12.8 C
Japan
水曜日, 9月 23, 2020

「贈る」が楽しい「もらう」で人生豊かになる『第3のプレゼント』|夏休みキャンペーン実施中

インキュベーションプログラム「STARTUP STUDIO BY Creww」の採択事業である、モノでも体験でもない、第3のプレゼント『ミッションプレゼント』を作る「Giver Giver」が夏休みキャンペーンを実施。本業を辞めずに新規事業創出に挑むメンバーたちが創り出したサービスを体験するチャンスです。

■『贈る』が楽しく、『もらう』で人生が豊かになる”ミッションプレゼント”

GiverGiverはモノでも体験でもない第3のプレゼントを生み出すプロジェクトです。
物質的な「モノ」ではなく、ヒトの行動を後押しし、人生の幅を広げる「コト」(=挑戦・ミッション)を購入し、プレゼントとして贈ることができるECサイトを立ち上げています。(現在テスト販売実施中!)

■現在、夏休みキャンペーン実施中!|親子で挑戦する夏休みミッション

挑戦してみることで、ちょっと人生が豊かになるミッション文化をより多くの人に体験してみてもらうために、現在夏休み X Twitter企画を実施中です!

https://twitter.com/mission_giver

GiverGiver公式Twitterからミッションを8月8日〜23日まで毎日投稿(※朝7時)します。
そのミッションに挑戦し、夏休みを充実させませんか?
(ミッションクリア&達成報告ありで、9月以降ベータ版ローンチ時にご利用いただけるクーポン配布中!)

■こんな人におすすめ■

・夏休みのネタが尽きた
 →毎日ミッションが変わるのでネタに尽きない

・家族の思い出を作りたい
 →親子で挑戦することで、絆が深くなる

・お子さんに夏休みならではの刺激をあげたい
 →人生初めてなミッションがたくさん!

ミッションに挑戦された方の感想


●8月8日白玉の日
『親子で白玉を手作りしてみよう!』ミッション

「一歳の息子と初めて一緒に、豆腐とにんじん入りの白玉作りに挑戦してみました。ねんどをいじるときみたいに、白玉をコネコネするのが楽しかったみたいです!楽しく美味しくいただきました。」

ぜひ、今年の夏は、親子でできるミッションに挑戦しましょう!

=====
執筆:Giver Giver
モノでも体験でもない、第3のプレゼント「ミッションプレゼント」を作る事業。
『贈る』が楽しく、『もらう』で人々の人生がちょっと豊かになるプレゼントの創出を目指しています。
現在テスト販売実施中。(https://givergiver2020.wixsite.com/mysite)
また、毎日1日ミッションつぶやいています。(https://twitter.com/mission_giver)
プロジェクトの進捗はこちらから。(https://note.com/giver_giver/n/nbd355331c5e9)
STARTUP STUDIO BY Creww の採択事業です。

https://studio.creww.me/
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...

「イノベーション立県」広島のオープンイノベーションによる地域課題解決

数年前より、国をあげての「オープンイノベーション」に関する取組が活発化してきており、各自治体においても、イノベーションを加速させるべく様々な施策が練られている。今回は広島県の象徴的なオープンイノベーション事例について広島県を代表して商工労働局イノベーション推進チーム担当課長の金田典子氏と「広島アクセラレータープログラム」の仕掛け人で広島銀行法人営業部 金融サービス室シニアマネージャーの栗栖 徹 氏にお話を伺った。

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。