12.8 C
Japan
火曜日, 6月 28, 2022

尿でカラダの栄養バランスがわかる世界初の検査サービス『VitaNote(ビタノート)』

スタートアップ「ユカシカド」は、尿でカラダの栄養バランスが分かる世界初の検査サービス『VitaNote(ビタノート)』を提供している。家庭で手軽に利用できる『ビタノート』を通じた「栄養状態の把握」を習慣化させることに成功すれば、生活習慣病予防や「栄養不良」の改善に役立っていく。本記事では、『ビタノート』の開発に至るまでのお話を代表の美濃部 慎也氏に伺った。
※この記事は、2019年2月19日STARTUPismにて公開された記事を転載しています。

自宅で手軽に行うことができる定期的な健康診断ツール

栄養バランスや吸収量など、検査結果がスマホで見られる

当社は、尿でカラダの栄養バランスが分かる世界初の検査サービス『VitaNote(ビタノート)』を提供しています。個人が栄養検査キットを購入し、採尿して当社の検査センターに郵送すると、独自に開発した計測器が約1週間~3週間で栄養の吸収状態を計測し、当社開発のアルゴリズムによって、カルシウムやビタミンB1など14種類の栄養素と酸化ストレスの合計15項目について解析します。通常、栄養状態を調べるには、身体計測、生化学検査、臨床審査、食事調査といった4つの方法で進める栄養アセスメントに基づくことが一般的ですが、尿検査によって採尿日前3日間の栄養吸収量平均値が把握できるため、ある程度の生活習慣を知ることができます。

ビタノートは、自宅などで手軽に行うことができる定期的な健康診断ツールとして、生活習慣に不安を抱える人や妊娠期・授乳期の女性、また、健康に対する意識が高いアスリートなどを中心に幅広く利用されており、健康維持のため3カ月に一度の利用を推奨しています。また、検査結果に基づいたテーラーメイドのサプリメント『VitaNote FOR(ビタノートフォー)』も提供しており、個々に合った栄養バランスのサポートができる点も当社のサービスの大きな特徴です。

アスリートならではの発想が開発の起点に

株式会社ユカシカド 代表取締役CEO 美濃部 慎也氏

『ビタノート』を開発しようと考え始めたきっかけは学生時代にさかのぼります。私は、学生時代、関西学院大学アメリカンフットボール部に所属しており、常にベストの状態で試合や練習に臨める体を保つため、「トレーニング」「栄養」「休養」のサイクルを意識した「コンディショニング」を実践していました。しかし、3つのサイクルの中で特に「栄養」に関しては、栄養素の吸収に個人差があるためコンディションを整えることが難しく、バランスと効率を考えた食事の摂り方にはかなり気を使い強い体を維持することを心掛けていました。

約4年間の選手時代を通じて「栄養学」に興味を抱いたこともあり、選手生活を引退した後は、世界における食生活と栄養の課題を自分自身の目で確かめるため、卒業までの間フィリピンとバングラデシュに渡り、開発途上国の子どもたちの衣食住に関するボランティア活動に打ち込みました。世界では3人に1人が「栄養不良」の問題を抱えているとも言われていますが、実際は、食べ物がないために起きる「栄養不足」だけでなく、栄養の摂り方を間違ったために肥満や生活習慣病を起こす「栄養偏重」が問題となっている現状を目の当たりにしました。このことが大きなきっかけとなり、「栄養の二重負荷」の解決につながる事業を自身で手掛けようと心に決めました。

「栄養不良」の改善を通じて健康に暮らせる社会を実現

卒業後は、起業を見据えてリクルートに入社し、求人媒体の営業や商品企画を担当したほか、ベンチャー企業との合弁会社設立も手掛けました。合弁会社設立時には「経営戦略」に携わることができたため、会社を経営するための礎となったと強く感じています。その後、2013年にユカシカドを設立したわけですが、当初、サービスを始めるにあたっての多額な開発費用に対して専門家から厳しいご意見をいただいたこともありました。しかし、2014年と2017年に革新的なサービスを開発する企業を対象とした経済産業省の補助金制度に2度採択されるなど、多方面からの支援もあり、ようやく2017年6月に『ビタノート』の発売に至りました。

サービス開始以降、これまでに120社を超える大手企業から協業の話をいただいているほか、2018年には経済産業省主催の「ジャパンヘルスケアビジネスコンテスト2018」で優秀賞を受賞し、当社にとって飛躍の年となりました。また、同年8月にはファストトラックイニシアティブ、農林漁業成長産業化支援機構、SMBCベンチャーキャピタルの3社から約2億円の資金調達を実施し、さらなる躍進を目指しています。

心拍数や睡眠の質など、体に関するあらゆる数値がウエアラブル端末を活用することで測定できる時代が到来していますが、健康ブームが高まりを見せている中においても、栄養バランスに関しては、今なお個人で測定するのは不可能です。そのため、家庭で手軽に利用できる『ビタノート』を通じた「栄養状態の把握」を習慣化させることに成功すれば、生活習慣病予防や「栄養不良」の改善、ひいては健康寿命を伸ばすことにつながると考えています。近い将来、この取り組みを海外にも発信し、開発途上国をはじめとする世界各国における人々の「栄養不良」の改善を通じて健康に暮らせる社会を実現させたいと考えています。

社名株式会社ユカシカド
設立2013年3月15日
所在地〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5丁目53−67 コスモス青山 コスモスサウス302
代表者美濃部 慎也
事業概要栄養改善サービスの提供
URLhttps://creww.me/ja/startup/yukashikado
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

蚕を使った「シルクフード」を次世代の代替タンパク質へ!フードテックのスタートアップ「エリー」

【スタートアップインタビュー】 Crewwが注目のスタートアップを掘り下げて紹介する『大挑戦時代を生きるスタートアップ特集』。今回は、蚕を使った代替タンパク質「シルクフード」を開発するフードテックのスタートアップ「エリー株式会社」へ伺いました。 サステナブルな次世代食品「シルクフード」は一体どのようなものなのでしょうか。また、昆虫食のなかでも、蚕に着目したのはなぜなのでしょうか。その社会実装の推進やマネタイズの面を含めた現在、さらには環境問題の解決を見据え、エリーが目指す展開とはー。 食品メーカー勤務の経験を生かし、新しい代替タンパク質の開発に向けて起業したエリー株式会社代表の梶栗 隆弘氏が、社会に広めたい想いーその熱い胸の内をお話くださいました。 #スタートアップ #インタビュー #FoodTech #シルクフード #エリー #昆虫食 #代替タンパク質 #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント