12.8 C
Japan
金曜日, 1月 28, 2022

ARコミュニケーションの「エピソテック」が販売パートナーとして技術系商社の「イツワ商事」と業務提携!

ARコミュニケーションサービス事業を行うエピソテック株式会社が、2021年12月13日(月) より、技術系総合商社としてグローバルにファクトリーソリューション事業を行うイツワ商事株式会社と販売業務提携を締結しました。

提携に至った背景

エピソテックは、コロナ禍及び省人化により遠隔コミュニケーション需要が高くなったメンテナンス・営業・教育を事業とする事業者に対し、遠隔でも現場にいるような直観的コミュニケーションを実現するためにAR(Augmented Reality: 拡張現実)を活用したサービス「Dive」(https://www.episotech.com/)を提供しています。Diveの販売推進にあたり、強固な販売チャネルをもつ販売パートナーを模索している状態でした。

イツワ商事は技術系総合商社として、日本国内のみならず、アジア各国、アメリカに販売拠点があり、製造業向けに調達・物流代行サービス・部材の受発注から輸出入手続き・納期管理にとどまらず、設備・消耗品・副資材のメーカ販売店・代理店業務など、あらゆる業務を代行する中で築き上げた業種を熟知したソリューション提案力と販売チャネルがあります。その中で、Industry 4.0で注目を得ているDX(デジタルトランスフォーメーション)領域において、提案力強化実現のために新たな商材を模索している状態でした。

双方のニーズの合致を確認でき、シナジーの推進を強固にすべくエピソテックがイツワ商事をDiveの販売店として指定する販売店契約を締結しました。本締結により、イツワ商事がエピソテックの初めての販売店となります。

イツワ商事は、現在経済成長著しいベトナムにおいて2009年にITSUWA VIETNAM CO.,LTD.を設立し、ファクトリーソリューション事業・EMS事業・コーティング事業・電機事業と事業分野を拡大してきました。製造業のみならず現地で500社を超える既存顧客基盤を持ち、「気軽に遠隔支援体制を構築し、DXの第一歩を踏み出す」をキーワードに、新しい価値提案としてDiveの販売推進を実施します。なお、ベトナム市場へ販売推進の本格稼働は、2022年1月末以降を計画しています。

Diveについて

DiveはARとWebRTC技術を活用したリモートコミュニケーションサービスです。

現場ユーザーは、スマホ・タブレットにインストールされた専用アプリを使い、現場の様子を複数の遠隔のユーザーへ発信できます。現場業務オンライン化で顕在化している「現場の空間・物体を軸に、あれこれ会話をしたい」という根本的課題を解決するために、アプリにARによる現場の空間を認識させ、ユーザーの意図を仮想物体として現場の空間・物体へ張り付ける事を可能にしました。

アプリを起動した現場ユーザーだけでなく、遠隔のユーザーも同じ目線で同様にリアルタイムに操作する事ができるため、意思疎通の効率化を促進できます。また、現場ユーザーの独り立ちを推進するために、会話の録画だけでなく、一度張り付けたデジタル情報を再度呼び出す事も可能です。

Diveは、DXの第一歩として利用しやすいように、
・事業者が既に持っているハードウェアの活用
・クラウドサービスによるSaaS提供
・サブスクリプションモデルによるイニシャルコスト低減

といった「手軽さ」を重視した商品設計になっています。アプリは無料の試用プランがあり、下記ストアよりダウンロード可能。気軽にその手軽さを体感することができます。

■イツワ商事について

【本社会社概要】
会社名:イツワ商事株式会社
所在地:〒542-0062 大阪市中央区上本町西1-1-8 TNビル
代表者:代表取締役 桑原 豊
設立:1981年4月
URL:https://www.itsuwa.co.jp/
事業内容:
1. 各種電子部品及び金型、生産合理化設備・消耗品の輸出入販売業務
2. 小型精密機器の海外生産委託業務
3. PC、AV機器、スマートフォン関連商品の国内家電量販店向け卸売業務
4. 雑貨、食品の国内卸売、輸出入販売業務
5. メーカー代理店業務

【ベトナム拠点概要】
会社名:ITSUWA VIETNAM CO.,LTD.
現地責任者:Vice Director  Tomoomi Kawai(河合 朝臣)
設立:2008年11月
ハノイ所在地:9th Floor, ICON4 Building, 243A De La Thanh, Lang Thuong Ward, Dong Da District, Hanoi
ホーチミン所在地:A16 Nguyen Huu Tho, Resttlement Zone, Hamlet 5, Phuoc Kieng town, Nha Be District, HCM
事業内容:
1. 消耗品・副資材の輸入販売、設備・加工部品・設計の輸出販売
2. 電子・電気部品、樹脂材の輸入販売
3. EMS(組立)
4. カーコーティング材料輸入販売
5. スマートファクトリー・製造業DXに向けた各種デバイス輸入販売

■エピソテックについて

会社名:エピソテック株式会社
所在地:東京都杉並区本天沼2丁目40番12号
代表者:代表取締役CEO 内藤優太
設立:2020年10月
URL:https://www.episotech.com/
事業内容:
1. AR/MRアプリケーションの企画・開発、およびサービスの提供
2. 上記実現のためのコンサルティング

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

東芝が取り組む、“本気”のオープンイノベーションとは

【オープンイノベーションインタビュー】1875年に創業し、エネルギーや社会インフラ、ICTなど、人と地球の明日を支える「社会の基盤となる事業」に取り組む東芝。そんな東芝が “本気” のオープンイノベーションで新規事業創出に取り組んでいる。すでに法人化したプロジェクトもあるというが、具体的に何をしているのか。グループ全社で新規事業創出の旗振り役をしているCPSxデザイン部 CPS戦略室の相澤宏行氏と岩本晴彦氏に話を伺った。 #募集 #東芝 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【募集】古野電気の社内ベンチャーと一緒に、「建設DX」を実現するパートナーを求む!

【オープンイノベーションインタビュー】センシング、情報処理、情報通信の3つをコアテクノロジーに、魚群探知機等の船舶電子機器や、社会・産業に貢献するさまざまなソリューションをグローバルで提供している古野電気。その技術力を活用して、全く新たな領域に挑戦しているのが建設業界のデジタル化だ。社内ベンチャープロジェクトを立ち上げて、建設業界のデジタル化・遠隔施工の実現のため、現場環境に適した通信やセンサー機器を積極的に展開している。ただ、多様な建設業界の課題を解決する“建設DX”を1社で実現するのは困難なため、「FURUNO 建設DXアクセラレーター」を実施。具体的にどのような共創を目指しているのか、社内ベンチャー 建設DX事業責任者の石野祥太郎氏に話を伺った。 #募集 #古野電気 #インタビュー #アクセラレータープログラム #アクセラレーター #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【入山章栄×佐々木紀彦】30歳は動くとき。「大企業1社」キャリアからの脱却

【インタビュー】「入社すれば一生安泰」という“神話”を信じ、手にした大企業の切符。しかし、年功序列と終身雇用は既に崩壊している──。 転職や複業前提で働く「Z世代」とは違い、大企業神話を信じて1社で働き続けている30代、40代のビジネスパーソンは、このまま変わらない日々を送り続けても大丈夫なのか。 早稲田大学ビジネススクール教授で経営学者の入山章栄氏と、42歳で起業し新著『起業のすすめ さよなら、サラリーマン』を出版した佐々木紀彦氏に、1社経験しかない30代40代がこれからすべきこと、ミドル世代のキャリア論を聞いた。 #複業 #転職 #Z世代 #Creww #大挑戦時代をつくる

【提言】転職だけがすべてじゃない。会社を辞めずに外に出よう

【インタビュー】転職、複業、兼業、起業──。 日本型雇用が崩壊し、自分らしく働く選択肢は増えたとはいえ、これらはまだ一部の人しか経験したことがないのが日本の現状だ。 国際社会と比較しても、日本は圧倒的に人材流動性が低い。超少子高齢化社会で労働力人口も減り続ける日本で、このまま人材の流動性が低いままでいるとどうなってしまうのか。 キャリアデザインの専門家である法政大学教授の田中研之輔氏と、新規事業や社会課題解決に挑戦したい個人・スタートアップ・事業会社をプラットフォームでサポートするCreww株式会社 代表取締役CEOの伊地知天氏に話を聞いた。 #複業 #ゼロイチ #インキュベーション#Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント