12.8 C
Japan
火曜日, 2月 7, 2023

超高速の品種改良×スマート養殖スタートアップのリージョナルフィッシュ、第三者割当増資により約2億円の資金調達実施

リージョナルフィッシュは、Beyond Next Ventures、荏原製作所らを引受先とした総額1億9,920万円の第三者割当増資を実施した。調達した資金を使い、水産物の品種改良(対象品種の拡大+新規特性の付与)とスマート養殖の研究開発を進める。

シードラウンド主要引受先

  • Beyond Next Ventures株式会社(新規)
  • 株式会社荏原製作所(新規)
  • 他1社(新規)

リージョナルフィッシュについて

リージョナルフィッシュは、京都大学大学院農学研究科 木下政人助教および近畿大学水産研究所 家戸敬太郎教授らを創業者とし、京都大学・近畿大学などの技術シーズをコアとして設立されたスタートアップである。オープンイノベーションを通じて、超高速の品種改良とスマート養殖を組み合わせた次世代水産養殖システムを作り、「世界のタンパク質不足の解消(SDGs 2番:飢餓をゼロに)」「日本の水産業再興および地域の産業創出(SDGs 8番:働きがいも経済成長も)」「海洋汚染の防止(SDGs 14番:海の豊かさを守ろう)」を目指している。
過去数年に亘り「京都大学GAPファンドプログラム」、「京都大学インキュベーションプログラム」などの支援を受け、事業化に向けた研究開発を推進してきた。従来は30年程度の時間がかかった水産物の品種改良ですが、アカデミアの超高速の品種改良技術を適用することにより、2年での品種改良に成功している。

シードファイナンスの資金使途は

・品種改良の対象品種および新規特性の拡大、効率的な品種改良技術の開発に向けた体制の充実
・オープンイノベーションでのスマート養殖(閉鎖型陸上養殖や自動化など)の研究開発

である。

リージョナルフィッシュ株式会社 代表取締役社長 梅川 忠典のコメント

1つの品種改良を行うためには30年程度の時間がかかると言われております。農業や畜産業は1万年以上の歴史があるため、我々が日常的に食している農産物や畜産物はほぼすべて品種改良されているものになっております。一方で水産養殖業は50年程度の歴史しかありません。この50年は完全養殖をはじめとする養殖技術を磨いた歴史であり、長い時間のかかる品種改良を行うことができませんでした。そのため、農産物や畜産物に比べて水産物は品種改良が進んでおりません。水産物の品種改良を行うには完全養殖の技術が必須であり、その技術は日本が世界一であるため、日本が取り組むべきテーマと考えました。アカデミアの有する超高速の品種改良技術を用いて、各地域に合った魚、すなわち地魚(リージョナルフィッシュ)を作ることで、日本の水産業の発展および地域振興に貢献したいとの想いから会社を創りました。この志を実現するため、アカデミアだけでなく、水産事業者、大企業、行政、金融機関などの技術・知見を併せてみんなで変革を起こす、オープンイノベーションを掲げてまいりました。その一歩として今回のシードラウンドを実施することができ、大変嬉しく思います。

主要引受先のコメント

●Beyond Next Ventures 株式会社 代表取締役社長 伊藤 毅氏
梅川社長とCTOの木下先生とは創業の丁度1年前に初めて事業構想を伺い、当初よりお二人の日本の水産業の発展に対する熱い想いに、強く引き込まれました。弊社が運営するBRAVE 2018 Summerでの支援後も、今後の事業展開について継続的に協議を重ね、今回シードラウンドにて弊社がリードインベスターとして参画し、リージョナルフィッシュの”未来の水産業を創造する船”に一緒に乗れたことを大変嬉しく思います。弊社としても、リージョナルフィッシュが更にアクセル全開で日本の水産業や世界の食文化の為に事業を加速する事を全力でサポートしたいと思います。リージョナルフィッシュの今後にご期待ください!!

●株式会社荏原製作所 マーケティング統括部次世代事業開発推進部長 杉谷 周彦氏
京都⼤学・ 近畿⼤学などの技術シーズをコアとしたスタートアップ企業に出資して連携できる機会を頂けたことは大変幸運なことと感じております。日本の養殖業はまだまだポテンシャルの大きな業界であり、世界のリードプレーヤーになれるチャンスがあります。技術で、熱く、世界を支えるため、リージョナルフィッシュとともに、閉鎖型陸上養殖のゲームチェンジャーとなり、未来の水産業の共創に挑戦します!

社名リージョナルフィッシュ株式会社
設立2019年4月10日
所在地京都市左京区吉田本町36番地1京都大学国際科学イノベーション棟
代表者梅川 忠典
URLhttps://regional.fish/

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【熊平製作所×MAMORIO】創業125年のトータルセキュリティ企業が、スタートアップ共創で未来の「安心・安全」を創る

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】広島銀行とCrewwは、広島県下のイノベーションエコシステムの構築に向け、広島県内に新たな事業の創出を図ることを目的に「HIROSHIMA OPEN ACCELERATOR 2021(広島オープンアクセラレーター2021)」を共催しました。本記事では、プログラム参加企業である熊平製作所と、「なくすを、なくす」をミッションに、紛失防止デバイス「MAMORIO」を始めとした 様々な製品・サービスを提供するIoTスタートアップ「MAMORIO」との共創プロジェクトにフォーカス。株式会社熊平製作所 新規事業開発部 取締役部長 茶之原 氏に、プロジェクトの共創に至った背景や、スタートアップとの共創から実際に得た体感や変化について、お話を伺いました。 #広島銀行 #広島県 #イノベーション #広島オープンアクセラレーター2021 #熊平製作所 #MAMORIO #IoT #スタートアップ #共創 #新規事業 #協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント