫です。Morusが目指す壮大なビジョンの実現に向けて、「できるできないでなく、やるかやらないか」で共に世界を変えるべく今後も全力で伴走支援してまいります。

Morus株式会社について

社名Morus株式会社
設立2021/4
所在地東京都渋谷区/長野県上田市
代表者佐藤 亮
事業概要カイコ原料の研究及びそれらを利用した製品開発
URLhttps://morus.jp/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
SourceMorus
- Advertisment -

Featured

【募集】古野電気の社内ベンチャーと一緒に、「建設DX」を実現するパートナーを求む!

【オープンイノベーションインタビュー】センシング、情報処理、情報通信の3つをコアテクノロジーに、魚群探知機等の船舶電子機器や、社会・産業に貢献するさまざまなソリューションをグローバルで提供している古野電気。その技術力を活用して、全く新たな領域に挑戦しているのが建設業界のデジタル化だ。社内ベンチャープロジェクトを立ち上げて、建設業界のデジタル化・遠隔施工の実現のため、現場環境に適した通信やセンサー機器を積極的に展開している。ただ、多様な建設業界の課題を解決する“建設DX”を1社で実現するのは困難なため、「FURUNO 建設DXアクセラレーター」を実施。具体的にどのような共創を目指しているのか、社内ベンチャー 建設DX事業責任者の石野祥太郎氏に話を伺った。 #募集 #古野電気 #インタビュー #アクセラレータープログラム #アクセラレーター #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【入山章栄×佐々木紀彦】30歳は動くとき。「大企業1社」キャリアからの脱却

【インタビュー】「入社すれば一生安泰」という“神話”を信じ、手にした大企業の切符。しかし、年功序列と終身雇用は既に崩壊している──。 転職や複業前提で働く「Z世代」とは違い、大企業神話を信じて1社で働き続けている30代、40代のビジネスパーソンは、このまま変わらない日々を送り続けても大丈夫なのか。 早稲田大学ビジネススクール教授で経営学者の入山章栄氏と、42歳で起業し新著『起業のすすめ さよなら、サラリーマン』を出版した佐々木紀彦氏に、1社経験しかない30代40代がこれからすべきこと、ミドル世代のキャリア論を聞いた。 #複業 #転職 #Z世代 #Creww #大挑戦時代をつくる

【提言】転職だけがすべてじゃない。会社を辞めずに外に出よう

【インタビュー】転職、複業、兼業、起業──。 日本型雇用が崩壊し、自分らしく働く選択肢は増えたとはいえ、これらはまだ一部の人しか経験したことがないのが日本の現状だ。 国際社会と比較しても、日本は圧倒的に人材流動性が低い。超少子高齢化社会で労働力人口も減り続ける日本で、このまま人材の流動性が低いままでいるとどうなってしまうのか。 キャリアデザインの専門家である法政大学教授の田中研之輔氏と、新規事業や社会課題解決に挑戦したい個人・スタートアップ・事業会社をプラットフォームでサポートするCreww株式会社 代表取締役CEOの伊地知天氏に話を聞いた。 #複業 #ゼロイチ #インキュベーション#Creww #大挑戦時代をつくる

【インタビュー】本業を辞めずに挑戦!報酬を得ながら複業としてゼロイチフェーズに参画するニューノーマルな働き方

【インタビューレポート】スタートアップでは、都度生じる課題をスピーディーに解決し、企業成長を促すためにも、必要なフェーズにタイムリーに対応できる幹部人材を必要としている。一方の現実は、「採用にかかる費用は抑えたい」「フルタイムで依頼をするには業務内容が少ない」など幹部クラスの人材確保にジレンマを抱える場合も多い。また、たとえスタートアップに関心があったとしても、一定数のリスクが伴う以上、転職には踏み切れずに大手企業に留まる優秀な人材が多いことは、非常に勿体ないことであると言える。果たして双方にとって突破口となる様なソリューションはないのだろうかー。 大手企業からスタートアップ企業への転職経験を持つ方々に、転職する際の葛藤や、スタートアップ企業に勤める今の実際について、率直なお気持ちを伺いました。 #スタートアップ #大手企業 #転職 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント