12.8 C
Japan
水曜日, 9月 23, 2020

自己資金もリスクもゼロで起業にチャレンジ!

Arinosは、起業家への資金提供及び事業の伴奏支援を目的として、無料で事業計画の審査を行う「事業計画書審査サービス」の提供を開始した。Arinosは、「魅力的な産業を創出し、日本を元気にする」というミッションを掲げ、新規事業立ち上げ支援に取り組んでいる。

事業計画書審査サービス

https://arinostartup.jp/business-plan

背景

 日本政策金融公庫の「起業と起業意識に関する調査(2019)」によると、起業志望者が起業していない理由として、「自己資金が不足している」「十分な収入が得られそうにない」など創業資金や創業後の生活についての不安が挙げられている。また、「知識や技術が不足している」「相談できる相手がいない」などの理由も挙げられており、一人で起業したくてもその第一歩が踏み出せないという葛藤も抱えていることがうかがえた。

(出典)日本政策金融公庫の「起業と起業意識に関する調査(2019)」
https://www.jfc.go.jp/n/findings/pdf/topics_190117_1.pdf

事業計画書審査サービス

Arinosは「魅力的な産業を創出し、日本を元気にする」ことをミッションとして掲げ、2019年8月よりArinoStartup(事業創出プログラム)をスタートし、新規事業立ち上げ支援に取り組んでいる。起業志望者や、中小企業の経営者を対象に、事業計画作成から事業黒字化まで徹底した伴奏支援を行うことにより、魅力的な事業を増やすことで、地域が抱える人口減少や後継者不足などの課題解決を目指している。

(参考)徹底した”伴走型支援”で地域に魅力的な事業を創出する 「ArinoStartup」を8月より提供開始
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000045.000029693.html

本サービスでは、起業家の事業計画について無料で審査を行い、合格者には資金提供及び事業の伴奏支援を実施する。起業家が事業に専念できる環境を整えることで、多くの困難が立ちはだかる創業期を起業家が乗り越え、事業黒字化を実現することで、魅力的な産業の創出を加速していく。

資金提供 

■出資
 事業推進に必要な資金を出資する。
(※出資条件は案件ごと相談となる)

■ベーシックインカム支給
 毎月10万~15万円の給与を支給。給与を提供することで、事業に専念できる環境を整える。

審査の流れ 

■Step.1 Webエントリー
 Webフォームから事業計画書を提出する。
(※事業計画書は指定のフォーマットを使用)

■Step.2 1次審査 事業計画書
 提出した事業計画書の審査が行われる。審査結果は後日メールにて連絡。
(※不合格の場合、希望に応じて有料(1万円)で事業計画書に対するアドバイスをもらえる)

■Step.3 2次審査 プレゼンテーション
 事業計画の内容についてプレゼンテーション及び質疑応答を実施。

■Step.4 3次審査 相性チェック
 1カ月間、応募者の事業をArinosと一緒に行い、ビジネスパートナーとしての相性を確認する。
(※費用は無料)

■Step.5 支援実施
 資金提供と事業の伴走支援を実施する。

 〇資金支援
  ・事業資金の出資、もしくはベーシックインカムの支給

 〇事業創出プログラム
  ・アイデアの抽出
  ・事業計画書の作成
  ・テストマーケティング支援
  ・資金調達支援
  ・事業の伴走支援

合格した起業家のコメント 

Kさん 補助金自動申請ツールの開発・提供事業
 アプリ開発費用をもっていただきながら、事業を進めております。戦略検討だけでなく、実務部分もフォローいただけるところがありがたいです。
※実務としては、ツールの要件定義、ユーザーへの営業部分などの実務部分も担っていただいております。また、事業計画書についても作成いただき、金融機関からの調達に成功いたしました。

■Tさん 若者の起業化支援事業
 ベーシックインカムだけでなく、出資もいただきながら事業を推進しております。右も左もわからない状態の私に対して、戦略検討~実行まではもちろん、短期でのキャッシュを稼ぎ/実績を積める案件も紹介いただき、感謝しかないです。事業計画書についても作成いただき、調達に動いております。

社名株式会社Arinos
設立2010年10月1日
所在地〒105-0014 東京都港区芝2-3-9 VORT芝公園IIビル 3階
代表者古家 由也
事業概要①コンサルティング事業
業務コンサルティング、業務精査パッケージ、RPA導入支援
②人材・パートナー事業
キャリアパートナー事業、スリランカBPO
③事業創出事業
地方事業創出、事業承継支援
URLhttps://arinos.co.jp/
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...

「イノベーション立県」広島のオープンイノベーションによる地域課題解決

数年前より、国をあげての「オープンイノベーション」に関する取組が活発化してきており、各自治体においても、イノベーションを加速させるべく様々な施策が練られている。今回は広島県の象徴的なオープンイノベーション事例について広島県を代表して商工労働局イノベーション推進チーム担当課長の金田典子氏と「広島アクセラレータープログラム」の仕掛け人で広島銀行法人営業部 金融サービス室シニアマネージャーの栗栖 徹 氏にお話を伺った。

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。