12.8 C
Japan
木曜日, 7月 7, 2022

ビューティーブランド『ON&DO』×テクノラボ、化粧品容器アップサイクルプロジェクトで協業

MTGは、”温肌”をコンセプトに肌・体・心の関係性を追求して生まれたビューティーブランド『ON&DO』にて、捨てられていた海洋プラスチックを長く大切にされるアイテムへ生まれ変わらせるブランド『buøy』を運営するテクノラボと協業し、『ON&DO』ブランドの化粧品容器の回収およびアップサイクルプロジェクトを開始します。

化粧品容器アップサイクルプロジェクトとは

“使い捨て”の化粧品容器を材料とし、工芸品のように“長く大切にされる”製品へと生まれ変わらせることを目指す活動のこと。『ON&DO』はプラスチック資源循環促進法の成立を見据え、自社商品のプラスチックごみを責任をもって回収し循環を促すことに加え、“プラスチック製品=安価で替えがきくもの”という向き合い方を見直していくことを目指している。『ON&DO』取り扱い店舗にて回収した容器は洗浄・粉砕を行い、(株)テクノラボの協力を得てアップサイクルし新たな製品(コースターやトレイ)へと生まれ変わる。また、容器回収に協力してもらった際にはポイントを付与、溜まったポイント数に応じてささやかなギフトを渡すなどの仕組みを通して容器回収を促進する。この活動を通じて、顧客と共に製品開発の在り方や製品との向き合い方、ごみへの意識、廃棄物に対する社会の仕組みなどを考えるきっかけにできればと考えている。

回収場所について

下記ON&DO取り扱い店舗にて回収が行われる。

・ON&DOジェイアール名古屋タカシマヤ
・ON&DO阪急うめだ本店
・Beauty Connection Ginza

※店舗情報はこちら
https://www.on-and-do.jp/shop/pages/store_list

『ON&DO』ブランドについて

『ON&DO』は、肌・体・心のベストバランスを「温肌」と定義し、研究を続けてきた。紫外線、大気の汚れ、不規則なライフスタイル、複雑な人間関係、偏った食生活などによって、現代の温肌は脅かされている。『ON&DO』はその事実に着目し、肌を通してポジティブなスパイラルを目指すビューティーブランドである。

<ON&DO公式サイト>
https://www.on-and-do.jp/shop

【buøy(ブイ)】ブランドについて

海洋ゴミを材料にしたプロダクトブランド。プラスチックメーカーの有志によって技術開発し、クラウドファンディングを経て製品化。海洋ゴミのように劣化しプラスチックの種類がわからない状態でも成型する技術において特許出願中。2020年7月よりreBirth改めbuøyとして一般販売を開始した。

■ブランドサイト
http://www.techno-labo.com/rebirth

■Facebook
https://www.facebook.com/plastech.project/

■Instragram 
https://www.instagram.com/plas_tech/

■クラウドファンディングページ
https://camp-fire.jp/projects/view/209060

[buøyに関する問い合わせ]
buoy@techno-labo.com

社名株式会社テクノラボ
設立2004年8月
所在地横浜市神奈川区青木町6-19 ライオンズ横浜マークレジデンス1B
代表者林 光邦
事業概要主にIoT機器、医療機器向けのプラスチック筐体のデザインや少量生産を行うプラスチックメーカー。新しいテクノロジーを搭載した製品の共同開発を、スタートアップ企業などと進めており、これまでに200を超える製品開発を行っている。
URLtechno-labo.com

株式会社MTGについて

MTGは事業ビジョンに“VITAL LIFE”を掲げ、世界中の人々の健康で美しく生き生きとした人生を実現するために、HEALTH、BEAUTY、HYGIENEの領域で、ブランド、商品、サービスを開発している。

社名株式会社MTG
設立1996年01月
所在地愛知県名古屋市中村区本陣通4-13MTG 第2HIKARIビル
代表者松下 剛
URLhttps://www.mtg.gr.jp/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

EBRU、アーティストや職人が手仕事で制作するBluetoothイヤホンの製作事業で注目!

【スタートアップスタジオインタビュー】アーティストや職人が手仕事で制作するBluetoothイヤホンで注目されているのが、佐藤怜さんが2021年4月に創業した株式会社EBRU。様々なウェアラブル製品が生み出されており、日常的に体に装着し続けても負担にならず、なおかつデザイン性や個性を表現できる製品開発が日進月歩で進んでいます。こうした動きに拍車がかかる中、Bluetoothイヤホンに注目した ‶アート×音楽×ファッション” な取り組みが話題に。株式会社EBRUの佐藤怜さんに、事業の特徴や今後の課題などについてお話をお聞きしました。 #EBRU #Bluetooth #イヤホン #スタートアップスタジオ #Creww #大挑戦時代をつくる

【募集】浜松市で実証実験&事業化を目指しませんか。全国からスタートアップを募集

【オープンイノベーションインタビュー】国土縮図型都市である静岡県浜松市では、本日より「令和4年度実証実験サポート事業」のプロジェクト募集を開始!全国のスタートアップに対して1年間、市内実証実験フィールドの提供や広報活動、最大200万円の助成、法制度に関するアドバイスを実施。さらに「トライアル発注制度」を新設して実験後の出口支援も強化するという。具体的にどのようなスタートアップを募集するのか。浜松市産業部スタートアップ推進課主幹の新村仁氏に話を伺った。 #募集 #浜松市 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。
Facebook コメント