12.8 C
Japan
土曜日, 8月 13, 2022

CCCマーケティング総研×主婦の友社、女性のインサイトを読み解くマーケティングサービスを開始!

カルチュア・コンビニエンス・クラブのグループで、7,000万人を超えるユニークデータ※1で定量的に生活者の本音の読み解きを得意とするCCCマーケティングのCCCマーケティング総合研究所と、女性の暮らしを100年以上定性的に取材・分析・研究し、支える企画コンテンツ編集を得意とする主婦の友社は、このたび、女性向け商品やサービスを展開する食品や日用品メーカーなどの企業へ、女性のインサイトを分析するマーケティングサービスを開始する。

データ×編集で、女性向けサービスを展開する企業の課題を解決!

本サービスでは、両社の保有する定量データと定性データ、編集者によるディレクションを掛け合わせ、女性の暮らしにおける困りゴトからインサイトを読み解くセッションを開催することで、「変化する女性のニーズを把握したい」「サービスや企画、デザインに女性目線を導入したい」といった企業の課題解決の一助となることを目指している。本サービスの事例として、「在宅ワークなどコロナ禍で新たに発生したママたちの困りゴト」について調査し、CCCマーケティングのホームページ(https://www.cccmk.co.jp/thinktanks/column-29)にて公開した。

CCCマーケティング総研は、社会や生活様式、生活者の行動や意識の変化、世代や地域の特性把握など、大学や研究機関とも連携を図りながら、“生活者に一番近い存在のシンクタンク”として取り組みを行っている。2021年9月には膨大なデータから生活者の本音を把握する「ソーシャルリスニング※2」の販売を開始し、10月にはCCCマーケティングに在籍する5名の「生活者の声を伝えるパートナー※3」が企業と生活者の本音を繋ぐコンサルティングサービスを開始するなど、生活者が求める本質的な価値の還元に繋げてきた。

主婦の友社は、創業から100年以上、雑誌や書籍、WEB媒体にいたるまで、料理、生活、育児、美容、健康などさまざまなジャンルと、子どもからシニア層までさまざまな年齢層に対し、女性の幸せと暮らしを支えるコンテンツを生み出し、多くの皆さまに長らく支持されている。雑誌や書籍の編集者は、読者を直接取材し、寄せられる声をもとに企画を立て、年間400点近い新刊書籍を刊行している。
またWEB編集者は一人あたり年間600件以上の取材をし、今の時代の声を日々聞いて情報をアップデートしている。これらの取材や編集作業を積み重ねて、女性ひとりひとりの暮らしに寄り添い、毎日の暮らしをもっと楽しくするコンテンツや、あらゆる悩みや課題をあぶりだし解決するコンテンツについて、研究を続けるプロの編集者が多数在籍している。

昨今、新しい生活様式の広まりで人々の価値観が著しく変化し、女性が抱える暮らしの悩みやトレンドもこれまで以上に多様化している。CCCマーケティングと主婦の友社は、こうした環境に対応した商品やサービスを展開していくにあたり、データの分析に加え、人々のライフスタイルや価値観が変化した背景も把握することが重要と考えている。このたびのサービスは、両社の保有する定量データと定性データ、編集者によるディレクションを掛け合わせることで、女性のインサイトを分析することが可能となっている。

両社はこれまで、双方の強みを掛け合わせ、食に関わる小売・流通や外食企業の皆さまに対し、女性に向けた商品開発やVMD(ビジュアル・マーチャンダイジング)などの企画をサポートしていたが、この度のサービスでは、食はもちろん、日用品メーカーや小売など日本全国の企業に特化し、本セッションから紐解いた女性のインサイトを軸に、商品開発やサービス企画、コミュニケーションの策定などマーケティング戦略も幅広く伴走する。

本サービスで提供するマーケティング事例として、料理、食事、家事、趣味、習慣ケアといった毎日の暮らしのシーンにおいて、コロナ禍で新たに発生した女性の困りゴトについてのセッションを行ったので以下に、紹介する。

 「在宅ワークなどコロナ禍で新たに発生したママたちの困りゴトは?」セッション事例のご紹介

調査概要:CCCマーケティング総研の「生活者意識調査」や食のトレンド分析といった定量分析から、コロナ禍に変化したママたちの暮らしのシーンを特定するす。データで明らかになった変化に対して、主婦の友社の編集者が知るママたちの新たな困りゴトをアウトプットすることで、困りゴトを通じたママたちのインサイトを分析した。
URL:https://www.cccmk.co.jp/thinktanks/column-29 ※セッションの概要

CCCマーケティングと主婦の友社は、生活者から預かった大切なデータや日々の取材を通し、新しい生活様式の中で生まれる女性の困りごとやニーズに寄り添い、さまざまな企業に届けることで、新たな社会価値の創出を目指している。

