12.8 C
Japan
木曜日, 7月 9, 2020

六本木のスタンディングバーawabarのVR店舗”awabar.vr”が、仮想世界ambrにオープン

ambrは、開発するVR SNS”仮想世界ambr”内に、六本木のスタンディングバーawabarのVR店舗”awabar.vr”を2020年5月25日(月)よりオープンする。新型コロナウイルスの影響化でも、多人数で集まって楽しめる方法として、オンライン飲み会をアップデートするVR飲み会を提案する。また、ambrは、仮想世界での実験やコラボレーションの取り組みを進めるさらなるパートナー企業を募集している。

awabar.vrについて

六本木のスタンディングバーawabarのバーチャル店awabar.vrが、VR SNS”仮想世界ambr”にオープンする。2020年5月25日(月)のambrのオープンアクセス(β)開始時より利用が可能である。
awabar.vrには、VRデバイスを通じて、ambr内にて無料でアクセスすることができる。

awabar.vrでは、アバターとなって友達や知らない人と一緒に、まるでそこにいるかのような飲みニケーションを楽しむことができる。現実を越えたバーチャルなドリンク、フード、おもちゃが、新しいコミュニケーションを実現する。awabar.vrの取り組みを通じて、VR飲みというオンライン飲み会をアップデートする次世代のライフスタイルを提案する。
また、awabarが、IT経営者や起業家たちが集う場となったように、新しい時代を創る人たちが集い出会う場を仮想世界に創造することを目指している。

※awabar.vrに特定のバーテンダーはいない。誰でも自由に楽しむことができる。

awabarオーナー 小笠原氏からのコメント

Web会議方式でのawabar.online企画を進めていましたが、まさかambrへのawabar.vr出店が先に実現するとは思っていませんでした。どちらも実現のきっかけはCOVID-19による自粛がありますが、1年前に西村さんと雑談したVR店舗のアイディアが先でしたので当然の結果かもしれません。ただ、それを実現していただいたambrチームのみなさんの集中力やスピード感に感動しています。
これからwithコロナな時代を悲観しすぎず、楽しみを見つけながら、より良く生きることが大事です。ambrはその楽しみに満ちた世界だから、(VRなのに)awabarが相変わらず小さな小さな立ち飲み屋でも、新たな出会いの場として楽しみのひとつになれそうな予感がします。
僕も11年前にawabar 六本木を立ち上げたころのように、大好きなゲストをawabar.vrへ連れて(VRデバイスを被せて)飲みに行ってみようと思います。さすがに昔みたいには毎日は無理ですが。

ambr CEO 西村からのコメント

小笠原さんは、僕たちが狭い住宅用アパートの一室で開発を進めていた頃に、Twitterでご連絡いただき遊びにきてくださいました。その際にawabarのVR店の話を冗談まじりにしていただいたのを覚えています。そして今、新型コロナウイルスが蔓延し、みんながリアルに集まって楽しむことが以前より難しくなってしまいました。その中で、仮想世界が人と人が繋がれるような場として、新しい居場所としての役割を果たせるのではないかと考えており、現実世界でその役割を果たしてきたawabarと小笠原さんに、今回awabar.vrをご提案させていただきました。awabarは、新しい時代を創る人たちが集まる場だと思います。awabar.vrもそういった場になれれば嬉しく思っています。VRで普段遊んでいる方々はもちろん、IT業界の皆様もぜひ仮想世界やVR飲みを体験しに遊びに来てください。

パートナー企業の募集

ambrと一緒に仮想世界やバーチャルに関する実験やコラボレーションの取り組みを進めることが出来るパートナー企業を募集している。

問い合わせフォーム : https://forms.gle/Ubd7MGrFACmyKvU37

仮想世界ambrについて

ambrの世界へようこそ。
ambrは誰もが好きなアバターになって集まり、自由にコミュニケーションを楽しむことができる新しい仮想世界である。気になるルームに参加したり、自分でルームを開いたりして、友達や全く知らない人、コミュニティと繋がる。
VRデバイスを通じて、自宅から無料でアクセスすることができる。

対応中のデバイスOculus Go,、Oculus Rift(Rift S)、 HTC VIVEのほか、主要デバイス対応を拡大予定である。


詳細はこちら。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000010.000043299.html

awabarについて

六本木駅から徒歩3分。awabarは気軽にawaモノを楽しめるスタンディングバーである。
みんなでわいわい飲みたいとき、ひとりでまったり飲みたいとき、ふたりでしっぽり飲みたいとき、いつでもHappyな空間があなたを待っている。
http://awabar.jp/

社名株式会社ambr
設立2018年8月
所在地東京都下北沢
代表者代表取締役CEO 西村 拓也
事業概要仮想世界 “ambr” の開発・運営
URLhttps://ambr.co.jp/
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...

「イノベーション立県」広島のオープンイノベーションによる地域課題解決

数年前より、国をあげての「オープンイノベーション」に関する取組が活発化してきており、各自治体においても、イノベーションを加速させるべく様々な施策が練られている。今回は広島県の象徴的なオープンイノベーション事例について広島県を代表して商工労働局イノベーション推進チーム担当課長の金田典子氏と「広島アクセラレータープログラム」の仕掛け人で広島銀行法人営業部 金融サービス室シニアマネージャーの栗栖 徹 氏にお話を伺った。

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。