12.8 C
Japan
火曜日, 8月 4, 2020

超高速の品種改良×スマート養殖スタートアップのリージョナルフィッシュ、第三者割当増資により約2億円の資金調達実施

リージョナルフィッシュは、Beyond Next Ventures、荏原製作所らを引受先とした総額1億9,920万円の第三者割当増資を実施した。調達した資金を使い、水産物の品種改良(対象品種の拡大+新規特性の付与)とスマート養殖の研究開発を進める。

シードラウンド主要引受先

  • Beyond Next Ventures株式会社(新規)
  • 株式会社荏原製作所(新規)
  • 他1社(新規)

リージョナルフィッシュについて

リージョナルフィッシュは、京都大学大学院農学研究科 木下政人助教および近畿大学水産研究所 家戸敬太郎教授らを創業者とし、京都大学・近畿大学などの技術シーズをコアとして設立されたスタートアップである。オープンイノベーションを通じて、超高速の品種改良とスマート養殖を組み合わせた次世代水産養殖システムを作り、「世界のタンパク質不足の解消(SDGs 2番:飢餓をゼロに)」「日本の水産業再興および地域の産業創出(SDGs 8番:働きがいも経済成長も)」「海洋汚染の防止(SDGs 14番:海の豊かさを守ろう)」を目指している。
過去数年に亘り「京都大学GAPファンドプログラム」、「京都大学インキュベーションプログラム」などの支援を受け、事業化に向けた研究開発を推進してきた。従来は30年程度の時間がかかった水産物の品種改良ですが、アカデミアの超高速の品種改良技術を適用することにより、2年での品種改良に成功している。

シードファイナンスの資金使途は

・品種改良の対象品種および新規特性の拡大、効率的な品種改良技術の開発に向けた体制の充実
・オープンイノベーションでのスマート養殖(閉鎖型陸上養殖や自動化など)の研究開発

である。

リージョナルフィッシュ株式会社 代表取締役社長 梅川 忠典のコメント

1つの品種改良を行うためには30年程度の時間がかかると言われております。農業や畜産業は1万年以上の歴史があるため、我々が日常的に食している農産物や畜産物はほぼすべて品種改良されているものになっております。一方で水産養殖業は50年程度の歴史しかありません。この50年は完全養殖をはじめとする養殖技術を磨いた歴史であり、長い時間のかかる品種改良を行うことができませんでした。そのため、農産物や畜産物に比べて水産物は品種改良が進んでおりません。水産物の品種改良を行うには完全養殖の技術が必須であり、その技術は日本が世界一であるため、日本が取り組むべきテーマと考えました。アカデミアの有する超高速の品種改良技術を用いて、各地域に合った魚、すなわち地魚(リージョナルフィッシュ)を作ることで、日本の水産業の発展および地域振興に貢献したいとの想いから会社を創りました。この志を実現するため、アカデミアだけでなく、水産事業者、大企業、行政、金融機関などの技術・知見を併せてみんなで変革を起こす、オープンイノベーションを掲げてまいりました。その一歩として今回のシードラウンドを実施することができ、大変嬉しく思います。

主要引受先のコメント

●Beyond Next Ventures 株式会社 代表取締役社長 伊藤 毅氏
梅川社長とCTOの木下先生とは創業の丁度1年前に初めて事業構想を伺い、当初よりお二人の日本の水産業の発展に対する熱い想いに、強く引き込まれました。弊社が運営するBRAVE 2018 Summerでの支援後も、今後の事業展開について継続的に協議を重ね、今回シードラウンドにて弊社がリードインベスターとして参画し、リージョナルフィッシュの”未来の水産業を創造する船”に一緒に乗れたことを大変嬉しく思います。弊社としても、リージョナルフィッシュが更にアクセル全開で日本の水産業や世界の食文化の為に事業を加速する事を全力でサポートしたいと思います。リージョナルフィッシュの今後にご期待ください!!

●株式会社荏原製作所 マーケティング統括部次世代事業開発推進部長 杉谷 周彦氏
京都⼤学・ 近畿⼤学などの技術シーズをコアとしたスタートアップ企業に出資して連携できる機会を頂けたことは大変幸運なことと感じております。日本の養殖業はまだまだポテンシャルの大きな業界であり、世界のリードプレーヤーになれるチャンスがあります。技術で、熱く、世界を支えるため、リージョナルフィッシュとともに、閉鎖型陸上養殖のゲームチェンジャーとなり、未来の水産業の共創に挑戦します!

社名リージョナルフィッシュ株式会社
設立2019年4月10日
所在地京都市左京区吉田本町36番地1京都大学国際科学イノベーション棟
代表者梅川 忠典
URLhttps://regional.fish/

PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...

「イノベーション立県」広島のオープンイノベーションによる地域課題解決

数年前より、国をあげての「オープンイノベーション」に関する取組が活発化してきており、各自治体においても、イノベーションを加速させるべく様々な施策が練られている。今回は広島県の象徴的なオープンイノベーション事例について広島県を代表して商工労働局イノベーション推進チーム担当課長の金田典子氏と「広島アクセラレータープログラム」の仕掛け人で広島銀行法人営業部 金融サービス室シニアマネージャーの栗栖 徹 氏にお話を伺った。

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。