12.8 C
Japan
土曜日, 6月 25, 2022

建築DXを推進する施工管理ソフト「テラ施工管理」がリリース1週間で導入実績1000社突破!

建築業界のDXを推進するテラDXソリューションズ株式会社による、現場を効率化する施工管理ソフト「テラ施工管理」の利用企業がリリース開始から1週間で1000社突破しました。

完全無料!建築現場で一番使いやすいソフト「テラ施工管理」とは

業界初、完全無料の施工管理アプリ「テラ施工管理」。職人が簡単に使えるよう建築現場で一番使いやすいアプリを目指して開発されました。必要な機能のみで、直感的に操作することが可能となっており、現場の関係者と社内で情報共有・一元管理することができます。

導入実績1000社突破

「テラ施工管理」の導入実績が、リリース1週間で1000社を突破しました。リフォーム会社や工務店だけでなく、塗装工事・屋根工事・板金工事・電気工事・管工事・ハウスクリーニングなどの専門業者様からも好評となっています。今後も、ユーザーの要望に合わせて、機能のアップデートを行う予定です。

導入した企業の感想

「テラ施工管理」は建築工事会社の現場管理の効率化を図るソフトです。導入した現場からは、管理業務が改善したという声が届いています。

​リフォーム業:共栄住建株式会社 小林 伸也様(長崎県)

「連絡事項の食い違いを防ぎ、現場の作業が捗るようになった」
以前は、現場での連絡ミスを防ぐため電話で何度も確認していましたが、『テラ施工管理』を使い始めてからは、指示した内容をトークと写真、書類でいつでも確認できるので、現場のミスが減ってスムーズに進捗出来てます。特に事務からの連絡事項や事前に打ち合わせした重要な情報を掲示板機能で固定するようにしてから、情報の共有がシンプルになり、現場のトラブルも減って助かっています。

塗装業:株式会社KAPEN 嘉数忍様(埼玉県)

「写真管理がスムーズになり、報告書作成や現場管理の負担が大幅に削減した」
以前は現場の写真をLINEで管理していたため、ダウンロードの期限があったり、アルバムへの入れ忘れが頻発して困っていました。『テラ施工管理』では自動でアルバム化されて、画像の枚数も無制限なので、職人が毎日送る現場の写真管理が楽になり本当に助かっています。現場の情報をアプリで共有するようにしてから、事務所にいなくても管理業務できるので帰宅時間も早まり、家族にも喜ばれています。

エクステリア業:株式会社宗匠 安田宗生様(大阪府)

「現場のやりとりが『テラ施工管理」で完結するため、書類や写真を探す手間が減った」
仕事とプライベートでトークアプリを使い分けられるので、情報の抜け漏れもなくなり、検索するときも便利になりました。以前有料の施工管理アプリも試してみましたが、職人が使うには複雑すぎて使ってくれずやめてしまいました。『テラ施工管理』はベテランの職人も直感的に使えて、機能が豊富なので知り合いの社長にも紹介しています。これで無料は驚きです。

「テラ施工管理」は、建築工事会社の要望に合わせて、機能のアップデートを行う予定。また、より多くの建築工事会社に貢献するべく、販売代理店の募集(加盟金、手数料など完全無料)の拡大を実施しています。
 今後もテラDXソリューションズ株式会社では、建築業界のDXを推進するべく様々なサービスを続々と提供していく予定となっています。

■テラDXソリューションズ株式会社

2021年に創業。東京に本社を構える。テラグループ(資本金合計33.2億円、社員数合計350人)の一員であり、建築業界のDXを推進すべく設立。現在、住宅分野では大手損害保険会社と共同で自然災害時の家屋修繕サービスや屋根・外壁施工Webサービス「クイック屋根工事」を提供。また、建築DX分野では足場施工向け管理ソフト「テラ足場」の提供を行っている。
HP ▶︎https://sekoukanri.terra-dx.co.jp/

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

蚕を使った「シルクフード」を次世代の代替タンパク質へ!フードテックのスタートアップ「エリー」

【スタートアップインタビュー】 Crewwが注目のスタートアップを掘り下げて紹介する『大挑戦時代を生きるスタートアップ特集』。今回は、蚕を使った代替タンパク質「シルクフード」を開発するフードテックのスタートアップ「エリー株式会社」へ伺いました。 サステナブルな次世代食品「シルクフード」は一体どのようなものなのでしょうか。また、昆虫食のなかでも、蚕に着目したのはなぜなのでしょうか。その社会実装の推進やマネタイズの面を含めた現在、さらには環境問題の解決を見据え、エリーが目指す展開とはー。 食品メーカー勤務の経験を生かし、新しい代替タンパク質の開発に向けて起業したエリー株式会社代表の梶栗 隆弘氏が、社会に広めたい想いーその熱い胸の内をお話くださいました。 #スタートアップ #インタビュー #FoodTech #シルクフード #エリー #昆虫食 #代替タンパク質 #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント