12.8 C
Japan
木曜日, 1月 21, 2021

ホロックス、ARリモート対面接客サービス『ホロトーク』をローンチ

ホロックスでは、令和1年11月の創業以来半年間、「バーチャル時代の現実体験を再定義する」というミッションの下、『ホロトーク』の開発及び実証実験に努めてきた。今回この『ホロトーク』というサービスをローンチすることで、窓口や受付といった対面接客シーンの未来の形を示すとともに、昨今の新型コロナウイルス感染症対策の一環としても機能できるよう期待されている。

※撮影の関係上、少し部屋を暗めにしているが、通常の明るさでも利用することができる。

※カメラで撮影している関係上、少し投影されている人物が青みがかっている。

 プロダクトの概要

無色透明のガラスに遠隔地の人物を等身大で投影し、会話をすることができる。リモートでも、その場に存在するかのような臨場感のある対面接客が可能となる。それによって、地理環境にとらわれず、専門的な接客人材をいつでもどこにでも展開できる。また、社内のすべての人材を全国・全世界に展開することにより、接客機会の喪失を防ぐ。

詳細はこちらから→https://holo-x.co.jp/service/

新型コロナウイルス感染症対策

遠隔地から接客人材を展開できるため、リモートワークなどの推進につながる他、その場に人を配置する必要がないため、接触感染の防止にもつながることになる。

会社概要

令和1年に渋谷区にて設立され、法人向けXRサービスを展開している。リアプロジェクションで遠隔地の人物を等身大で空間投影する『ホロトーク』を展開し、バーチャル時代の現実体験を再定義する。

社名株式会社ホロックス
設立令和1年11月11日
資本金12,126,800円(資本準備金含む)
所在地〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-10-12 新大宗ビル3号館531号
代表者鷲尾圭登(代表取締役CEO)・三好宏明(代表取締役COO)
事業概要法人向けXRソリューション
取引銀行取引銀行
主要株主East Ventures・Skyland Ventures・iFund
顧問弁護士日比谷ステーション法律事務所 内田裕之
顧問税理士司南税理士法人 佐藤秀一
URLhttp://holo-x.co.jp/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

利用者が本当に欲しいと思うモノ作りプラットフォーム – モノラボ

STARTUP STUDIOは、“本業を退職せず”事業を実現できる、個人を主体としたインキュベーションプログラムです。”社会を変える挑戦”に挑んでいる、新規事業開発インタビュー第5弾をお届けします。今回は、モノラボファウンダーの 島谷 亮澄氏にお話を伺いました。 #インキュベーション #実績事例 #インタビュー 

【新規事業インタビューvol.4】YourApparel – 『あなたの洋服をみんなの洋服へ』アパレル業界への挑戦

「STARTUP STUDIO by Creww」は、“本業を退職せず”事業を実現できる、個人を主体としたインキュベーションプログラムである。プログラム運営の寺田が”社会を変える挑戦”に挑む新規事業開発を紹介するインタビュー第4弾ー。今回は「YourApparel」ファウンダーのショーワ大氏にお話を伺いました。

提供したいのは、働く時間=幸せな時間。野村不動産がつくる共創コミュニティとは

コロナ禍でリモートワークやデジタル化が加速し、オフィスや働き方、ビジネスモデルそのものを見直す動きが増えています。前提が覆されたこれからの社会でより求められるのは、人が人らしく働けることと、効率的に最大のパフォーマンスを発揮できること。そのため、オフィスの分散化やリモートワークとのハイブリッド型を模索する企業が増えています。こうした社会の大きな変化の中で、働き方や価値観の多様化に対応した“本当に働きやすい場”を提供しているのが野村不動産です。ビジョンに「HUMAN FIRST」を掲げ、さまざまな企業と協業しながら、働く時間=幸せな時間への変革を目指しています。具体的にはどのような取り組みをしているのか。都市開発事業本部の桑原利充氏を中心としたプロジェクトメンバーに話を聞きました。

自動車業界の大変革期にオープンイノベーションで挑戦するアビスト

「モータリゼーション2.0」と言われる100年に一度の自動車業界のイノベーション大変革期を迎える現在。デザイン性の高い自動車部品の「ボデー」「ランプ」「内装」をメインに、AIや3D-CAD、ハイブリッド関連部品や電装関連部品における技術力に優れる株式会社アビストでは、モータリゼーション2.0に挑戦すべく、2020年の10月に総合技術開発部という新たな価値創造を専門とする部署が立ち上がりました。 アクセラレータープログラムの開催に当たって、今回は本部署の責任者であるアビスト 総合企画本部総合技術開発部 執行役員の金井 孝宣氏にお話を伺いました...
Facebook コメント