12.8 C
Japan
金曜日, 2月 3, 2023

【そごう×西武×ROUTE06】OMOストア開発で協業|オープンイノベーションによる百貨店の新業態開発を推進

そごう・西武と、ROUTE06は、そごう・西武の新事業「CHOOSEBASE SHIBUYA」のストア開発において協業した。最先端のテクノロジーを活用したRaaS業態(※1)で展開し、デジタルネイティブ世代と新興ブランドの出会いを創出。百貨店とスタートアップ企業とのオープンイノベーションにより、新たな価値提供を目指す。

  「CHOOSEBASE SHIBUYA」の特徴

「CHOOSEBASE SHIBUYA」は、常に新しい出会いと学びのある購買体験を提供するメディア型OMOストア(※2)である。”意味に出会い、意志を買う”という次世代の店舗のあり方を提案する。

店頭/ECのシステムやオペレーションを融合させ、オンラインとオフラインを自由に行き来できるOMOストアの仕組みを導入。百貨店業態では珍しい店舗とECの完全在庫連携を実現し、店頭で見た商品を帰宅後オンラインで購入する、あるいはオンラインで購入した商品を店舗で受け取るといった、顧客目線での購買体験のあり方が追求されている。

また、そごう・西武初のRaaS業態を採用。販売商品のシステム登録と商品配送以外の業務をすべて代行することで、実店舗の出店実績が少ないブランドでも簡単に出店できる仕組みを構築した。

(※1)Retail as a Service の略称 
(※2) 店頭とECで顧客・商品・在庫情報が統一されたストア形態

 <「CHOOSEBASE SHIBUYA」の主要機能>
・Webカタログを活用した非接触でのウォークスルー決済
・AIカメラによる店内データ解析(通行/来店/購買)
・店頭とECの完全リアルタイム在庫連動
・BOPIS及び店頭配送などの受渡/配送システム
・店頭/EC/Webメディア一体のデータプラットフォーム

協業の背景 〜スタートアップとのオープンイノベーション〜

「CHOOSEBASE SHIBUYA」は、「FUTURE OF RETAIL(未来の小売)」をミッションに掲げ、デジタルを前提とした次世代の買い物のあり方を追求している。その実現のためには、店舗とECを包括的に捉えたUI/UXの設計や、システム開発、ロジスティクスの構築など、既存の仕組みにとらわれずに作り上げる必要がある。
ROUTE06は、リテール業界のビジネスやロジスティクスに知見を持ち、最先端のテクノロジーで大手企業のDXを実現することに挑戦するスタートアップである。新規事業という流動的なプロジェクトにおいて、ROUTE06の専門性とスタートアップとしての機動力が「CHOOSEBASE SHIBUYA」の構想と合致し、この度の協業に至ったのである。

協業の内容

1.RaaS業態の事業開発
2.デジタルUXの設計及びUIデザイン
3.店舗、ECのオペレーションとロジスティクスの設計
4.システムアーキテクト及びアジャイル開発
5.テクノロジーパートナー選定及びAPI提供

「そごう・西武」「ROUTE06」担当者からのコメント

株式会社そごう・西武 CHOOSEBASE ディレクター 伊藤謙太郎氏

「お客さまの求める購買体験を追求することが、これからの百貨店の使命だと考えています。そごう・西武の新たな試みを、ROUTE06とともに形にできたことを嬉しく思います。小売の未来をリードするストアとして、お客さま、出店ブランドの双方に新たな価値を提供してまいります。」

 株式会社ROUTE06 代表取締役 遠藤崇史氏

「創業間もないスタートアップであった弊社を事業パートナーに選定いただいたことに感謝するとともに、情熱に溢れるCHOOSEBASEチームの皆さまとストア立ち上げをご一緒できたことを光栄に思っております。国内外を問わず、百貨店業態でのOMOストアは前例が少なくチャレンジングな取り組みですが、近い将来に業界のスタンダードになっていくと確信しています。今後より一層、CHOOSEBASEのお客さまと出店ブランドの皆さまがワクワクできる体験や機会をご提供できるよう尽力してまいります。」

「CHOOSEBASE SHIBUYA」店舗概要

ストア名称:CHOOSEBASE SHIBUYA(チューズベース シブヤ)

オープン日:ECサイト・2021年9月1日(水)
      リアルストア・2021年9月2日(木)

場所:西武渋谷店パーキング館1階   面積:約700㎡   出品企業:54社

アイテム数:約400点   扱い品目:洋品雑貨、衣料品、インテリア用品、化粧品など

公式サイトhttps://choosebase.jp

WebカタログおよびECサイトのイメージ
店頭ショッピング体験のイメージ

株式会社ROUTE06(ルートシックス)について

ROUTE06(ルートシックス)は、「リアルとデジタルが滑らかにつながる社会をつくる」をミッションに掲げ、大手企業の新規事業支援と事業変革に特化したデジタルソリューションを提供している。人々の生活がデジタルに包含されていく時代において、既存資産を活用した事業機会の創出とデジタルファーストなUXを両立させることで、新たな企業価値創造に貢献する。

社名株式会社ROUTE06
設立2020年1月24日
資本金150-0044東京都渋谷区円山町28-1渋谷道玄坂スカイビル 11f
代表者遠藤 崇史
事業概要デジタルプロダクト開発、エンタープライズソフトウェアサービス、DXコンサルティング
URLhttps://route06.co.jp
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【熊平製作所×MAMORIO】創業125年のトータルセキュリティ企業が、スタートアップ共創で未来の「安心・安全」を創る

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】広島銀行とCrewwは、広島県下のイノベーションエコシステムの構築に向け、広島県内に新たな事業の創出を図ることを目的に「HIROSHIMA OPEN ACCELERATOR 2021(広島オープンアクセラレーター2021)」を共催しました。本記事では、プログラム参加企業である熊平製作所と、「なくすを、なくす」をミッションに、紛失防止デバイス「MAMORIO」を始めとした 様々な製品・サービスを提供するIoTスタートアップ「MAMORIO」との共創プロジェクトにフォーカス。株式会社熊平製作所 新規事業開発部 取締役部長 茶之原 氏に、プロジェクトの共創に至った背景や、スタートアップとの共創から実際に得た体感や変化について、お話を伺いました。 #広島銀行 #広島県 #イノベーション #広島オープンアクセラレーター2021 #熊平製作所 #MAMORIO #IoT #スタートアップ #共創 #新規事業 #協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント