12.8 C
Japan
月曜日, 1月 24, 2022

車の出張整備・修理の『セイビー』、8.4億円の資金調達

自動車の整備・修理出張サービス『セイビー』の開発・運営を行うSeibiiは、グロービス・キャピタル・パートナーズをリードインベスターとして、Coral Capital、 エンジェル投資家の有安伸宏氏を引受先とする第三者割当増資により、総額8.4億円の資金調達を実施した。調達した資金は、エンジニアを中心とした組織強化のための採用活動、およびサービス認知拡大へのマーケティングへ活用される。

資金調達の目的・背景

Seibiiは、「人とモビリティとの新たなストーリーを創る」をミッションに掲げ、スマホ・ネットから簡単に相談・依頼できる、車の整備・修理・パーツ取り付け等の出張サービス『セイビー』を提供している。『セイビー』は、ネットからの依頼申し込み・出張形態のサービスにより、カーオーナーのUX(ユーザーエクスペリエンス)向上を推進しつつ、整備士のギグワーカーとしての自由な働き方を提案している。

投資ステージとしてはシリーズAを突破、Seibiiの事業成長の核であるテクノロジー強化に向けたエンジニア採用、サービス認知拡大のためのマーケティングへの積極投資を推進すべく、この度の資金調達を実施した。

また将来的には、自社サービス運用により得た知見を活用し、プロダクトの一部を外部に提供することで、自動車整備業に隣接する産業を含めた、19兆14億円(2020年)*の自動車アフターマーケット産業全体のDX(デジタルトランスフォーメーション)を加速させる。

*出所:(株)矢野経済研究所 「自動車アフターマーケット市場に関する調査(2021年)」2021年4月28日発表
注:市場規模は、中古車事業、自動車賃貸事業、自動車部品・用品事業、自動車整備事業、その他関連サービス事業の5事業の合算値

資金調達の概要

調達金額:      約8.4億円 (過去累計:10.07億円)
調達方法:      第三者割当増資
引受先:   ・株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ
       ・株式会社Coral Capital
       ・エンジェル投資家 有安伸宏氏

各投資家からのコメント

※◎は今回新規の出資者、〇は今回追加の出資者、●は前回までの出資者

◎ 株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ 
代表パートナー 今野穣氏 / シニア・アソシエイト 中村達哉氏

「安心・安全に直結する仕事なので信頼が第一。責任をもってSeibiiブランドを掲げ事業に取り組んでいる」、初回面談で佐川さんから出たこのコメントから巨大産業に向き合う強い覚悟を鮮明に覚えています。100年に1度の変革を迎えるモビリティにおいて、旧態依然としたアフターマーケットのアップデートは必然です。その中で、佐川さん、千村さんという熱意・実行力・専門性を兼ね備えたTeam Seibiiは、アフターマーケットのチェンジ・メーカーになると確信しています。日本の強みであるオペレーション/サービスとテックの融合により顧客体験を格段に高め、”世界のTOYOTA”に肩を並べるような大きなチャレンジを期待しています!


〇 Coral Capital 創業パートナー兼CEO James Riney

Seibiiにさらなる追加投資ができることを光栄に思います。この市場は、利用者目線のサービス提供や透明性で課題があり、強力なテクノロジー系のプレイヤーの登場が待ち望まれていました。私たちCoral CapitalがSeibiiを特に素晴らしく思うのは、利用者目線というだけでなく、整備士目線のサービスであるところです。どうすれば整備士の皆さまのお役に立てるかということを常に議論しながらサービスや事業を構築しているのです。業界に関わる全てのステークホルダーに対する、こうした気配りこそが、Seibiiのさらなる成長を促すものと確信しています。

〇 エンジェル投資家 有安伸宏氏

1.2億円という一社あたりの金額としては特に踏み込んだ金額を出資させていただきました(個人から6千万円、仲間とやってるエンジェルファンドから6千万円)。「自動車のアフターマーケット」という巨大市場、事業モデル、そして、成熟した経営陣。この3つの絶妙なフィッティングに、強烈に魅了されてしまいました。Seibii創業者の佐川さんから初めてコンタクトをもらったのは、2017年の10月でした。その後、何度かPivotの末に、市場領域とタイミングがジグソーパズルのようにパチっとハマった。そこからは、スタートアップのお手本のような、右肩上がりの成長カーブを毎月見せつけられ、一起業家としていつも背筋が伸びる思いです。10年、20年といった時間軸で、Seibiiが価値提供のネットワークを着実に積み上げ、社会的なインフラへと成長していくことを確信しています。

● East Ventures パートナー 金子剛士氏

Seibii社には出資直後から弊社が運営するシェアオフィスに入居してもらっていたのですが、急成長スタートアップに必要な多くのことを横で見て学ばせていただきました。Seibiiチームがいることで他のスタートアップにもポジティブな刺激があったように感じます。引き続きみんなのお手本でいてください!

(以下、個人投資家、五十音順)

● 鈴木多聞氏 (株式会社オーリーズ 創業者・代表取締役)

アフターマーケットの可能性と創業者お二人の魅力に惹かれて、その場で参画を決意させてもらいました。創業からこの2年間足らずでその想いが高い成長角度でカタチになっていく様子をみて、とても刺激を受けています。価値の証明から価値の拡大へ、更なるプロダクト開発とグロースマーケティングへ。次のフェーズも心の底から応援しています。

● 高野秀敏氏 (キープレイヤーズ・エンジェル投資家)

総合商社出身で学習され開発もできるというレアな方。しかも経営者がすでに二人。レガシーな産業をDXすることに自分自身が興味がありやり抜ける方だと思い投資させていただきました!応援しております。

● 永塚政義氏 (株式会社アーネスト 創業者・取締役会長)

創業者の佐川さん、千村さんとは、お二人が三井物産にお勤めの頃から一緒にお仕事をさせて頂いており、その行動力、誠実さ、情熱を見てきました。その後、自ら事業を興し、社会に価値を産み出したいとの2人の熱意を聞き、少しでも力になればと、創業期から応援させて頂いております。必ず成功します!

● 守屋実氏 (新規事業家)

モビリティ本体の変化がニュースに取り上げられる一方、裏側を支えるアフターマーケットは語られることが少ない。モビリティ本体を「動脈」とすると、アフターは「静脈」で表裏一体、変化は必然。「所有者の車の維持に関する不満」と「整備士業界の課題」の両面を、テクノロジーを活用した仕組みで解決を図るSeibiiは、まさに今、望まれているスタートアップ。

● 吉川徹氏 (mybest 創業者・代表取締役) 

自動車整備というビッグかつオールドな市場に切り込むSeibiiは、今までのクラウドサービスがそれぞれの市場をディスラプトしていったように、自動車整備産業全体を変える可能性を秘めたサービスだと思います。Go Seibii!!

車の出張整備・修理サービス『セイビー』とは

『セイビー』はスマホ・ネットから簡単に相談・依頼できる、国家資格を持つ整備士による車の整備・修理・パーツ取付等の出張サービスである。
スマホやPCから、日時やメニューを選んで事前予約・事前決済すると、予約の時間に国家資格を持つ自動車整備士が顧客の自宅等に出張する。
車について詳しくない方やメニューに悩む方は、サービスぺージから自動車整備士へのチャット相談が利用可能である(無料)。『セイビー』の特徴である「出張」を前提としたビジネスモデルにより、来店や待ち時間不要で時間を節約できるほか、店舗の相場価格と同等以下という料金設定を実現している。

                                       『セイビー』サービスイメージ

社名株式会社Seibii
設立2019年1月
所在地〒106-0032東京都港区六本木2丁目2-6福吉町ビル 401
代表者代表取締役CEO 佐川 悠
事業概要自動車の整備・修理出張サービス『セイビー』の開発・運営
URL会社サイト :https://seibii.co.jp/corporate/
サービスサイト:https://seibii.co.jp/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

東芝が取り組む、“本気”のオープンイノベーションとは

【オープンイノベーションインタビュー】1875年に創業し、エネルギーや社会インフラ、ICTなど、人と地球の明日を支える「社会の基盤となる事業」に取り組む東芝。そんな東芝が “本気” のオープンイノベーションで新規事業創出に取り組んでいる。すでに法人化したプロジェクトもあるというが、具体的に何をしているのか。グループ全社で新規事業創出の旗振り役をしているCPSxデザイン部 CPS戦略室の相澤宏行氏と岩本晴彦氏に話を伺った。 #募集 #東芝 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【募集】古野電気の社内ベンチャーと一緒に、「建設DX」を実現するパートナーを求む!

【オープンイノベーションインタビュー】センシング、情報処理、情報通信の3つをコアテクノロジーに、魚群探知機等の船舶電子機器や、社会・産業に貢献するさまざまなソリューションをグローバルで提供している古野電気。その技術力を活用して、全く新たな領域に挑戦しているのが建設業界のデジタル化だ。社内ベンチャープロジェクトを立ち上げて、建設業界のデジタル化・遠隔施工の実現のため、現場環境に適した通信やセンサー機器を積極的に展開している。ただ、多様な建設業界の課題を解決する“建設DX”を1社で実現するのは困難なため、「FURUNO 建設DXアクセラレーター」を実施。具体的にどのような共創を目指しているのか、社内ベンチャー 建設DX事業責任者の石野祥太郎氏に話を伺った。 #募集 #古野電気 #インタビュー #アクセラレータープログラム #アクセラレーター #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【入山章栄×佐々木紀彦】30歳は動くとき。「大企業1社」キャリアからの脱却

【インタビュー】「入社すれば一生安泰」という“神話”を信じ、手にした大企業の切符。しかし、年功序列と終身雇用は既に崩壊している──。 転職や複業前提で働く「Z世代」とは違い、大企業神話を信じて1社で働き続けている30代、40代のビジネスパーソンは、このまま変わらない日々を送り続けても大丈夫なのか。 早稲田大学ビジネススクール教授で経営学者の入山章栄氏と、42歳で起業し新著『起業のすすめ さよなら、サラリーマン』を出版した佐々木紀彦氏に、1社経験しかない30代40代がこれからすべきこと、ミドル世代のキャリア論を聞いた。 #複業 #転職 #Z世代 #Creww #大挑戦時代をつくる

【提言】転職だけがすべてじゃない。会社を辞めずに外に出よう

【インタビュー】転職、複業、兼業、起業──。 日本型雇用が崩壊し、自分らしく働く選択肢は増えたとはいえ、これらはまだ一部の人しか経験したことがないのが日本の現状だ。 国際社会と比較しても、日本は圧倒的に人材流動性が低い。超少子高齢化社会で労働力人口も減り続ける日本で、このまま人材の流動性が低いままでいるとどうなってしまうのか。 キャリアデザインの専門家である法政大学教授の田中研之輔氏と、新規事業や社会課題解決に挑戦したい個人・スタートアップ・事業会社をプラットフォームでサポートするCreww株式会社 代表取締役CEOの伊地知天氏に話を聞いた。 #複業 #ゼロイチ #インキュベーション#Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント