12.8 C
Japan
水曜日, 11月 30, 2022

CCCマーケティング総研×主婦の友社、女性のインサイトを読み解くマーケティングサービスを開始!

カルチュア・コンビニエンス・クラブのグループで、7,000万人を超えるユニークデータ※1で定量的に生活者の本音の読み解きを得意とするCCCマーケティングのCCCマーケティング総合研究所と、女性の暮らしを100年以上定性的に取材・分析・研究し、支える企画コンテンツ編集を得意とする主婦の友社は、このたび、女性向け商品やサービスを展開する食品や日用品メーカーなどの企業へ、女性のインサイトを分析するマーケティングサービスを開始する。

データ×編集で、女性向けサービスを展開する企業の課題を解決!

本サービスでは、両社の保有する定量データと定性データ、編集者によるディレクションを掛け合わせ、女性の暮らしにおける困りゴトからインサイトを読み解くセッションを開催することで、「変化する女性のニーズを把握したい」「サービスや企画、デザインに女性目線を導入したい」といった企業の課題解決の一助となることを目指している。本サービスの事例として、「在宅ワークなどコロナ禍で新たに発生したママたちの困りゴト」について調査し、CCCマーケティングのホームページ(https://www.cccmk.co.jp/thinktanks/column-29)にて公開した。

CCCマーケティング総研は、社会や生活様式、生活者の行動や意識の変化、世代や地域の特性把握など、大学や研究機関とも連携を図りながら、“生活者に一番近い存在のシンクタンク”として取り組みを行っている。2021年9月には膨大なデータから生活者の本音を把握する「ソーシャルリスニング※2」の販売を開始し、10月にはCCCマーケティングに在籍する5名の「生活者の声を伝えるパートナー※3」が企業と生活者の本音を繋ぐコンサルティングサービスを開始するなど、生活者が求める本質的な価値の還元に繋げてきた。

主婦の友社は、創業から100年以上、雑誌や書籍、WEB媒体にいたるまで、料理、生活、育児、美容、健康などさまざまなジャンルと、子どもからシニア層までさまざまな年齢層に対し、女性の幸せと暮らしを支えるコンテンツを生み出し、多くの皆さまに長らく支持されている。雑誌や書籍の編集者は、読者を直接取材し、寄せられる声をもとに企画を立て、年間400点近い新刊書籍を刊行している。
またWEB編集者は一人あたり年間600件以上の取材をし、今の時代の声を日々聞いて情報をアップデートしている。これらの取材や編集作業を積み重ねて、女性ひとりひとりの暮らしに寄り添い、毎日の暮らしをもっと楽しくするコンテンツや、あらゆる悩みや課題をあぶりだし解決するコンテンツについて、研究を続けるプロの編集者が多数在籍している。

昨今、新しい生活様式の広まりで人々の価値観が著しく変化し、女性が抱える暮らしの悩みやトレンドもこれまで以上に多様化している。CCCマーケティングと主婦の友社は、こうした環境に対応した商品やサービスを展開していくにあたり、データの分析に加え、人々のライフスタイルや価値観が変化した背景も把握することが重要と考えている。このたびのサービスは、両社の保有する定量データと定性データ、編集者によるディレクションを掛け合わせることで、女性のインサイトを分析することが可能となっている。

両社はこれまで、双方の強みを掛け合わせ、食に関わる小売・流通や外食企業の皆さまに対し、女性に向けた商品開発やVMD(ビジュアル・マーチャンダイジング)などの企画をサポートしていたが、この度のサービスでは、食はもちろん、日用品メーカーや小売など日本全国の企業に特化し、本セッションから紐解いた女性のインサイトを軸に、商品開発やサービス企画、コミュニケーションの策定などマーケティング戦略も幅広く伴走する。

本サービスで提供するマーケティング事例として、料理、食事、家事、趣味、習慣ケアといった毎日の暮らしのシーンにおいて、コロナ禍で新たに発生した女性の困りゴトについてのセッションを行ったので以下に、紹介する。

 「在宅ワークなどコロナ禍で新たに発生したママたちの困りゴトは?」セッション事例のご紹介

調査概要:CCCマーケティング総研の「生活者意識調査」や食のトレンド分析といった定量分析から、コロナ禍に変化したママたちの暮らしのシーンを特定するす。データで明らかになった変化に対して、主婦の友社の編集者が知るママたちの新たな困りゴトをアウトプットすることで、困りゴトを通じたママたちのインサイトを分析した。
URL:https://www.cccmk.co.jp/thinktanks/column-29 ※セッションの概要

CCCマーケティングと主婦の友社は、生活者から預かった大切なデータや日々の取材を通し、新しい生活様式の中で生まれる女性の困りごとやニーズに寄り添い、さまざまな企業に届けることで、新たな社会価値の創出を目指している。

 「CCCマーケティング総合研究所」の概要

社名CCCマーケティング総合研究所
設立2020年7月21日
代表者所長:新橋実
事業概要国内外のコンサルティング会社、シンクタンクに所属。デベロッパー・テーマパーク・ラグジュアリーブランド、百貨店、ホテル、レストラン、カフェ、ショッピングモール、電鉄、エネルギー、食品メーカーなど、川上から川下まで多様な領域のコンサルティングを担当。
URLhttps://www.cccmk.co.jp/thinktanks

「株式会社 主婦の友社」の概要

社名株式会社 主婦の友社
設立1916年9月18日
所在地〒141- 0021 東京都品川区上大崎 3 丁目 1 番 1 号 目黒セントラルスクエア
代表者代表取締役社長 平野 健一
事業概要雑誌・書籍・ムックの発行、コンテンツ販売と関連事業展開など
URLhttps://shufunotomo.co.jp/about/

※1 ユニークデータとは、7000万以上のシングルID、年間50億件以上の購買トランザクション、20万店舗のネットワークで扱われる60億種類の商品データ、数千項目におよぶ顧客DNAのペルソナデータ、オフライン・オンライン上の移動・行動データやメディア接触データ、またCCCMKグループオリジナルのエンハンスデータなどを指す。

※2 ソーシャルリスニング(https://www.cccmk.co.jp/sl)とは、企業と生活者の本音をつなぎ共創をサポートするサービスである。膨大なデータから生活者のニーズの変化を業態・カテゴリ・SKU(商品)単位で捉える各種BIツールやコミュニケーションプラットフォームが活用可能である。

※3 「生活者の声を伝えるパートナー」とは、“ユニークデータ×ヒト”で企業と生活者の本音をつなぐ「ソーシャルリスニング」をもとに生活者の本音を分析し、全国のスタートアップや中小企業のマーケティング課題の解決をサポートしていく、CCCマーケティングオリジナルのパートナーの総称である。

※顧客のプライバシーに配慮をしたうえで取り組みを行っている。顧客情報の取り扱いに関する詳細はこちら
https://www.ccc.co.jp/customer_management/

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント