12.8 C
Japan
火曜日, 9月 28, 2021

2019年上場企業から見たスタートアップに関する意識調査 ―イメージ編―

Creww(クルー)は、2019年3月15日~2019年3月29日に「上場企業から見たスタートアップ企業に関する意識調査」を行なった。本記事は、調査結果をまとめたそのイメージ編である。
※この記事は、2019年5月27日、STARTUPismにて公開された記事を転載しています。

スタートアップ企業に対するポジティブなイメージは技術革新を起こし、少数精鋭で決断が速い!一方、ネガティブなイメージは企業の信用力、財務基盤、安定保障が弱く、社員一人当たりの負担が大きいとも!?

2019年3月15日~2019年3月29日に従業員規模1,000名以上の上場企業の役職者(会社経営者、役員、部長、次長、課長)を対象とした「上場企業から見たスタートアップ企業に関する意識調査」を行った。調査の結果から、スタートアップ企業と聞いてイメージする分野は「AI」、「フィンテック」「IoT」など、テクノロジーに特化したイメージを多く抱かれていることが明らかとなった。世界を見渡せば、IT業界を中心に、急成長しているスタートアップ企業が数多く存在していることもあり、テクノロジーを駆使しているイメージが強いのかもしれない。また、実際に取引したことがある場合は「仕事が速い」「小回りが利く」「発想が豊か」などの印象をスタートアップ企業に持っていることが明らかとなった。一方、ネガティブなイメージとしては企業基盤に関する意見が多く、スタートアップ企業と関りを持った経験がある方はスタートアップ企業の内情をよくご存じなのかもしれない。

■イメージするスタートアップの分野は「AI」がトップ、次いで「フィンテック」。しかし、取引経験ありは「フィンテック」がトップと逆転!

Q. あなたがイメージするスタートアップ企業の分野をお答えください。【複数回答】

イメージするスタートアップ企業の分野は「AI(68.0%)」が最も多く、次いで、近年QRコード決済サービスが話題となっている、金融サービスと情報技術を結びつける「フィンテック(62.0%)」、従来インターネットに接続されていなかったモノを接続し、得られたデータから新たな価値を創り出す「IoT(61.0%)」が上位となったが、スタートアップ企業と取引経験がある方は「フィンテック(71.2%)」、「AI(66.7%)」と、1位と2位が逆転する結果となった。


■スタートアップ企業に対するポジティブなイメージは「技術革新を起こしている」がダントツ1位

Q. スタートアップ企業のポジティブなイメージとしてあてはまるものをお答えください。【複数回答】

本調査を通じて、半数以上が「技術革新を起こしている(74.5%)」、「少数精鋭(54.5%)」など、スタートアップ企業に対してポジティブなイメージを持っていることが判明した。なかでも、実際にスタートアップ企業と関わった経験を持つ「取引経験あり」、「協業経験あり」という方は、「どちらもない」と回答した方よりも「決断が早い」、「実力主義」など、実際に関わったからこそ感じられることに対して、ポジティブなイメージを持っている傾向がある。

■一方でネガティブなイメージは、「企業の信用力」「財務基盤」「安定保障が弱い」

Q.スタートアップ企業のネガティブなイメージとしてあてはまるものをお答えください。【複数回答】

実際にスタートアップ企業と関わった経験を持つ方はポジティブなイメージを持っている傾向が多い一方、ネガティブなイメージについては、「企業の信用力が弱い(63.5%)」、「財務などの管理体制が整っていない(47.0%)」、「安定や保証がない(45.0%)」など、企業基盤に関する意見が多く集まった。また、「取引経験あり」、「協業経験あり」と「どちらの経験もない」を比較すると、「離職率が高い」という回答に大きな差が見られた。

■実際に取引をした印象は「仕事が速い」「小回りが利く」「発想が豊か」

Q.スタートアップ企業と取引をしたことのある方にお聞きします。取引をしたときにスタートアップ企業にどのような印象を持ちましたか。【複数回答】

スタートアップ企業と取引経験のある方はスタートアップ企業にどのような印象を抱いているのかを調査したところ、「仕事が速い(40.9%)」が最も高く、次いで「小回りが利く(39.4%)」、「発想が豊か(39.4%)」と続く結果となり、ポジティブな印象が多く抱かれていることが明らかとなった。

【調査概要】
1.調査の方法:WEBアンケート方式で実施

2.調査の対象:従業員規模1,000名以上の上場企業の役職者(会社経営者、役員、部長、次長、課長)であり、オフィスで働く20歳~59歳までの“スタートアップ”という企業の存在を知っている方を対象に実施
※部長までを優先的に回収

3.有効回答数:200名

4.調査実施日:2019年3月15日(金)~2019年3月29日(金)

5.調査名:「一般企業とスタートアップ企業の違いに関する調査上場企業から見たスタートアップ企業に関する意識調査」

■引用・転載時のクレジット表記のお願い
※本リリースの引用・転載は、必ずクレジットを明記していただきますようお願い申し上げます。 <例>「Creww株式会社が実施した調査結果によると……」

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【事業創出パートナー募集】社長と二人三脚で「明日の街を楽しく」する事業を生み出しませんか|店舗流通ネット オープンイノベーション

【オープンイノベーションインタビュー】 「飲食店の業務委託型ビジネス」を創ったパイオニア、店舗流通ネット株式会社。初期投資を抑えた出店サービスという唯一無二のビジネスモデルを確立させ、そこで培ったノウハウやネットワークをもとに、「店舗」を軸とした不動産・人材・プロモーション・工事など多角的なビジネス展開を続けている。新たに100の事業創出を目指して、2021年度よりアクセラレータープログラムを導入。すでに2回を開催し、実績が出始めている。そして今回、9月からスタートする3回目の開催に向けて、代表取締役社長の戸所岳大氏に話を伺った。 #募集 #店舗流通ネット #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【協業企業募集】日本のライフラインを支える渡辺パイプと、持続可能な地域社会に貢献し、ボトムアップで日本を元気にしませんか

【オープンイノベーションインタビュー】 水・住まい・農業。水道などの管材や電設資材、住宅設備機器、建材を取り扱う商社であり、農業の温室などを提供する農業メーカーでもある渡辺パイプ。日本全国の生活インフラを支えるリーディングカンパニーだ。これまでに培った潤沢なリソースを活用して、日本の国力をボトムアップで高めるべく、アクセラレータープログラムを実施する。スタートアップとの協業によって、小規模事業者の経営課題も解決できるようなサービス創出や、地域貢献を目指すという。プロジェクトを統括する副社長の渡辺圭祐氏に、具体的に活用できるリソースや描く未来について話を伺った。 #募集 #渡辺パイプ #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【ビジネスアイデア募集】近代国家を作った薩摩藩・鹿児島の企業と一緒に、次の未来を切り拓きませんか|NTTドコモ主催

【オープンイノベーションインタビュー】 2021年9月13日より募集が始まる、「鹿児島アクセラレーター2021」。これは、鹿児島県内の企業と全国のスタートアップとのオープンイノベーションにより、新たな価値創出を目指す、NTTドコモ主催のプログラムだ。参加する地域企業は、南日本新聞と南日本放送、主に建設業を営む渡辺組の3社。そこに、NTTドコモが強力なサポーターとして参画する。今回のプログラムを主催する背景や期待することなどについて、NTTドコモ九州支社 鹿児島支店 法人営業部 部長の坂本亨氏に話を伺った。 #募集 #NTTドコモ #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

伝統工芸品のカスタムオーダーサービスで、職人による手仕事のすばらしさを広めたい!|「magokoro(まごころ)」

【スタートアップインタビュー】 「大挑戦時代をつくる。」をビジョンに掲げるCrewwでは、毎月オンラインネットワーキングにて、事業会社・スタートアップ・個人起業家などの挑戦者をリコメンドしています。 CrewwのSTARTUP STUDIO(スタートアップスタジオ)プログラム運営をメインに担当する寺田 麗未が今回ご紹介するスタートアッププロジェクトは、magokoro(まごころ)です。 #studioインタビュー #インキュベーションプログラム #スタートアップ #STARTUPSTUDIO #magokoro #まごころ #伝統工芸品 #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント