12.8 C
Japan
水曜日, 7月 28, 2021

「MaBeeeみまもり電池」、JVCケンウッドとの共同企画によりパッケージ商品化

コネクティッドバッテリー”MaBeee”(マビー)の企画・開発を行うスタートアップ企業「ノバルス」は、株式会社JVCケンウッドのリモコンのIoT化を実現する商品として、国内テレビメーカー各社に対応する「簡単リモコン&みまもり電池」に対して、当社の「MaBeeeみまもり電池サービス」の提供を7月下旬より開始することを発表した。

本共同企画は、株式会社JVCケンウッド(以下、JVCケンウッド)製のテレビ用簡単リモコン(JVCブランド)と当社製の「MaBeeeみまもり電池」をパッケージした商品※1です。特別な機器や工事も不要で、簡単に見守りサービスを利用可能※2。
離れて暮らすご家族のリモコンの操作状況をスマートフォン経由(専用アプリ)で確認し、安否を知ることができます。

※1:「簡単リモコン&みまもり電池」希望小売価格 (オープン価格)
※2:「MaBeeeみまもり電池サービス」のご利用には別途サービスへの加入が必要です。(月額980円(税別))

少子高齢化社会の進展の中、高齢者の見守りニーズが益々高まっていますが、これまでの見守りシステムは重篤な介護が必要な方に向けた機器、煩雑な設置設定が必要な見守りシステム、高齢者の生活を監視するようなサービスが中心で広く普及には至っていません。当社の「MaBeeeみまもり電池サービス」は、高齢者の見守りを電池1本で可能とする手軽な見守りサービスです。

また、簡単リモコン(JVCケンウッド製、JVCブランド)は、国内メーカー5社の専用リモコンコードを設定済み※3のためすぐに使用でき、シンプルで見やすく押しやすい大型の丸ボタンを採用した使いやすい商品です。スマートフォンがあれば、同リモコンに「MaBeeeみまもり電池」(同梱)をセットするだけで、見守りサービスの利用が可能※2です。
※3:一部テレビでは初期設定が必要です。

見守られる側がリモコンのボタンを押すと、見守る側のスマートフォン(専用アプリ)にその利用履歴が通知されるため、離れて暮らすご家族などの日々の安否確認ができる仕組みとなっています※2。見守られる側は、いつも通りリモコンを使っているだけでよく、見守りカメラにあるような「監視されているような感覚」が低減されるサービスです。

当社は本製品を通じて、離れて暮らすご高齢者とご家族、気になりながらも頻繁に電話をするわけにもいかない、そのようなご家族をさりげなく繋がる事で、ご家族をつなぐコミュニケーションのきっかけとなるようなサービスを目指します。

技術的な側面においては、コネクティッドバッテリーMaBeeeシリーズは今後急速に伸張するDX社会において、各種デバイスに共通して求められる「バッテリー+ワイヤレスネットワーク」、さらに「クラウドプラットフォーム」までを、ワンストップで提供するDXソリューションです。従来は各製品に通信モジュールを予め組み込む必要がありましたが、コネクティッドバッテリーを用いることで、電池部分でその役割を担うことで簡易に通信機能を導入でき、クラウドを介した各種情報が可能となります。

当社のコネクティッドバッテリーMaBeeeシリーズを様々なメーカーの機器や、サービス事業者のサービスと組み合わせることで、ご高齢者の見守りや、プログラミング教育などのコンシューマー分野から、設備モニターなど産業分野まで幅広い分野でのデジタルトランスフォーメーションを実現し、モノとモノ、モノと人、人と人、各々がより密接に繋がり合うことで、豊かな社会の実現を目指します。

◼︎会社概要
社名:ノバルス株式会社
住所:〒102-0054 東京都千代田区3-15錦町ブンカイサンビル3F
代表者:代表取締役 岡部 顕宏
ノバルス株式会社HP:
https://mimamori.novars.jp/index.html

JVCケンウッドが社外との共創で成果を出せた理由

2019年11月25日
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【募集】暮らしの未来を創造する次世代のプラットフォーマーへ | イオンモールがスタートアップと協業

【オープンイノベーションインタビュー】 「アジア50億人の心を動かす企業へ」をビジョンに掲げるイオンモールは、「Life Design Developer」として、人々のライフスタイルの向上と地域社会の発展に貢献することをミッションに、国内外の大型商業施設を開発から運営まで一気通貫で手掛けるディベロッパー企業です。 同社はこの度、ライフスタイルの変容や地域の社会課題に対して、商業施設の枠組みを越え、新たな「暮らしの未来」を創造する事業領域を拓くべく、Crewwのプラットフォーム「Creww Growth」を用いて、アクセラレータープログラムを開催します。イオンモール株式会社DX推進部 ビジネス開発担当部長 野口 耕司氏に、オープンイノベーションへ乗りだすに至った思いを伺いました。 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #イオンモール #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

現代の社会課題である食品ロスを解決する「Freeat(フリート)」

【ファウンダーインタビュー】 「大挑戦時代をつくる。」をビジョンに掲げるCrewwでは、毎月オンラインネットワーキングにて、事業会社・スタートアップ・個人起業家などの挑戦者をリコメンドしています。CrewwのSTARTUP STUDIOプログラム運営をメインに担当する寺田 麗未が今回ご紹介するスタートアッププロジェクトは、Freeat(フリート)です。 #フードテック #SDGs #インキュベーションプログラム #スタートアップスタジオ #Freeat #フリート #大挑戦時代をつくる #Creww

潜在的イノベーターの挑戦と覚醒を促す“パートタイム”という選択肢

【新プロジェクトインタビュー】 “大挑戦時代をつくる。”をビジョンに掲げ、数々のオープンイノベーションを
支援してきたCreww社が、スタートアップへパートタイムで参画できるプロジェクトを開始します。
SHIFT(x)プロジェクトで実施する新たな取り組みについて、担当者にインタビューしました。 #スタートアップ #
SHIFT(x) #シフトエックス #STARTUPSTUDIO #スタートアップスタジオ #大挑戦時代をつくる #Creww

【募集】大阪メトロ アドエラがスタートアップ協業で目指す「ローカル経済を結びつけた大阪の活性化!」

【アクセラレーターインタビュー】 株式会社 大阪メトロ アドエラがスタートアップとのオープンイノベーションに乗り出した。人口減少による交通利用の影響に立ち向かうべく、2025年に向け新しい事業の柱を創っていくという大阪メトログループ全体のミッションがある中、各グループで新規事業創出に向けた準備が着々と進められていたが、新型コロナウィルスの影響がよりこの流れを加速させたと言う。 そんな中、大阪メトロアドエラではスタートアップの斬新なアイデアや先進的な技術を取り入れ、協業による新規事業を生み出すべくアクセラレータープログラムを開催する。大阪メトロアドエラの新規事業創出を担う事業創造本部の奈良大和氏に、オープンイノベーションに取り組む背景やスタートアップとの共創に向けた狙いや想いを伺った。 #大阪メトロアドエラ #オープンイノベーション #アクセラレータープログラム #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント