12.8 C
Japan
火曜日, 10月 27, 2020

eスポーツ学習サービス【ゲシピ(gecipe)】がeスポーツチーム「Whales Rush」とスポンサー契約!

eスポーツ学習サービス「ゲシピ(gecipe)」を運営するゲシピ株式会社は、eスポーツアスリートを目指すプレイヤー向けに、eスポーツの「学習環境」や「練習環境」を提供してきた。eスポーツチーム「Whales Rush」とのスポンサー提携・事業提携により、同eスポーツチームを支援しながら、学習コンテンツや練習機能を拡充し、より多くのeスポーツアスリートを輩出できるよう事業を加速していくことを発表した。

eスポーツチーム「Whales Rush」

『名前の由来』
クジラは生命体の中で〝1番〟大きいと言われています。
クジラのように誰にも〝負けない〟大きな実力を付けて、強敵に向かって突進するという強い気持ちをチームの名前に込めています。

『目標』
eスポーツの競技シーンにおいて日本国内だけでなく、世界に通用する選手の輩出を目指す。

​『活動理念』
〝プレイヤー〟から〝選手〟になる。
所属メンバー全員が日本で活動するeスポーツ選手としての”自覚”と”誇り”を持ち 技術面だけでなく、精神面も向上させる為に日々の活動に取り組んでいます。
チーム公式Twitter : @WhalesRush
https://twitter.com/WhalesRush

eスポーツ学習サービス【ゲシピ(gecipe)】

eスポーツアスリートを目指すプレイヤー向けに学習コンテンツやコミュニティサービスを提供しています。eスポーツタイトルを中心に、テクニックや立ち回りといった入門編から、戦術・戦略などの実践編まで、学習動画や解説記事を配信。公式サイト、YouTube、twitter、アプリなど様々なメディアで毎日配信しています。

– eスポーツ学習アプリ【ゲシピ(gecipe)】公式アプリ
iOS版アプリ:https://itunes.apple.com/jp/app/id1402629924
Android版アプリ:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.gecipe.gecipe

– eスポーツ学習サービス【ゲシピ(gecipe)】公式サイト
https://gecipe.jp

– 【ゲシピ(gecipe)】公式Youtubeチャンネル
https://www.youtube.com/c/gecipe

– 【ゲシピ(gecipe)】公式Twitter
ゲシピくん@ゲシピ公式:https://twitter.com/gecipekun

– サポートeスポーツタイトル
Apex Legends(エーペックスレジェンズ):https://bit.ly/2IpuIAF
Fortnite(フォートナイト):https://bit.ly/2TZP0Tf
Auto Chess(スマホ版オートチェス):http://bit.ly/2WCjDjY
SAMURAI SPIRITS(サムライスピリッツ、サムスピ):http://bit.ly/2PSFKji
Dead by Daylight(デッドバイデイライト):https://bit.ly/2uPL90Y
Splatoon2(スプラトゥーン2):http://bit.ly/2V9hAlO
DEAD OR ALIVE 6(デッドオアアライブ6) :https://bit.ly/2D229Wr
Splitgate: Arena Warfare(スプリットゲート):http://bit.ly/2Jcr2U2
DENDAMA(電玉):http://bit.ly/2WAMPe6
(他多数)

■会社概要
会社名:ゲシピ株式会社
所在地:東京都中央区八重洲一丁目9−9 東京建物本社ビル5階
設立:2018年1月
代表:代表取締役 真鍋 拓也
資本金:5,010万円(準備金含)
事業内容:eスポーツ学習動画事業

PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

コロナ禍の新たな顧客体験構築に挑む、店舗業務効率化SAASスタートアップ

成長の加速を落とさないスタートアップにフォーカスをして、失敗事例や克服のストーリー成功体験など、生の声を配信している連載「スタートアップの流儀」。今回は、Leretto(リリット)の代表取締役社長である辰巳 衛氏にお話を伺いました。

シードラウンド調達完了|廃棄物業界の省力化・効率化に取り組むファンファーレを紐解く

成長の加速を落とさないスタートアップ企業にフォーカスし、「失敗事例や克服のストーリー、成功体験」など、生の声をこれから成長していくスタートアップに参考にしてもらえるお話をお届けする「スタートアップの流儀」。 第二回目のゲストは、テクノロジーを活用して廃棄物業界の省力化や効率化を目指す、ゴミテック領域のスタートアップ、ファンファーレ株式会社の代表取締役 近藤志人さんにお話を伺いました。

丸紅に根付くスタートアップとの協業文化。1年の開発を経てIoT製品を商品化へ

「お金で買えない価値を売りたい!〜コンセントの先の未来へ〜」というコンセプトで、2018年にアクセラレータープログラムを開始した丸紅電力本部。IoT製品である、コネクテッド・バッテリー「みまもり電池MaBeee」を開発しているスタートアップのノバルスと、1年間の開発・協議を経て、2020年8月より丸紅ソーラートレーディングより販売を開始した。具体的にどのようにプロジェクトを進めてきたのか、丸紅ソーラートレーディングの青木健治氏と、ノバルス代表の岡部顕宏氏に話を聞きました。

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...