12.8 C
Japan
木曜日, 7月 9, 2020

「ファッション・ビューティテック テクノロジーマップ・リスト 2020」を公開。国内外200社を掲載

pilot boatは2020年2月、FashionTech / BeautyTech分野の200サービスを掲載した「マップ」と「リスト」の販売を開始した。マップのみ2020年2月末まで無料で公開している。

概要

合同会社pilot boatは2020年2月、「ファッションテック ・ ビューティテック テクノロジー マップ 2020」(以下「マップ」)「ファッションテック ・ ビューティテック テクノロジー リスト 2020」(以下「リスト」)を作成・公開した。マップ・リストには国内外200社のテクノロジー・サービスがマッピングされている。

マップ・リストは有料公開(33,000円、税込み)だが、2020年2月中に限り、特設サイトにてマップのみ無料公開している。

特設サイト

ファッションテック ・ ビューティテック スタートアップ マップ・リスト 2020
https://peraichi.com/landing_pages/view/pilotboatlist

マップ・リストの背景

ファッションテック(Fashiontech)、ビューティーテック(Beautytech)という言葉は、ファッション(Fashion)・ビューティー(Beauty)とテクノロジー(Technology)を合わせた造語である。

近年のスマートフォン、人工知能、AR・VRなどテクノロジーの発展は目覚ましいものがあり、同時にその成果をファッションや美容分野に適用するスタートアップは増加している。ベンチャーキャピタルはもちろん、既存の大企業からスタートアップへの投資やM&Aも増え、またスタートアップに転職者も増える等、ファッションテックやビューティテックの存在感は増え続けている。

パイロットボート代表社員の納富氏は数々の講演やイベントを行ってきたが、その中で感じてきたファッションテックやビューティテックの全体像やプレイヤーが社会に共有されていない現状を踏まえ、本マップ・リストの公開・作成に至った。

想定するユーザー層

本マップには200社のファッションテック ・ ビューティテック関連のスタートアップがマッピングされている。このマップは、以下のような人々を想定し、その一助となればと作成されている。

・同分野でこれからスタートアップを興すことを考えている方
・同分野で活躍する既存プレイヤーの方
・同分野への進出や投資を考えている方々

マップの作成方針

日本国内の非上場スタートアップを中心にマッピングがされている。特に以下の場合は、可能な限り掲載されている。

・国内のスタートアップで、既に上場・買収された企業
・海外のスタートアップで、国内に類似サービスがない企業
・海外のユニコーン・スタートアップ
・その他作成者であるパイロットボートが、閲覧者に資すると判断した企業

なおサービスの性質として2つ以上に分類される場合には、どちらか一方に掲載がされている。たとえばスタイラー社が提供するFACY(フェイシー)は「ニューリテール / OMO」に分類されているが、パーソナルレコメンドの側面もある。

※本マップは2019年12月末時点の情報に基づいて作成された。また、掲載企業・サービスの網羅性を保証するものではない。

マップ・リスト特設サイト

マップ・リストの詳細・購入については以下から確認ができる。
ファッションテック ・ ビューティテック スタートアップ マップ・リスト 2020
https://peraichi.com/landing_pages/view/pilotboatlist

マップ・リスト作成責任者

合同会社pilot boat CEO 納富 隼平(Notomi Jumpei)氏

1987年生まれ。明治大学経営学部卒、早稲田大学大学院会計研究科修了。在学中公認会計士試験合格。大手監査法人で会計監査に携わった後、ベンチャー支援会社に参画し、300超のピッチ・イベントをプロデュースした。2017年に独立して合同会社pilot boatを設立し、引き続きベンチャー支援に従事。長文でスタートアップを紹介する自社メディア「pilot boat」、toCベンチャープレゼンイベント「sprout」、その他スタートアップイベントを運営。得意分野はFashionTech、BeautyTech、FemTech。各種メディアでスタートアップやイノベーション関連のライター、大企業向けにオープンイノベーションのコンサルティング・スタートアップ関連の調査業務なども手がけている。
twitter: @jumpei_notomi

社名合同会社pilot boat
設立2017年06月
所在地東京都渋谷区恵比寿西1-33-6 JP noie 恵比寿西1F co-ba ebisu
代表者納富 隼平(Notomi Jumpei)
事業概要スタートアップ支援企業。スタートアップを紹介する長文webメディア「pilot boat」、toCベンチャープレゼンイベント「sprout」などを運営。ファッションテック・ビューティテック分野のオープンイノベーション・新規事業コンサルティングも請け負う。
URLhttps://pilotboat.biz
プレスリリース発表元企業:合同会社pilot boat
配信元:PR TIMES
執筆
PORT編集部 
「PORT」はCreww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...

「イノベーション立県」広島のオープンイノベーションによる地域課題解決

数年前より、国をあげての「オープンイノベーション」に関する取組が活発化してきており、各自治体においても、イノベーションを加速させるべく様々な施策が練られている。今回は広島県の象徴的なオープンイノベーション事例について広島県を代表して商工労働局イノベーション推進チーム担当課長の金田典子氏と「広島アクセラレータープログラム」の仕掛け人で広島銀行法人営業部 金融サービス室シニアマネージャーの栗栖 徹 氏にお話を伺った。

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。