12.8 C
Japan
木曜日, 8月 13, 2020

eスポーツ学習サービス【ゲシピ(gecipe)】がeスポーツチーム「Whales Rush」とスポンサー契約!

eスポーツ学習サービス「ゲシピ(gecipe)」を運営するゲシピ株式会社は、eスポーツアスリートを目指すプレイヤー向けに、eスポーツの「学習環境」や「練習環境」を提供してきた。eスポーツチーム「Whales Rush」とのスポンサー提携・事業提携により、同eスポーツチームを支援しながら、学習コンテンツや練習機能を拡充し、より多くのeスポーツアスリートを輩出できるよう事業を加速していくことを発表した。

eスポーツチーム「Whales Rush」

『名前の由来』
クジラは生命体の中で〝1番〟大きいと言われています。
クジラのように誰にも〝負けない〟大きな実力を付けて、強敵に向かって突進するという強い気持ちをチームの名前に込めています。

『目標』
eスポーツの競技シーンにおいて日本国内だけでなく、世界に通用する選手の輩出を目指す。

​『活動理念』
〝プレイヤー〟から〝選手〟になる。
所属メンバー全員が日本で活動するeスポーツ選手としての”自覚”と”誇り”を持ち 技術面だけでなく、精神面も向上させる為に日々の活動に取り組んでいます。
チーム公式Twitter : @WhalesRush
https://twitter.com/WhalesRush

eスポーツ学習サービス【ゲシピ(gecipe)】

eスポーツアスリートを目指すプレイヤー向けに学習コンテンツやコミュニティサービスを提供しています。eスポーツタイトルを中心に、テクニックや立ち回りといった入門編から、戦術・戦略などの実践編まで、学習動画や解説記事を配信。公式サイト、YouTube、twitter、アプリなど様々なメディアで毎日配信しています。

– eスポーツ学習アプリ【ゲシピ(gecipe)】公式アプリ
iOS版アプリ:https://itunes.apple.com/jp/app/id1402629924
Android版アプリ:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.gecipe.gecipe

– eスポーツ学習サービス【ゲシピ(gecipe)】公式サイト
https://gecipe.jp

– 【ゲシピ(gecipe)】公式Youtubeチャンネル
https://www.youtube.com/c/gecipe

– 【ゲシピ(gecipe)】公式Twitter
ゲシピくん@ゲシピ公式:https://twitter.com/gecipekun

– サポートeスポーツタイトル
Apex Legends(エーペックスレジェンズ):https://bit.ly/2IpuIAF
Fortnite(フォートナイト):https://bit.ly/2TZP0Tf
Auto Chess(スマホ版オートチェス):http://bit.ly/2WCjDjY
SAMURAI SPIRITS(サムライスピリッツ、サムスピ):http://bit.ly/2PSFKji
Dead by Daylight(デッドバイデイライト):https://bit.ly/2uPL90Y
Splatoon2(スプラトゥーン2):http://bit.ly/2V9hAlO
DEAD OR ALIVE 6(デッドオアアライブ6) :https://bit.ly/2D229Wr
Splitgate: Arena Warfare(スプリットゲート):http://bit.ly/2Jcr2U2
DENDAMA(電玉):http://bit.ly/2WAMPe6
(他多数)

■会社概要
会社名:ゲシピ株式会社
所在地:東京都中央区八重洲一丁目9−9 東京建物本社ビル5階
設立:2018年1月
代表:代表取締役 真鍋 拓也
資本金:5,010万円(準備金含)
事業内容:eスポーツ学習動画事業

PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...

「イノベーション立県」広島のオープンイノベーションによる地域課題解決

数年前より、国をあげての「オープンイノベーション」に関する取組が活発化してきており、各自治体においても、イノベーションを加速させるべく様々な施策が練られている。今回は広島県の象徴的なオープンイノベーション事例について広島県を代表して商工労働局イノベーション推進チーム担当課長の金田典子氏と「広島アクセラレータープログラム」の仕掛け人で広島銀行法人営業部 金融サービス室シニアマネージャーの栗栖 徹 氏にお話を伺った。

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。