12.8 C
Japan
水曜日, 6月 23, 2021

尿でカラダの栄養バランスがわかる世界初の検査サービス『VitaNote(ビタノート)』

スタートアップ「ユカシカド」は、尿でカラダの栄養バランスが分かる世界初の検査サービス『VitaNote(ビタノート)』を提供している。家庭で手軽に利用できる『ビタノート』を通じた「栄養状態の把握」を習慣化させることに成功すれば、生活習慣病予防や「栄養不良」の改善に役立っていく。本記事では、『ビタノート』の開発に至るまでのお話を代表の美濃部 慎也氏に伺った。
※この記事は、2019年2月19日STARTUPismにて公開された記事を転載しています。

自宅で手軽に行うことができる定期的な健康診断ツール

栄養バランスや吸収量など、検査結果がスマホで見られる

当社は、尿でカラダの栄養バランスが分かる世界初の検査サービス『VitaNote(ビタノート)』を提供しています。個人が栄養検査キットを購入し、採尿して当社の検査センターに郵送すると、独自に開発した計測器が約1週間~3週間で栄養の吸収状態を計測し、当社開発のアルゴリズムによって、カルシウムやビタミンB1など14種類の栄養素と酸化ストレスの合計15項目について解析します。通常、栄養状態を調べるには、身体計測、生化学検査、臨床審査、食事調査といった4つの方法で進める栄養アセスメントに基づくことが一般的ですが、尿検査によって採尿日前3日間の栄養吸収量平均値が把握できるため、ある程度の生活習慣を知ることができます。

ビタノートは、自宅などで手軽に行うことができる定期的な健康診断ツールとして、生活習慣に不安を抱える人や妊娠期・授乳期の女性、また、健康に対する意識が高いアスリートなどを中心に幅広く利用されており、健康維持のため3カ月に一度の利用を推奨しています。また、検査結果に基づいたテーラーメイドのサプリメント『VitaNote FOR(ビタノートフォー)』も提供しており、個々に合った栄養バランスのサポートができる点も当社のサービスの大きな特徴です。

アスリートならではの発想が開発の起点に

株式会社ユカシカド 代表取締役CEO 美濃部 慎也氏

『ビタノート』を開発しようと考え始めたきっかけは学生時代にさかのぼります。私は、学生時代、関西学院大学アメリカンフットボール部に所属しており、常にベストの状態で試合や練習に臨める体を保つため、「トレーニング」「栄養」「休養」のサイクルを意識した「コンディショニング」を実践していました。しかし、3つのサイクルの中で特に「栄養」に関しては、栄養素の吸収に個人差があるためコンディションを整えることが難しく、バランスと効率を考えた食事の摂り方にはかなり気を使い強い体を維持することを心掛けていました。

約4年間の選手時代を通じて「栄養学」に興味を抱いたこともあり、選手生活を引退した後は、世界における食生活と栄養の課題を自分自身の目で確かめるため、卒業までの間フィリピンとバングラデシュに渡り、開発途上国の子どもたちの衣食住に関するボランティア活動に打ち込みました。世界では3人に1人が「栄養不良」の問題を抱えているとも言われていますが、実際は、食べ物がないために起きる「栄養不足」だけでなく、栄養の摂り方を間違ったために肥満や生活習慣病を起こす「栄養偏重」が問題となっている現状を目の当たりにしました。このことが大きなきっかけとなり、「栄養の二重負荷」の解決につながる事業を自身で手掛けようと心に決めました。

「栄養不良」の改善を通じて健康に暮らせる社会を実現

卒業後は、起業を見据えてリクルートに入社し、求人媒体の営業や商品企画を担当したほか、ベンチャー企業との合弁会社設立も手掛けました。合弁会社設立時には「経営戦略」に携わることができたため、会社を経営するための礎となったと強く感じています。その後、2013年にユカシカドを設立したわけですが、当初、サービスを始めるにあたっての多額な開発費用に対して専門家から厳しいご意見をいただいたこともありました。しかし、2014年と2017年に革新的なサービスを開発する企業を対象とした経済産業省の補助金制度に2度採択されるなど、多方面からの支援もあり、ようやく2017年6月に『ビタノート』の発売に至りました。

サービス開始以降、これまでに120社を超える大手企業から協業の話をいただいているほか、2018年には経済産業省主催の「ジャパンヘルスケアビジネスコンテスト2018」で優秀賞を受賞し、当社にとって飛躍の年となりました。また、同年8月にはファストトラックイニシアティブ、農林漁業成長産業化支援機構、SMBCベンチャーキャピタルの3社から約2億円の資金調達を実施し、さらなる躍進を目指しています。

心拍数や睡眠の質など、体に関するあらゆる数値がウエアラブル端末を活用することで測定できる時代が到来していますが、健康ブームが高まりを見せている中においても、栄養バランスに関しては、今なお個人で測定するのは不可能です。そのため、家庭で手軽に利用できる『ビタノート』を通じた「栄養状態の把握」を習慣化させることに成功すれば、生活習慣病予防や「栄養不良」の改善、ひいては健康寿命を伸ばすことにつながると考えています。近い将来、この取り組みを海外にも発信し、開発途上国をはじめとする世界各国における人々の「栄養不良」の改善を通じて健康に暮らせる社会を実現させたいと考えています。

社名株式会社ユカシカド
設立2013年3月15日
所在地〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5丁目53−67 コスモス青山 コスモスサウス302
代表者美濃部 慎也
事業概要栄養改善サービスの提供
URLhttps://creww.me/ja/startup/yukashikado
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【募集】「人間と自然の掛け橋」に。兵庫県加古川市の優良企業ムサシがスタートアップ協業

【オープンイノベーションインタビュー】 明治時代に全国屈指の金物のまち兵庫県三木市で金物問屋として創業し、1983年にムサシを設立。加古川に本社を置く同社は、高枝切鋏のムサシとして業績を軌道に乗せ、今現在はセンサーライトと園芸用品のムサシとして事業成長をしている優良中堅企業です。 そんな人と自然に関わる事業を展開する地域の牽引企業として、ここ数年最前線で課題に感じているのは、高齢者が加速するライフスタイルの多様化についていけない現状なのだとか。 そこで、スタートアップとの協業により、企業の枠を超えて社会課題解決につながるサービスや製品を生み出すべく、Crewwのオープンイノベーション支援サービスを使い、アクセラレータープログラム開催に向けて一歩を踏み出しました。 オープンイノベーションに乗り出すに至るまでの思いを、株式会社ムサシ代表取締役社長の岡本篤氏に伺ってみました。 #アクセラレータープログラム #オープンイノベーション #スタートアップ #ムサシ #大挑戦時代をつくる #Creww

【募集】日野自動車「本気のDX」。デジタルがブルーオーシャンの物流業界を変革し、日本に活力を

【アクセラレーターインタビュー】 1942年の設立以来、社会にとって必要不可欠なトラック・バスづくりを担い、日本の物流を支えてきた日野自動車。しかし、技術革新やライフスタイルの多様化に伴い、人や物の移動を取り巻く環境は急速に変化。さらに、ドライバー不足やCO2排出量の削減、持続可能な交通網の維持など、解決すべき社会課題は多岐にわたっています。 そこで、自社でのソリューション開発・提供だけでなく、他社との協業による社会課題解決を目指し、「HINO ACCELERATOR 2021 -HINO DE SAFARI-」を実施。スタートアップの技術やアイデアに日野のアセットを掛け合わせることで、物流業界や社会の課題を解決し、新たな価値提供を目指しています。具体的にどのような思いで取り組んでいるのか、日野自動車CDO(Chief Digital Officer)デジタル領域長の小佐野豪績氏に話を伺いました。

「呼べば5分で届く世界」セイノーHDとエアロネクストがオープンイノベーションで描く空の革命

【アクセラレーターインタビュー】 既存物流とドローン物流を連結・融合させた新スマート物流サービスを確立すべく、2021年1月にセイノーHDとエアロネクストが業務提携を締結。現在、山梨県小菅村にて、無在庫化と無人化を特徴とする、スマートサプライチェーン「SkyHubTM」の実証と実装にむけたプロジェクトを展開中です。 今回は、セイノーHDの河合 秀治氏とエアロネクスト田路 圭輔氏にご登壇いただき、「 SkyHubTM」についての詳細や協業に至った経緯、今後のビジョンなどについてお話しいただきました。 #オープンイノベーション #業務提携 #アクセラレーターインタビュー #セイノーホールディングス #エアロネクスト #SkyHubTM #スカイハブ #小菅村 #実証実験 #ドローン物流 #大挑戦時代をつくる #Creww

物流ソリューションの未来を切り開く為、これまでの常識にとらわれない「次の物流」の開発に、スタートアップの皆さまとチャレンジさせていただきたい。

【アクセラレーターインタビュー】 物流業界大手の佐川急便が、2021年度もアクセラレータープログラムを実施します。2014年からオープンイノベーションに積極的に取り組んできた同社は、スタートアップとのアライアンス活動の要となる新たな基地として、昨年「HIKYAKU LABO」を新設。物流を取り巻く環境や顧客ニーズが激変する中、スタートアップとの協業によって持続可能な社会を作るべく、社会課題の解決に取り組んでいます。「アクセラの審査には通過しなかったとしても、応募いただいたスタートアップとは何かしらの協業を模索したい」と語る執行役員・藤野博氏に、佐川急便がオープンイノベーションに取り組む背景やスタートアップと狙いたい領域などを伺いました!
Facebook コメント