12.8 C
Japan
水曜日, 8月 10, 2022

ARコミュニケーションの「エピソテック」が販売パートナーとして技術系商社の「イツワ商事」と業務提携!

ARコミュニケーションサービス事業を行うエピソテック株式会社が、2021年12月13日(月) より、技術系総合商社としてグローバルにファクトリーソリューション事業を行うイツワ商事株式会社と販売業務提携を締結しました。

提携に至った背景

エピソテックは、コロナ禍及び省人化により遠隔コミュニケーション需要が高くなったメンテナンス・営業・教育を事業とする事業者に対し、遠隔でも現場にいるような直観的コミュニケーションを実現するためにAR(Augmented Reality: 拡張現実)を活用したサービス「Dive」(https://www.episotech.com/)を提供しています。Diveの販売推進にあたり、強固な販売チャネルをもつ販売パートナーを模索している状態でした。

イツワ商事は技術系総合商社として、日本国内のみならず、アジア各国、アメリカに販売拠点があり、製造業向けに調達・物流代行サービス・部材の受発注から輸出入手続き・納期管理にとどまらず、設備・消耗品・副資材のメーカ販売店・代理店業務など、あらゆる業務を代行する中で築き上げた業種を熟知したソリューション提案力と販売チャネルがあります。その中で、Industry 4.0で注目を得ているDX(デジタルトランスフォーメーション)領域において、提案力強化実現のために新たな商材を模索している状態でした。

双方のニーズの合致を確認でき、シナジーの推進を強固にすべくエピソテックがイツワ商事をDiveの販売店として指定する販売店契約を締結しました。本締結により、イツワ商事がエピソテックの初めての販売店となります。

イツワ商事は、現在経済成長著しいベトナムにおいて2009年にITSUWA VIETNAM CO.,LTD.を設立し、ファクトリーソリューション事業・EMS事業・コーティング事業・電機事業と事業分野を拡大してきました。製造業のみならず現地で500社を超える既存顧客基盤を持ち、「気軽に遠隔支援体制を構築し、DXの第一歩を踏み出す」をキーワードに、新しい価値提案としてDiveの販売推進を実施します。なお、ベトナム市場へ販売推進の本格稼働は、2022年1月末以降を計画しています。

Diveについて

DiveはARとWebRTC技術を活用したリモートコミュニケーションサービスです。

現場ユーザーは、スマホ・タブレットにインストールされた専用アプリを使い、現場の様子を複数の遠隔のユーザーへ発信できます。現場業務オンライン化で顕在化している「現場の空間・物体を軸に、あれこれ会話をしたい」という根本的課題を解決するために、アプリにARによる現場の空間を認識させ、ユーザーの意図を仮想物体として現場の空間・物体へ張り付ける事を可能にしました。

アプリを起動した現場ユーザーだけでなく、遠隔のユーザーも同じ目線で同様にリアルタイムに操作する事ができるため、意思疎通の効率化を促進できます。また、現場ユーザーの独り立ちを推進するために、会話の録画だけでなく、一度張り付けたデジタル情報を再度呼び出す事も可能です。

Diveは、DXの第一歩として利用しやすいように、
・事業者が既に持っているハードウェアの活用
・クラウドサービスによるSaaS提供
・サブスクリプションモデルによるイニシャルコスト低減

といった「手軽さ」を重視した商品設計になっています。アプリは無料の試用プランがあり、下記ストアよりダウンロード可能。気軽にその手軽さを体感することができます。

■イツワ商事について

【本社会社概要】
会社名:イツワ商事株式会社
所在地:〒542-0062 大阪市中央区上本町西1-1-8 TNビル
代表者:代表取締役 桑原 豊
設立:1981年4月
URL:https://www.itsuwa.co.jp/
事業内容:
1. 各種電子部品及び金型、生産合理化設備・消耗品の輸出入販売業務
2. 小型精密機器の海外生産委託業務
3. PC、AV機器、スマートフォン関連商品の国内家電量販店向け卸売業務
4. 雑貨、食品の国内卸売、輸出入販売業務
5. メーカー代理店業務

【ベトナム拠点概要】
会社名:ITSUWA VIETNAM CO.,LTD.
現地責任者:Vice Director  Tomoomi Kawai(河合 朝臣)
設立:2008年11月
ハノイ所在地:9th Floor, ICON4 Building, 243A De La Thanh, Lang Thuong Ward, Dong Da District, Hanoi
ホーチミン所在地:A16 Nguyen Huu Tho, Resttlement Zone, Hamlet 5, Phuoc Kieng town, Nha Be District, HCM
事業内容:
1. 消耗品・副資材の輸入販売、設備・加工部品・設計の輸出販売
2. 電子・電気部品、樹脂材の輸入販売
3. EMS(組立)
4. カーコーティング材料輸入販売
5. スマートファクトリー・製造業DXに向けた各種デバイス輸入販売

■エピソテックについて

会社名:エピソテック株式会社
所在地:東京都杉並区本天沼2丁目40番12号
代表者:代表取締役CEO 内藤優太
設立:2020年10月
URL:https://www.episotech.com/
事業内容:
1. AR/MRアプリケーションの企画・開発、およびサービスの提供
2. 上記実現のためのコンサルティング

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる

【三友プラントサービス×mint】循環型社会を実現|行動変容を促すLINE LIFFアプリの協働開発

【Creww Growth 活用協業事例】廃棄物処理事業のパイオニアである三友プラントサービス株式会社は、産業廃棄物を適正に処理する焼却処理事業に加え、廃棄されたものを「資源」へと活かす新たな事業の創出を求め、アクセラレータープログラムを開催。採択されたのは、会員制サービスやロイヤルティプログラムをローコードで作れるSaaSの開発運営を行っているスタートアップmint株式会社です。具体的な協業内容から、未来に臨むサービスの展望まで、株式会社三友環境総合研究所の増田氏・栗原氏、mint株式会社代表の田村氏にお話を伺いました。 #三友プラントサービス #三友環境総合研究所 #mint #カーボンニュートラル #廃棄物処理事業 #アクセラレータープログラム #SaaS #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる

【募集】サーキットを舞台に、社会課題や地域活性化、交通安全につながるアイデアを募集

【オープンイノベーションインタビュー】一般社団法人トヨタ・モビリティ基金は「もっといいモビリティ社会」の実現に向けたアイデアコンテスト「Make a More PROJECT」をスタート!多様な分野で活動する個人や団体がアイデアやソリューションで競い合い、取り組み次第では活動支援金を増加させられる仕組みがあること。募集テーマは「Fun & Safety 〜安全かつ最高に楽しい体験を〜」だ。サーキットを舞台にさまざまなアイデアやソリューションを求めるにあたり、トヨタ・モビリティ基金の福田氏と福島県のエビスサーキット代表の熊久保氏に話を伺った。 #募集 #エビスサーキット #トヨタモビリティ基金 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

セイノーHD×次世代型農業への挑戦|生産からお届けまでの一気通貫を実現

【Creww Growth活用協業事例】セイノーホールディングスは、Crewwを通じてアクセラレータープログラム「SEINO Accelerator 2017」を実施。セイノーグループの保有する多様な事業領域と強固な顧客基盤等のアセットを活用し、世界最高の農業エンジニアテクノロジーで持続可能なアグリシステムを開発するスタートアップ「株式会社ファームシップ」と協業。中京地方で複合機能型植物工場事業を立ち上げたその協業内容や、今日に至るまでの両社の連携について、セイノーホールディングス オープンイノベーション推進室 室長 加藤 徳人氏と、KOTO no Ha fresh farm 工場長 松山 昌弘氏にお話を伺いました。 #セイノーホールディングス #オープンイノベーション #アクセラレータープログラム #スタートアップ #アグリシステム #SDGs #ファームシップ #植物工場 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント