12.8 C
Japan
木曜日, 5月 26, 2022

人と出会うためのSNS『bajji(バッジ)』、総額1億750万円の資金調達完了をもってWebアプリとして公式ローンチ

bajjiは、「未来を変える人との出会いを増やす」をビジョンに、SNS『bajji』、コワーキングスペース『BUTAI(ぶたい)』を運営している。このたび、ちばぎんキャピタル、東京シティ信用金庫ほか元エイチ・アイ・エス代表取締役専務の行方氏など個人投資家2名を引受先とする第三者割当増資を行い、総額1億750万円の資金調達を完了した(エクイティ、デット含む)。これに伴い『bajji』をWebアプリ(https://bajji.life/)として公式ローンチする。

人と出会うためのSNS『bajji』について

bajjiのビジョンは、「未来を変える人との出会いを増やす」ことである。

様々なSNSやCtoCサービスの台頭により、世界中の人々が簡単につながることができるようになった。この時代では、「どこにいるか」「何をするか」よりも、「誰と」するかが最も重要となっている。

一方、世の中は匿名での発信やフェイク情報が増え、会ったことがない人にも気軽に誹謗中傷することができるようにもなり、年々、不確かで本質的でないものであふれるようになってきてしまった。

こんな時代に、自分にとってふさわしい「誰か」と出会うにはどうすれば良いのであろうか。
bajjiはこの状況を解決すべく『bajji』を開発した。

bajjiの仕組み

『bajji』は、ユーザーの信頼関係や人生経験、生きてきた軌跡を、リファラル情報として見える化する。

具体的には、まず、エンカウントという機能で、実際に人と出会ったときにアプリ上で繋がることができる(位置情報とマジックカラーを活用、特願2019-204074)。次に、会ったことがある人に対して、「この人はこんな点が素晴らしい」や「この人とはこんな時間を過ごした」などの気持ちを表したアイコン(=bajji バッジ)を贈り合う。それらの記録はブロックチェーンに刻まれる。そして、その誰も改ざんすることができない記録を用いて、独自アルゴリズムに基づき、人生の貯まった軌跡をスコア化する「bajjiキセキ」を算出。ユーザーは、bajjiキセキの値によって、リワードポイントを受け取ることができる(特願2019-204096)。

こうして、エンカウント数や、贈りあったバッジ(bajji)の量や種類によって、その人の人生の軌跡を可視化することを目指している。

また、全ユーザーの動きやマイページは全て公開されている。

出会った人のマイページを見ると「Aさんと実際に会ったことがある」「Bさんからこんなbajjiをもらっている」など人とのつながりを確認・判断でき、名刺交換だけでは実現できなかった「自分にとってふさわしい人との出会い」を加速させることができる。

【Webアプリbajji】
スマホ版URL(公式):https://bajji.life/
(bajjiはWebアプリでのみ提供している。App StoreやGoogle Playからはダウンロードできない)

『bajji』は2019年6月24日にベータ版をリリース。順調にユーザーを獲得し、東京と大阪にてbajjiユーザーたちがつながる場(bajji酒場)ができた。9月からは、最もbajjiキセキが高い人をユーザーみんなで讃えるMVI(Most Valuable Innovator)を開始し、これまでのところ大阪から3名、東京から2名の表彰者が誕生した。2020年1月には1,000ユーザーを達成し、人と人との出会いであるエンカウントも5000回を突破した。今後もbajjiの認知拡大に注力し、世界のどこかで頑張っている人材を発掘していく予定である。

 2019年10月28日には、bajjiユーザーがつながる場を用意すべく、浅草橋にインキュベーションスペース『BUTAI(ぶたい)』をオープン。
BUTAIでは毎週様々なテーマでイベントを開催し、多種多様な人材を集め、未来を変える出会いを創出している。
過去のイベント一覧:https://butai.space/blog

資金調達の背景・目的

今回調達した資金を元に以下を進める。
・事業開発の加速
・bajji開発の加速
・インキュベーション&コワーキングスペースBUTAIの運営
・人員強化

今回の資金調達をきっかけに、さらなるユーザー獲得のために事業拡大と開発の加速、人員を強化していく。

資金調達の引受先

・ちばぎんキャピタル株式会社(ひまわりG4号投資事業有限責任組合)
・東京シティ信用金庫
・行方一正(元株式会社エイチ・アイ・エス代表取締役専務)
・その他、個人投資家

サービス一覧

1. 人と出会うためのSNS『bajji(バッジ)』
スマホ版URL:https://bajji.life/

2. 多様な分野のイノベーターが集うインキュベーション&コワーキングスペースBUTAI(ぶたい)
https://butai.space/

bajji代表のコメント

株式会社bajji 代表取締役
小林 慎和


「私は仕事の中で、日本の各地や、世界の都市をよく訪れます。東京や大都市だけでなく、地方都市にも、面白いイベントや、コワーキングスペースが多くあります。そこで出会う人々は、強烈なパッションを持ち、社会を変えるべく動いている、まさにイノベーターのような人たちでした。ITスタートアップが巨額の資金調達をして社会変革しようとする、それも素晴らしいことだと思います。

でも、その陰には隠れた知られざる個人がたくさんいます。bajjiでは、そうした個人にスポットライトを当てたいと思っています。一人ひとりの日々の経験、信頼を勝ち得た活動など人生の軌跡をブロックチェーンに刻むことで、その人の、人となりというもののファクトを可視化していきたい。bajjiで日本の中で、パッションを持って動く人を100万人繋ぎ、世界では1億人を繋いでいきたいと思っています。このプラットフォームが出来上がれば、イノベーションを起こす人と人との出会いが加速し、社会変革もさらに拡大していくと考えています。」

社名株式会社bajji(バッジ)
所在地東京都台東区浅草橋1丁目25-12 FAMビル2階
設立2019年4月
資本金1億250万円(資本準備金含む)
代表者小林 慎和
事業概要・ブロックチェーンを活用したSNS『bajji』の企画、開発、運用及び提供
・コワーキングスペース『BUTAI』の運営
URLhttps://corp.bajji.life/
プレスリリース発表元企業:株式会社bajji
配信元:PR TIMES
執筆
PORT編集部 
「PORT」はCreww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

蚕を使った「シルクフード」を次世代の代替タンパク質へ!フードテックのスタートアップ「エリー」

【スタートアップインタビュー】 Crewwが注目のスタートアップを掘り下げて紹介する『大挑戦時代を生きるスタートアップ特集』。今回は、蚕を使った代替タンパク質「シルクフード」を開発するフードテックのスタートアップ「エリー株式会社」へ伺いました。 サステナブルな次世代食品「シルクフード」は一体どのようなものなのでしょうか。また、昆虫食のなかでも、蚕に着目したのはなぜなのでしょうか。その社会実装の推進やマネタイズの面を含めた現在、さらには環境問題の解決を見据え、エリーが目指す展開とはー。 食品メーカー勤務の経験を生かし、新しい代替タンパク質の開発に向けて起業したエリー株式会社代表の梶栗 隆弘氏が、社会に広めたい想いーその熱い胸の内をお話くださいました。 #スタートアップ #インタビュー #FoodTech #シルクフード #エリー #昆虫食 #代替タンパク質 #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント