12.8 C
Japan
火曜日, 11月 24, 2020

2019年上場企業から見たスタートアップに関する意識調査 ―イメージ編―

Creww(クルー)は、2019年3月15日~2019年3月29日に「上場企業から見たスタートアップ企業に関する意識調査」を行なった。本記事は、調査結果をまとめたそのイメージ編である。
※この記事は、2019年5月27日、STARTUPismにて公開された記事を転載しています。

スタートアップ企業に対するポジティブなイメージは技術革新を起こし、少数精鋭で決断が速い!一方、ネガティブなイメージは企業の信用力、財務基盤、安定保障が弱く、社員一人当たりの負担が大きいとも!?

2019年3月15日~2019年3月29日に従業員規模1,000名以上の上場企業の役職者(会社経営者、役員、部長、次長、課長)を対象とした「上場企業から見たスタートアップ企業に関する意識調査」を行った。調査の結果から、スタートアップ企業と聞いてイメージする分野は「AI」、「フィンテック」「IoT」など、テクノロジーに特化したイメージを多く抱かれていることが明らかとなった。世界を見渡せば、IT業界を中心に、急成長しているスタートアップ企業が数多く存在していることもあり、テクノロジーを駆使しているイメージが強いのかもしれない。また、実際に取引したことがある場合は「仕事が速い」「小回りが利く」「発想が豊か」などの印象をスタートアップ企業に持っていることが明らかとなった。一方、ネガティブなイメージとしては企業基盤に関する意見が多く、スタートアップ企業と関りを持った経験がある方はスタートアップ企業の内情をよくご存じなのかもしれない。

■イメージするスタートアップの分野は「AI」がトップ、次いで「フィンテック」。しかし、取引経験ありは「フィンテック」がトップと逆転!

Q. あなたがイメージするスタートアップ企業の分野をお答えください。【複数回答】

イメージするスタートアップ企業の分野は「AI(68.0%)」が最も多く、次いで、近年QRコード決済サービスが話題となっている、金融サービスと情報技術を結びつける「フィンテック(62.0%)」、従来インターネットに接続されていなかったモノを接続し、得られたデータから新たな価値を創り出す「IoT(61.0%)」が上位となったが、スタートアップ企業と取引経験がある方は「フィンテック(71.2%)」、「AI(66.7%)」と、1位と2位が逆転する結果となった。


■スタートアップ企業に対するポジティブなイメージは「技術革新を起こしている」がダントツ1位

Q. スタートアップ企業のポジティブなイメージとしてあてはまるものをお答えください。【複数回答】

本調査を通じて、半数以上が「技術革新を起こしている(74.5%)」、「少数精鋭(54.5%)」など、スタートアップ企業に対してポジティブなイメージを持っていることが判明した。なかでも、実際にスタートアップ企業と関わった経験を持つ「取引経験あり」、「協業経験あり」という方は、「どちらもない」と回答した方よりも「決断が早い」、「実力主義」など、実際に関わったからこそ感じられることに対して、ポジティブなイメージを持っている傾向がある。

■一方でネガティブなイメージは、「企業の信用力」「財務基盤」「安定保障が弱い」

Q.スタートアップ企業のネガティブなイメージとしてあてはまるものをお答えください。【複数回答】

実際にスタートアップ企業と関わった経験を持つ方はポジティブなイメージを持っている傾向が多い一方、ネガティブなイメージについては、「企業の信用力が弱い(63.5%)」、「財務などの管理体制が整っていない(47.0%)」、「安定や保証がない(45.0%)」など、企業基盤に関する意見が多く集まった。また、「取引経験あり」、「協業経験あり」と「どちらの経験もない」を比較すると、「離職率が高い」という回答に大きな差が見られた。

■実際に取引をした印象は「仕事が速い」「小回りが利く」「発想が豊か」

Q.スタートアップ企業と取引をしたことのある方にお聞きします。取引をしたときにスタートアップ企業にどのような印象を持ちましたか。【複数回答】

スタートアップ企業と取引経験のある方はスタートアップ企業にどのような印象を抱いているのかを調査したところ、「仕事が速い(40.9%)」が最も高く、次いで「小回りが利く(39.4%)」、「発想が豊か(39.4%)」と続く結果となり、ポジティブな印象が多く抱かれていることが明らかとなった。

【調査概要】
1.調査の方法:WEBアンケート方式で実施

2.調査の対象:従業員規模1,000名以上の上場企業の役職者(会社経営者、役員、部長、次長、課長)であり、オフィスで働く20歳~59歳までの“スタートアップ”という企業の存在を知っている方を対象に実施
※部長までを優先的に回収

3.有効回答数:200名

4.調査実施日:2019年3月15日(金)~2019年3月29日(金)

5.調査名:「一般企業とスタートアップ企業の違いに関する調査上場企業から見たスタートアップ企業に関する意識調査」

■引用・転載時のクレジット表記のお願い
※本リリースの引用・転載は、必ずクレジットを明記していただきますようお願い申し上げます。 <例>「Creww株式会社が実施した調査結果によると……」

PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【Creww×飯田市】地方での新事業創出の可能性、そしてオープンイノベーションへの挑戦へ

飯田市金融政策課と17の支援機関が連携し取り組むビジネス支援協議会「I-Port」の開港から3年。これまで、地域で生まれる多様な新規事業や事業展開への幅広いビジネス支援を継続してきました。その実績を振り返りつつ、今回は「事業をつくる=挑戦する」あらゆるビジネスパーソンの機会創出を数多く手がけてきたCreww(クルー)株式会社取締役の水野智之さんをお招きし、地方におけるビジネス支援の可能性や課題について、ともに語り合いました。

【新規事業開発インタビューvol.1】Freeat_食品ロス削減の仕組みを創る(後編)

“本業を退職せず”事業創出を実現できるインキュベーションプログラム「STARTUP STUDIO by Creww」にてプロジェクトを推進するファウンダーインタビュー連載。第一弾は、食品ロス削減の仕組みを創る「Freeat」の小嶋 亮 氏にお話を伺いました。スタートアップスタジオで本業を続けながら事業開発をするメリットや、ぶっちゃけ大変なこと、失敗談などなど…ここでしか聞けない生の声を赤裸々に語っていただきました。 後編では、スタートアップスタジオで活動する上でのメリットや、大変なこと、プロジェクトの状況や今後の予定をまとめております。

【新規事業開発インタビューvol.1】Freeat_食品ロス削減の仕組みを創る(前編)

“本業を退職せず”事業創出を実現できるインキュベーションプログラム「STARTUP STUDIO by Creww」にてプロジェクトを推進するファウンダーインタビュー連載。第一弾は、食品ロス削減の仕組みを創る「Freeat」の小嶋 亮 氏にお話を伺いました。スタートアップスタジオで本業を続けながら事業開発をするメリットや、ぶっちゃけ大変なこと、失敗談などなど…ここでしか聞けない生の声を赤裸々に語っていただきました。 前編では、プロジェクトの発足背景、仲間集めのポイント、プロジェクトを推進する上で行った事を伺いました。

コロナ禍の新たな顧客体験構築に挑む、店舗業務効率化SAASスタートアップ

成長の加速を落とさないスタートアップにフォーカスをして、失敗事例や克服のストーリー成功体験など、生の声を配信している連載「スタートアップの流儀」。今回は、Leretto(リリット)の代表取締役社長である辰巳 衛氏にお話を伺いました。