 「CCCマーケティング総合研究所」の概要

社名CCCマーケティング総合研究所
設立2020年7月21日
代表者所長:新橋実
事業概要国内外のコンサルティング会社、シンクタンクに所属。デベロッパー・テーマパーク・ラグジュアリーブランド、百貨店、ホテル、レストラン、カフェ、ショッピングモール、電鉄、エネルギー、食品メーカーなど、川上から川下まで多様な領域のコンサルティングを担当。
URLhttps://www.cccmk.co.jp/thinktanks

「株式会社 主婦の友社」の概要

社名株式会社 主婦の友社
設立1916年9月18日
所在地〒141- 0021 東京都品川区上大崎 3 丁目 1 番 1 号 目黒セントラルスクエア
代表者代表取締役社長 平野 健一
事業概要雑誌・書籍・ムックの発行、コンテンツ販売と関連事業展開など
URLhttps://shufunotomo.co.jp/about/

※1 ユニークデータとは、7000万以上のシングルID、年間50億件以上の購買トランザクション、20万店舗のネットワークで扱われる60億種類の商品データ、数千項目におよぶ顧客DNAのペルソナデータ、オフライン・オンライン上の移動・行動データやメディア接触データ、またCCCMKグループオリジナルのエンハンスデータなどを指す。

※2 ソーシャルリスニング(https://www.cccmk.co.jp/sl)とは、企業と生活者の本音をつなぎ共創をサポートするサービスである。膨大なデータから生活者のニーズの変化を業態・カテゴリ・SKU(商品)単位で捉える各種BIツールやコミュニケーションプラットフォームが活用可能である。

※3 「生活者の声を伝えるパートナー」とは、“ユニークデータ×ヒト”で企業と生活者の本音をつなぐ「ソーシャルリスニング」をもとに生活者の本音を分析し、全国のスタートアップや中小企業のマーケティング課題の解決をサポートしていく、CCCマーケティングオリジナルのパートナーの総称である。

※顧客のプライバシーに配慮をしたうえで取り組みを行っている。顧客情報の取り扱いに関する詳細はこちら
https://www.ccc.co.jp/customer_management/

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる

【三友プラントサービス×mint】循環型社会を実現|行動変容を促すLINE LIFFアプリの協働開発

【Creww Growth 活用協業事例】廃棄物処理事業のパイオニアである三友プラントサービス株式会社は、産業廃棄物を適正に処理する焼却処理事業に加え、廃棄されたものを「資源」へと活かす新たな事業の創出を求め、アクセラレータープログラムを開催。採択されたのは、会員制サービスやロイヤルティプログラムをローコードで作れるSaaSの開発運営を行っているスタートアップmint株式会社です。具体的な協業内容から、未来に臨むサービスの展望まで、株式会社三友環境総合研究所の増田氏・栗原氏、mint株式会社代表の田村氏にお話を伺いました。 #三友プラントサービス #三友環境総合研究所 #mint #カーボンニュートラル #廃棄物処理事業 #アクセラレータープログラム #SaaS #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる

【募集】サーキットを舞台に、社会課題や地域活性化、交通安全につながるアイデアを募集

【オープンイノベーションインタビュー】一般社団法人トヨタ・モビリティ基金は「もっといいモビリティ社会」の実現に向けたアイデアコンテスト「Make a More PROJECT」をスタート!多様な分野で活動する個人や団体がアイデアやソリューションで競い合い、取り組み次第では活動支援金を増加させられる仕組みがあること。募集テーマは「Fun & Safety 〜安全かつ最高に楽しい体験を〜」だ。サーキットを舞台にさまざまなアイデアやソリューションを求めるにあたり、トヨタ・モビリティ基金の福田氏と福島県のエビスサーキット代表の熊久保氏に話を伺った。 #募集 #エビスサーキット #トヨタモビリティ基金 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

セイノーHD×次世代型農業への挑戦|生産からお届けまでの一気通貫を実現

【Creww Growth活用協業事例】セイノーホールディングスは、Crewwを通じてアクセラレータープログラム「SEINO Accelerator 2017」を実施。セイノーグループの保有する多様な事業領域と強固な顧客基盤等のアセットを活用し、世界最高の農業エンジニアテクノロジーで持続可能なアグリシステムを開発するスタートアップ「株式会社ファームシップ」と協業。中京地方で複合機能型植物工場事業を立ち上げたその協業内容や、今日に至るまでの両社の連携について、セイノーホールディングス オープンイノベーション推進室 室長 加藤 徳人氏と、KOTO no Ha fresh farm 工場長 松山 昌弘氏にお話を伺いました。 #セイノーホールディングス #オープンイノベーション #アクセラレータープログラム #スタートアップ #アグリシステム #SDGs #ファームシップ #植物工場 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント