12.8 C
Japan
水曜日, 1月 19, 2022

「人生万事塞翁が馬」

“動作解析を通じて個人の身体特性・データ・目的に応じたソリューションを提供するシステム『Sportip AI』”の研究開発をしているスタートアップ企業「Sportip」。代表取締役の髙久 侑也氏のお話から、選手をサポートする立場でスポーツ産業に新たな価値を提供しようと起業に至ったその熱い動機を伺う。
※この記事は、2019年8月2日、creww magagineにて公開された記事を転載しています。

株式会社Sportipの代表取締役CEO髙久侑也氏を襲った運命の悪戯とは?

Sportipの高久氏は、学生生活をかけていたといっても過言でないほど野球に打ち込み、甲子園や大学野球を目指すため昼夜練習に励んでいたそうだ。ところが、ある日突然運命の悪戯によって幼いころからの夢であった野球を諦めざるを得なくなってしまった。

当時の彼には野球以外に何もなかった。これからどうすればいいのか――。目標を失い、あり余る時間に気が狂いそうになった。何かを失うと、人は「なぜそうなってしまったのか」ばかりを考えてしまう。

彼の場合は「なぜ無理をして練習を続けてしまったのか。」だった。なぜなら、中学生の頃、胸郭出口症候群を発症してしまったにもかかわらず、指導者の経験に依存した指導の下、無理をして練習を続けた結果、急激な症状の悪化により野球を続けることができなくなってしまったからだ。

当時はまだコーチングに関しては発展途上であり、指導者の勘や昔からの慣習によってトレーニング方法が決められていたため、恨み節とはいわないまでも、「もし正しいトレーニング方法を知っていれば」、「あの時大事をとって休んでいれば」――。このような喪失感を味わうことはなかったのにと後悔ばかりが頭を過った。
しかし、マイナス思考に陥っていた彼の考えをのちにスポーツが変えることとなる。

Sportip、誕生のきっかけ!

大学2年生の夏にさかのぼる。カンボジアのオリンピック・パラリンピック委員会とともに現地で障害者スポーツを普及させる活動に参加したときのことだ。
障害のある方への偏見が今なお色濃く残る独特な文化の中において、スポーツを通じて多くの人々の考えが実際に変わっていく様や、楽しんでスポーツに取り組んでいる様を目の当たりにし、オリンピックが持つ「平和」と「寛容」という普遍的なメッセージの神髄を確かに感じたとともにスポーツの持つ無限の可能性を感じたのだ。
その時の感情は忘れもしない。ふと雨上がりの空のように心が晴れやかになった。久しぶりのことだった。

この活動が彼の考え方を180度変えたのは言うまでもない。選手生命は絶たれてしまったが、それなら選手をサポートする立場でスポーツ産業に新たな価値を提供しようと、そこから一気に起業の階段を駆け上った。
そして、「それぞれの人間の体の特徴や目的に合わせた最適な指導」を最大のテーマにした、“動作解析を通じて個人の身体特性・データ・目的に応じたソリューション提供を行うシステム『Sportip AI』”の研究開発という挑戦を始めることとなったのだ。

人生とは波乱万丈なものである。いつも追い風が吹いているとは限らない。上り調子のときもあれば、下り調子のときもある。時には激しい逆風の中を突き進んで行かなくてはならないのもまた人生なのだ。しかし、皮肉なことに逆風という困難に直面することがなければ、人は心の強さや自信を得ることもできない。信念を貫くということは、人生をかけて何かを見つけることかもしれない。

社名株式会社Sportip
設立2018/9
所在地東京都港区
代表者高久 侑也
URLhttp://www.sportip.jp
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【募集】古野電気の社内ベンチャーと一緒に、「建設DX」を実現するパートナーを求む!

【オープンイノベーションインタビュー】センシング、情報処理、情報通信の3つをコアテクノロジーに、魚群探知機等の船舶電子機器や、社会・産業に貢献するさまざまなソリューションをグローバルで提供している古野電気。その技術力を活用して、全く新たな領域に挑戦しているのが建設業界のデジタル化だ。社内ベンチャープロジェクトを立ち上げて、建設業界のデジタル化・遠隔施工の実現のため、現場環境に適した通信やセンサー機器を積極的に展開している。ただ、多様な建設業界の課題を解決する“建設DX”を1社で実現するのは困難なため、「FURUNO 建設DXアクセラレーター」を実施。具体的にどのような共創を目指しているのか、社内ベンチャー 建設DX事業責任者の石野祥太郎氏に話を伺った。 #募集 #古野電気 #インタビュー #アクセラレータープログラム #アクセラレーター #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【入山章栄×佐々木紀彦】30歳は動くとき。「大企業1社」キャリアからの脱却

【インタビュー】「入社すれば一生安泰」という“神話”を信じ、手にした大企業の切符。しかし、年功序列と終身雇用は既に崩壊している──。 転職や複業前提で働く「Z世代」とは違い、大企業神話を信じて1社で働き続けている30代、40代のビジネスパーソンは、このまま変わらない日々を送り続けても大丈夫なのか。 早稲田大学ビジネススクール教授で経営学者の入山章栄氏と、42歳で起業し新著『起業のすすめ さよなら、サラリーマン』を出版した佐々木紀彦氏に、1社経験しかない30代40代がこれからすべきこと、ミドル世代のキャリア論を聞いた。 #複業 #転職 #Z世代 #Creww #大挑戦時代をつくる

【提言】転職だけがすべてじゃない。会社を辞めずに外に出よう

【インタビュー】転職、複業、兼業、起業──。 日本型雇用が崩壊し、自分らしく働く選択肢は増えたとはいえ、これらはまだ一部の人しか経験したことがないのが日本の現状だ。 国際社会と比較しても、日本は圧倒的に人材流動性が低い。超少子高齢化社会で労働力人口も減り続ける日本で、このまま人材の流動性が低いままでいるとどうなってしまうのか。 キャリアデザインの専門家である法政大学教授の田中研之輔氏と、新規事業や社会課題解決に挑戦したい個人・スタートアップ・事業会社をプラットフォームでサポートするCreww株式会社 代表取締役CEOの伊地知天氏に話を聞いた。 #複業 #ゼロイチ #インキュベーション#Creww #大挑戦時代をつくる

【インタビュー】本業を辞めずに挑戦!報酬を得ながら複業としてゼロイチフェーズに参画するニューノーマルな働き方

【インタビューレポート】スタートアップでは、都度生じる課題をスピーディーに解決し、企業成長を促すためにも、必要なフェーズにタイムリーに対応できる幹部人材を必要としている。一方の現実は、「採用にかかる費用は抑えたい」「フルタイムで依頼をするには業務内容が少ない」など幹部クラスの人材確保にジレンマを抱える場合も多い。また、たとえスタートアップに関心があったとしても、一定数のリスクが伴う以上、転職には踏み切れずに大手企業に留まる優秀な人材が多いことは、非常に勿体ないことであると言える。果たして双方にとって突破口となる様なソリューションはないのだろうかー。 大手企業からスタートアップ企業への転職経験を持つ方々に、転職する際の葛藤や、スタートアップ企業に勤める今の実際について、率直なお気持ちを伺いました。 #スタートアップ #大手企業 #転職 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント