12.8 C
Japan
水曜日, 9月 28, 2022

人と出会うためのSNS『bajji(バッジ)』、総額1億750万円の資金調達完了をもってWebアプリとして公式ローンチ

bajjiは、「未来を変える人との出会いを増やす」をビジョンに、SNS『bajji』、コワーキングスペース『BUTAI(ぶたい)』を運営している。このたび、ちばぎんキャピタル、東京シティ信用金庫ほか元エイチ・アイ・エス代表取締役専務の行方氏など個人投資家2名を引受先とする第三者割当増資を行い、総額1億750万円の資金調達を完了した(エクイティ、デット含む)。これに伴い『bajji』をWebアプリ(https://bajji.life/)として公式ローンチする。

人と出会うためのSNS『bajji』について

bajjiのビジョンは、「未来を変える人との出会いを増やす」ことである。

様々なSNSやCtoCサービスの台頭により、世界中の人々が簡単につながることができるようになった。この時代では、「どこにいるか」「何をするか」よりも、「誰と」するかが最も重要となっている。

一方、世の中は匿名での発信やフェイク情報が増え、会ったことがない人にも気軽に誹謗中傷することができるようにもなり、年々、不確かで本質的でないものであふれるようになってきてしまった。

こんな時代に、自分にとってふさわしい「誰か」と出会うにはどうすれば良いのであろうか。
bajjiはこの状況を解決すべく『bajji』を開発した。

bajjiの仕組み

『bajji』は、ユーザーの信頼関係や人生経験、生きてきた軌跡を、リファラル情報として見える化する。

具体的には、まず、エンカウントという機能で、実際に人と出会ったときにアプリ上で繋がることができる(位置情報とマジックカラーを活用、特願2019-204074)。次に、会ったことがある人に対して、「この人はこんな点が素晴らしい」や「この人とはこんな時間を過ごした」などの気持ちを表したアイコン(=bajji バッジ)を贈り合う。それらの記録はブロックチェーンに刻まれる。そして、その誰も改ざんすることができない記録を用いて、独自アルゴリズムに基づき、人生の貯まった軌跡をスコア化する「bajjiキセキ」を算出。ユーザーは、bajjiキセキの値によって、リワードポイントを受け取ることができる(特願2019-204096)。

こうして、エンカウント数や、贈りあったバッジ(bajji)の量や種類によって、その人の人生の軌跡を可視化することを目指している。

また、全ユーザーの動きやマイページは全て公開されている。

出会った人のマイページを見ると「Aさんと実際に会ったことがある」「Bさんからこんなbajjiをもらっている」など人とのつながりを確認・判断でき、名刺交換だけでは実現できなかった「自分にとってふさわしい人との出会い」を加速させることができる。

【Webアプリbajji】
スマホ版URL(公式):https://bajji.life/
(bajjiはWebアプリでのみ提供している。App StoreやGoogle Playからはダウンロードできない)

『bajji』は2019年6月24日にベータ版をリリース。順調にユーザーを獲得し、東京と大阪にてbajjiユーザーたちがつながる場(bajji酒場)ができた。9月からは、最もbajjiキセキが高い人をユーザーみんなで讃えるMVI(Most Valuable Innovator)を開始し、これまでのところ大阪から3名、東京から2名の表彰者が誕生した。2020年1月には1,000ユーザーを達成し、人と人との出会いであるエンカウントも5000回を突破した。今後もbajjiの認知拡大に注力し、世界のどこかで頑張っている人材を発掘していく予定である。

 2019年10月28日には、bajjiユーザーがつながる場を用意すべく、浅草橋にインキュベーションスペース『BUTAI(ぶたい)』をオープン。
BUTAIでは毎週様々なテーマでイベントを開催し、多種多様な人材を集め、未来を変える出会いを創出している。
過去のイベント一覧:https://butai.space/blog

資金調達の背景・目的

今回調達した資金を元に以下を進める。
・事業開発の加速
・bajji開発の加速
・インキュベーション&コワーキングスペースBUTAIの運営
・人員強化

今回の資金調達をきっかけに、さらなるユーザー獲得のために事業拡大と開発の加速、人員を強化していく。

資金調達の引受先

・ちばぎんキャピタル株式会社(ひまわりG4号投資事業有限責任組合)
・東京シティ信用金庫
・行方一正(元株式会社エイチ・アイ・エス代表取締役専務)
・その他、個人投資家

サービス一覧

1. 人と出会うためのSNS『bajji(バッジ)』
スマホ版URL:https://bajji.life/

2. 多様な分野のイノベーターが集うインキュベーション&コワーキングスペースBUTAI(ぶたい)
https://butai.space/

bajji代表のコメント

株式会社bajji 代表取締役
小林 慎和


「私は仕事の中で、日本の各地や、世界の都市をよく訪れます。東京や大都市だけでなく、地方都市にも、面白いイベントや、コワーキングスペースが多くあります。そこで出会う人々は、強烈なパッションを持ち、社会を変えるべく動いている、まさにイノベーターのような人たちでした。ITスタートアップが巨額の資金調達をして社会変革しようとする、それも素晴らしいことだと思います。

でも、その陰には隠れた知られざる個人がたくさんいます。bajjiでは、そうした個人にスポットライトを当てたいと思っています。一人ひとりの日々の経験、信頼を勝ち得た活動など人生の軌跡をブロックチェーンに刻むことで、その人の、人となりというもののファクトを可視化していきたい。bajjiで日本の中で、パッションを持って動く人を100万人繋ぎ、世界では1億人を繋いでいきたいと思っています。このプラットフォームが出来上がれば、イノベーションを起こす人と人との出会いが加速し、社会変革もさらに拡大していくと考えています。」

社名株式会社bajji(バッジ)
所在地東京都台東区浅草橋1丁目25-12 FAMビル2階
設立2019年4月
資本金1億250万円(資本準備金含む)
代表者小林 慎和
事業概要・ブロックチェーンを活用したSNS『bajji』の企画、開発、運用及び提供
・コワーキングスペース『BUTAI』の運営
URLhttps://corp.bajji.life/
プレスリリース発表元企業:株式会社bajji
配信元:PR TIMES
執筆
PORT編集部 
「PORT」はCreww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

【スタートアップ募集】第一三共ヘルスケアと一緒に、「ヘルスケア」領域に新しい価値を創出しませんか

【オープンイノベーションインタビュー】「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」をコーポレートスローガンに掲げ、鎮痛薬「ロキソニン」をはじめ、かぜ薬「ルル」、キズ薬「マキロン」など、生活に身近な市販薬ブランドを多数展開する第一三共ヘルスケア。他にも、敏感肌向けスキンケアブランド「ミノン」やオーラルケアなど、さまざまな製品を展開している。そんな同社は、もっと幅広くヘルスケアや生活改善に貢献すべく、製薬会社だけでは発想できないアイデアや技術を求めて、アクセラレータープログラムの実施を決定した。具体的に、どんなスタートアップとの協業に期待しているのか。同社・経営企画部の松尾健氏と製品企画室の古市亜美氏に話を伺った。 #第一三共ヘルスケア #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント