12.8 C
Japan
日曜日, 11月 27, 2022

「ファッション・ビューティテック テクノロジーマップ・リスト 2020」を公開。国内外200社を掲載

pilot boatは2020年2月、FashionTech / BeautyTech分野の200サービスを掲載した「マップ」と「リスト」の販売を開始した。マップのみ2020年2月末まで無料で公開している。

概要

合同会社pilot boatは2020年2月、「ファッションテック ・ ビューティテック テクノロジー マップ 2020」(以下「マップ」)「ファッションテック ・ ビューティテック テクノロジー リスト 2020」(以下「リスト」)を作成・公開した。マップ・リストには国内外200社のテクノロジー・サービスがマッピングされている。

マップ・リストは有料公開(33,000円、税込み)だが、2020年2月中に限り、特設サイトにてマップのみ無料公開している。

特設サイト

ファッションテック ・ ビューティテック スタートアップ マップ・リスト 2020
https://peraichi.com/landing_pages/view/pilotboatlist

マップ・リストの背景

ファッションテック(Fashiontech)、ビューティーテック(Beautytech)という言葉は、ファッション(Fashion)・ビューティー(Beauty)とテクノロジー(Technology)を合わせた造語である。

近年のスマートフォン、人工知能、AR・VRなどテクノロジーの発展は目覚ましいものがあり、同時にその成果をファッションや美容分野に適用するスタートアップは増加している。ベンチャーキャピタルはもちろん、既存の大企業からスタートアップへの投資やM&Aも増え、またスタートアップに転職者も増える等、ファッションテックやビューティテックの存在感は増え続けている。

パイロットボート代表社員の納富氏は数々の講演やイベントを行ってきたが、その中で感じてきたファッションテックやビューティテックの全体像やプレイヤーが社会に共有されていない現状を踏まえ、本マップ・リストの公開・作成に至った。

想定するユーザー層

本マップには200社のファッションテック ・ ビューティテック関連のスタートアップがマッピングされている。このマップは、以下のような人々を想定し、その一助となればと作成されている。

・同分野でこれからスタートアップを興すことを考えている方
・同分野で活躍する既存プレイヤーの方
・同分野への進出や投資を考えている方々

マップの作成方針

日本国内の非上場スタートアップを中心にマッピングがされている。特に以下の場合は、可能な限り掲載されている。

・国内のスタートアップで、既に上場・買収された企業
・海外のスタートアップで、国内に類似サービスがない企業
・海外のユニコーン・スタートアップ
・その他作成者であるパイロットボートが、閲覧者に資すると判断した企業

なおサービスの性質として2つ以上に分類される場合には、どちらか一方に掲載がされている。たとえばスタイラー社が提供するFACY(フェイシー)は「ニューリテール / OMO」に分類されているが、パーソナルレコメンドの側面もある。

※本マップは2019年12月末時点の情報に基づいて作成された。また、掲載企業・サービスの網羅性を保証するものではない。

マップ・リスト特設サイト

マップ・リストの詳細・購入については以下から確認ができる。
ファッションテック ・ ビューティテック スタートアップ マップ・リスト 2020
https://peraichi.com/landing_pages/view/pilotboatlist

マップ・リスト作成責任者

合同会社pilot boat CEO 納富 隼平(Notomi Jumpei)氏

1987年生まれ。明治大学経営学部卒、早稲田大学大学院会計研究科修了。在学中公認会計士試験合格。大手監査法人で会計監査に携わった後、ベンチャー支援会社に参画し、300超のピッチ・イベントをプロデュースした。2017年に独立して合同会社pilot boatを設立し、引き続きベンチャー支援に従事。長文でスタートアップを紹介する自社メディア「pilot boat」、toCベンチャープレゼンイベント「sprout」、その他スタートアップイベントを運営。得意分野はFashionTech、BeautyTech、FemTech。各種メディアでスタートアップやイノベーション関連のライター、大企業向けにオープンイノベーションのコンサルティング・スタートアップ関連の調査業務なども手がけている。
twitter: @jumpei_notomi

社名合同会社pilot boat
設立2017年06月
所在地東京都渋谷区恵比寿西1-33-6 JP noie 恵比寿西1F co-ba ebisu
代表者納富 隼平(Notomi Jumpei)
事業概要スタートアップ支援企業。スタートアップを紹介する長文webメディア「pilot boat」、toCベンチャープレゼンイベント「sprout」などを運営。ファッションテック・ビューティテック分野のオープンイノベーション・新規事業コンサルティングも請け負う。
URLhttps://pilotboat.biz
プレスリリース発表元企業:合同会社pilot boat
配信元:PR TIMES
執筆
PORT編集部 
「PORT」はCreww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【募集】関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント