12.8 C
Japan
月曜日, 2月 6, 2023

2019年上場企業から見たスタートアップに関する意識調査 ―イメージ編―

Creww(クルー)は、2019年3月15日~2019年3月29日に「上場企業から見たスタートアップ企業に関する意識調査」を行なった。本記事は、調査結果をまとめたそのイメージ編である。
※この記事は、2019年5月27日、STARTUPismにて公開された記事を転載しています。

スタートアップ企業に対するポジティブなイメージは技術革新を起こし、少数精鋭で決断が速い!一方、ネガティブなイメージは企業の信用力、財務基盤、安定保障が弱く、社員一人当たりの負担が大きいとも!?

2019年3月15日~2019年3月29日に従業員規模1,000名以上の上場企業の役職者(会社経営者、役員、部長、次長、課長)を対象とした「上場企業から見たスタートアップ企業に関する意識調査」を行った。調査の結果から、スタートアップ企業と聞いてイメージする分野は「AI」、「フィンテック」「IoT」など、テクノロジーに特化したイメージを多く抱かれていることが明らかとなった。世界を見渡せば、IT業界を中心に、急成長しているスタートアップ企業が数多く存在していることもあり、テクノロジーを駆使しているイメージが強いのかもしれない。また、実際に取引したことがある場合は「仕事が速い」「小回りが利く」「発想が豊か」などの印象をスタートアップ企業に持っていることが明らかとなった。一方、ネガティブなイメージとしては企業基盤に関する意見が多く、スタートアップ企業と関りを持った経験がある方はスタートアップ企業の内情をよくご存じなのかもしれない。

■イメージするスタートアップの分野は「AI」がトップ、次いで「フィンテック」。しかし、取引経験ありは「フィンテック」がトップと逆転!

Q. あなたがイメージするスタートアップ企業の分野をお答えください。【複数回答】

イメージするスタートアップ企業の分野は「AI(68.0%)」が最も多く、次いで、近年QRコード決済サービスが話題となっている、金融サービスと情報技術を結びつける「フィンテック(62.0%)」、従来インターネットに接続されていなかったモノを接続し、得られたデータから新たな価値を創り出す「IoT(61.0%)」が上位となったが、スタートアップ企業と取引経験がある方は「フィンテック(71.2%)」、「AI(66.7%)」と、1位と2位が逆転する結果となった。


■スタートアップ企業に対するポジティブなイメージは「技術革新を起こしている」がダントツ1位

Q. スタートアップ企業のポジティブなイメージとしてあてはまるものをお答えください。【複数回答】

本調査を通じて、半数以上が「技術革新を起こしている(74.5%)」、「少数精鋭(54.5%)」など、スタートアップ企業に対してポジティブなイメージを持っていることが判明した。なかでも、実際にスタートアップ企業と関わった経験を持つ「取引経験あり」、「協業経験あり」という方は、「どちらもない」と回答した方よりも「決断が早い」、「実力主義」など、実際に関わったからこそ感じられることに対して、ポジティブなイメージを持っている傾向がある。

■一方でネガティブなイメージは、「企業の信用力」「財務基盤」「安定保障が弱い」

Q.スタートアップ企業のネガティブなイメージとしてあてはまるものをお答えください。【複数回答】

実際にスタートアップ企業と関わった経験を持つ方はポジティブなイメージを持っている傾向が多い一方、ネガティブなイメージについては、「企業の信用力が弱い(63.5%)」、「財務などの管理体制が整っていない(47.0%)」、「安定や保証がない(45.0%)」など、企業基盤に関する意見が多く集まった。また、「取引経験あり」、「協業経験あり」と「どちらの経験もない」を比較すると、「離職率が高い」という回答に大きな差が見られた。

■実際に取引をした印象は「仕事が速い」「小回りが利く」「発想が豊か」

Q.スタートアップ企業と取引をしたことのある方にお聞きします。取引をしたときにスタートアップ企業にどのような印象を持ちましたか。【複数回答】

スタートアップ企業と取引経験のある方はスタートアップ企業にどのような印象を抱いているのかを調査したところ、「仕事が速い(40.9%)」が最も高く、次いで「小回りが利く(39.4%)」、「発想が豊か(39.4%)」と続く結果となり、ポジティブな印象が多く抱かれていることが明らかとなった。

【調査概要】
1.調査の方法:WEBアンケート方式で実施

2.調査の対象:従業員規模1,000名以上の上場企業の役職者(会社経営者、役員、部長、次長、課長)であり、オフィスで働く20歳~59歳までの“スタートアップ”という企業の存在を知っている方を対象に実施
※部長までを優先的に回収

3.有効回答数:200名

4.調査実施日:2019年3月15日(金)~2019年3月29日(金)

5.調査名:「一般企業とスタートアップ企業の違いに関する調査上場企業から見たスタートアップ企業に関する意識調査」

■引用・転載時のクレジット表記のお願い
※本リリースの引用・転載は、必ずクレジットを明記していただきますようお願い申し上げます。 <例>「Creww株式会社が実施した調査結果によると……」

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【熊平製作所×MAMORIO】創業125年のトータルセキュリティ企業が、スタートアップ共創で未来の「安心・安全」を創る

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】広島銀行とCrewwは、広島県下のイノベーションエコシステムの構築に向け、広島県内に新たな事業の創出を図ることを目的に「HIROSHIMA OPEN ACCELERATOR 2021(広島オープンアクセラレーター2021)」を共催しました。本記事では、プログラム参加企業である熊平製作所と、「なくすを、なくす」をミッションに、紛失防止デバイス「MAMORIO」を始めとした 様々な製品・サービスを提供するIoTスタートアップ「MAMORIO」との共創プロジェクトにフォーカス。株式会社熊平製作所 新規事業開発部 取締役部長 茶之原 氏に、プロジェクトの共創に至った背景や、スタートアップとの共創から実際に得た体感や変化について、お話を伺いました。 #広島銀行 #広島県 #イノベーション #広島オープンアクセラレーター2021 #熊平製作所 #MAMORIO #IoT #スタートアップ #共創 #新規事業 #協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント